【鼻中隔湾曲症】私の治療体験記[最終回] 退院→通院→完治 燃えろ、コスモ! ビッグベン!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

前回、ガーゼを取り外して鼻呼吸ができる快適性を実感したのですが、匂いを感じなくなってしまいました。

激痛に耐え、ガーゼ取り外しの日がやってきました。 やっとこの痛みから開放されると思っていたのに・・・。 まさかの失神!? そして何も臭わねぇ! どうなる鼻中隔湾曲症!?

五感の1つ、嗅覚を失うことで、私の小宇宙がビックバンするとかしないとか・・・(しない)

というわけで今回は、その続きから退院までをお送りします。

スポンサーリンク

匂いがが感じ取れない

あせりました。 本当に。

何を嗅いでみても、何も感じないのです。

鼻が空気を通る感触はあるのですが、ニオイが本当に分からない。

鼻呼吸をしても、空気のニオイってなんとなくあるじゃないですか?

本当に何も感じないのです。

もちろん先生からは、手術前に色々なリスクがあることは聞いておりました。

が、私のオツムでは右から左へ受け流すことしかできません。

医師にはその旨お伝えして、術後の影響で一時的にそうなっている可能性が高い旨は確認できたのですが、やっぱり不安でした。

もしかしたら、もう匂いを嗅ぎ取れることはないかもしれません。

・・・まぁ・・・でも死ぬわけじゃないし。

kero-icon
もしかしたら、セブンセンシズに目覚めるかもしれんし

などと、悪い方に考えないようにしてました。

でも大丈夫でした

ある日の朝、大きい方を催したのでトイレへ向かいました。

ドアを開けてみると・・・、前の方の残り香があったのでしょう。

私はそっと心で呟いてしまいました。

kero-icon
(くさっ・・・)

・・・、ん・・・? くさい?

嗅覚が戻ってるぅぅぅーーー!!!

人からは嫌がられるクサイ匂いが、こんなにも喜ばしいなんて・・・

私のコスモがビックバンして、嗅覚が元通りになりました!

いやぁ、ほんとに、ホッとしましたよ・・・。

kero-icon
その後、私のオシリがビッグベンしました
・・・

何はともあれ、嗅覚復活。

ガーゼ取り外し後の治療について

順番が多少前後しましたが、ガーゼ取り外し後の治療は、

カサブタを作らせないこと

になります。

もちろん医師はものすごく詳しく説明して頂いたのですが、私なりの理解で説明しますと、

  • 手術によるキズで、当然カサブタができる
  • そのまま放置すると、カサブタ部分が盛り上がって治る
  • 結果、鼻腔の空間が狭くなる
  • なのでカサブタは、都度はがして時間をかけて治す

要するにカサブタを作らせない(修復部分を盛り上がらせない)ように治療していきます。

「カサブタをはがす」って言うのを聞くと、ゾワゾワーッてしちゃうんですけど、自分の目で見えない部分なことが救いです。

カサブタを剥がすのは、それはそれで痛いんですが、ガーゼ取り外しまでに我慢してた痛みに比べたら、屁のつっぱりはいらんですよ。

退院 → 通院 → 完治

カサブタ治療がある程度安定してきたので、退院になりました。

三ヶ月ほど、カサブタ治療の通院が必要になりますが、お家に帰れます。

久々に外に出ると、外気がこれでもかと鼻に吸い込まれるので、しばらくは刺激が強かったのでマスクが必要になりました。

でも、鼻呼吸がこんなに自然にできるのは初体験だったので、本当に嬉しかったです。

ちなみに通院は三ヶ月の予定でしたが、治療具合が良かったので、若干早く終わりました。

手術費用について

ケースバイケースだとは思いますが、私の場合は10万しませんでした。
また、生命保険の適合に合致したようで・・・実質・・・プラスに・・・なりましたよ。うひ。

まとめ:個人的には手術をオススメします

実際に体験した経験から申し上げると、個人的には手術をおすすめします。

もし、今現在以下の自覚症状がある場合には、【鼻中隔湾曲症】の可能性があるかもしれないので、一度耳鼻科を受信されるのも良いかも知れません。

  • 体調に関係なく鼻の通りが悪い方
  • 鼻呼吸ができず寝苦しい方

私が実際そうだったので。

特に寝る前に鼻の通りを良くする目的で、点鼻薬を多用されている方は粘膜が腫れて鼻の通りが悪くなっているかもしれません。

とにかく鼻呼吸が出来るというのは、本当に快適で素晴らしいです。サイコー!

特に私の場合は、粘膜の腫れもあったことや「ぜんそく」があったことが、余計に痛い思いをする結果となりましたが、トータルで見ると手術してよかったです。

鼻の通りが良くなると、世界が変わりますよ。本当に快適です。

もし病院の先生に気づけてもらえなかったら今も鼻がつまったまんまですからね。本当に良かったです。
というわけで、長々と連載してきましたが、「鼻中隔湾曲症」の体験記はこれでオシマイ。

何にしても、気になることがあったら、病院行ってみるというのは大事ですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

鼻中隔湾曲症:連載記事

鼻中隔湾曲症:体験記 連載のまとめ

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ