『スペーシアにワイドナビ』 マイナーチェンジ前なら、パネル取寄せで取り付けられるよ

クルマ
kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

スズキのハイトワゴン、スペーシア。

居住性が高く、S-エネチャージを搭載して走りにも燃費にも貢献するクルマです。

 

そんなスペーシアへのカーナビの取り付け。

マイナーチェンジ後の場合は、ワイドサイズのナビが取り付けできる 200mm のオーディオ枠になってます。

スペーシアにカーナビ取り付け

…というわけで今回の記事は、

マイナーチェンジ前だと、180mm のノーマルサイズのオーディオ枠なのですが、ワイドナビも取り付けできますよ! って話です。

 

スポンサーリンク

パネルを取り寄せよう!

マイナーチェンジ前で、ワイドナビを取り付けたい場合には・・・、

ディーラーで 200mm用のオーディオ枠を取寄せましょう!

 

これだけでオッケーです! ディーラーで確認してみてくださいね。

 

それじゃ、早速ワイドナビを取り付けてみましょう。

 

パネルを外す

スペーシアは、オーディオ枠部分を引っ張れば外れます。

そんなに難しくはないですが、キズを入れないように注意です。

 

パネルを外す

 

ちなみに、メーカーオプションのバックカメラが装備されていますが、クラリオンと同じなので、取り付けるカーナビゲーションがクラリオン製であれば、そのまま使用できます。

 

取付キットは・・・?

取付キットには、

  • 電源ハーネス、ラジオ変換など
  • 車速・リバース・パーキング用カプラ
  • サイドの穴埋め用ブラケット

などが入ってます。

今回は、ワイド用のオーディオパネルを取寄せてますし、全て同梱されている取付キットでなくても十分かなと。

というわけで、電源ハーネスを2207エーモン準備しましょう!

 

この場合、車速・リバース・パーキングを自分で配線することになりますが、スズキ車の多くはオーディオ裏にオプションカプラがきてます。 スペーシアもそうです。

配線図については、アルパインの取り付け情報が参考になります!

 

エレクトロタップで配線すれば、取付キットを利用するよりも、割安です。

 

取付完了!

配線を終えて、動作確認ができたら取付完了です。

 

取付完了

 

ワイドパネルをを利用した、クラリオンのMAX676Wになります。

現在では販売終了モデルです。スタンダードで使いやすいナビなら、パナソニックのCN-RE05WDがオススメです。

 

というわけで、今回も無事終了!

最近のスズキ車はワイドモデルになってきてますので、プチ大画面も良いですよ。

 

kero-icon
お気に入りのカーナビゲーションを取り付けて、楽しいドライブを!

…もし、自分での取り付けが難しいと感じたら、無理をせずプロに依頼しましょう。

「持ち込みOk」で取り付けてくれる車屋さんを、インターネットからも探せます。

持ち込み取り付けは、グーピットがオススメ

取り付けを依頼するなら

ネットショップで購入したカー用品、 自分での取り付けは難しい場合もあります。

取り付けを依頼する アテ があるなら良いですが… 無い場合は、グーピットで探すとカンタンです。

全国から「持ち込みOK の取り付け店」を探せるし、概算見積りなども、無料で問い合わせできます。

クルマ カーナビ取付
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました