【オーリス:トヨタ】に、7.7インチのナビとバックカメラを取り付けました。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

今回はオーリスに7.7インチのカーナビゲーションとバックカメラを取り付けました。
コンパクトカーだとは思いますが、ヴィッツとは違うスポーティーさを感じます。

切れ上がった鋭い目つきがかっこ良いです。

スポンサーリンク

パネルの取り外し

まずは右下から

写真を撮り忘れましたが、エアコン操作部の右下サイド部分をポコッととります。

そしたらオーディオ部分のインパネを

引っ張れば外れます。
あと、全てのグレードで共通かどうかは分かりませんが、この部分がピアノブラックのキレイなパネルになっています。
これは小キズがつきやすいので、養生などは忘れずに行った方が良いです。

ラジオアンテナ専用カプラ

最近のトヨタ車はほぼ専用

ラジオアンテナが専用になっていますので、以下のような変換ハーネスが必要です。

車速やリバースなど

トヨタ車の場合、オーディオ裏に5Pのオプションカプラがきています。

差込口をこちらに向けて、ツメを上にした状態で

真ん中 : 車速
向かって右 : リバース
向かって左 : パーキング

と、なります。

※ 検電器やテスターなどで確認してみて下さい。

バックカメラもつきました

完成写真しかないですが、バックカメラもつきました。

IMG_2995

純正位置に上手いことつきました。

こぼれ話ですが、配線を通すのにリアハッチとボディの間にある配線用のゴムの筒と言いますか、蛇腹があります。

この中をバックカメラの配線も通したいので、このゴムを外さねばならないのですが、トヨタはちょっと面倒くさいです。
というのも、ゴムとボディをつないでる部分がツメになっています。

初めてやった時は、これが中々外れず苦労しました。

ニッサンなんかは、ゴムだけで止まっているので外すのは簡単です。
ゴムで隙間なく止めていれば、ツメはいらんと思うがなぁ・・・

ナビレディパッケージでも大丈夫!

ちなみに、ナビレディパッケージのバックカメラでも、社外品で利用できます!

クラリオン製のナビゲーションと、バックカメラをダイレクトに接続できるケーブルです。

ぜひ検討してみてね!

動作確認OK! 取り付け完了

配線を全て終えて、動作確認ができれば取り付け完了です!

IMG_2994

7.7インチのカーナビ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このナビは7.7インチという200mmワイドコンソール専用の珍しいナビです。

MAX775W : clarion

市場にあるカーナビゲーションでワイドモデルといっても、実際の液晶サイズはノーマルサイズと同様に7インチになります。
ところがどっこい、このクラリオンのナビはワイドモデル分広い横方向へ液晶を広げ、7.7インチとした特殊なナビになります。

8インチ以上ナビとして有名なアルパインですが、全ての車種を網羅しているわけではありません。オーリスも対象ではありません。

この7.7インチのナビは、規格はワイドモデルなのでトヨタ車のようなワイドコンソールであれば全て取り付けできます。

追記 2016 / 05 ・・・ 現在では、新モデルのMAX776Wがリリースされております!

MAX776Wについては、こちらの記事もどうぞ!

7.7インチという特殊な液晶サイズのカーナビゲーションがMAX776W / 676Wです。 776Wならフルデジタルサウンドにも対応! ただのカーナビじゃないぜ!
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ