『アウターバッフルをDIYしよう!: #1』 ファイバーパテとポリパテで形作り。スピーカーの話

内装カスタム

 

ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

車でDIYをしようと思って、やってみたかったのがアウターバッフルの作成!

本来は内装の中に隠れているスピーカーを内装と一体化させるあれです。

 

アウターバッフル化させる目的は、見た目がカッチョエエのは もちろんですが、音質にも良いことがあります。

カーナビ・カーオーディオの音楽を楽しむなら、ぜひやっておきたい工程です。

 

決してカンタンな作業ではありませんが、やってみないコトには分かりません。 レッツトライ!

 

 

スポンサーリンク

覚悟を決めなければならないコト

アウターバッフルの作成では、ドアパネルの内装にザックリ穴を開けます。

もし、失敗するような事があれば、ドアパネルを丸々交換することになるでしょう。

 

また、もし完成したとしても、将来クルマを乗り換えることを考えると、下取り(または買取)の価値は下がります。

内装を加工しているため。 下取りに出す前に、自分でドアパネルを交換して元に戻せば大丈夫ですが、結局 交換代が必要です

 

それでも、アウターバッフルを作りたいですか?

最初に覚悟を決めましょう。

私は作るで!

 

 

アウターバッフル作成前に

 

インナーバッフルは準備してる?

アウターがあれば、インナーがある。

バッフルも同様に、インナーバッフルがあります。

 

アウターバッフルは、インナーバッフルを「かさ増し」することで、ドアパネルと一体化されます。

…なので、まだインナーバッフルを作成していない場合には、まずは コチラから始めましょう。(記事の後半で、自作について掲載しています)

インナーバッフルで音質UP! スピーカーを交換したら、次はバッフルでがっちり固定!
インナーバッフルって、聞いたことある? 一言でいうなら、スピーカーの土台です。 それは正に、縁の下の力持ち。 音質アップには欠かせないツールなんです。 今回は、このインナーバッフルについてまとめてみました。 ぜひ参考にしてみてね!

 

デッドニングも、やっておくといいよ

合わせてデッドニングも行います。

デッドニングを ザックリ言うと… スピーカーを固定しているドアの鉄板を、スピーカーボックスに近づける作業工程のコトです

 

愛車にもデッドニングをしてますが、この頃はまだブログをやってなかったもので…

分かりやすい写真がありません。 ゴメンネ。

 

以下のサイトさんが詳しいので、コチラを参考にしてみてください。

 

デッドニングすると、中低域のキレが良くなります。音が曇らず スッキリ明るい感じになります!

 

 

アウターバッフルのメリット

スピーカーをアウターバッフル化させるメリットは、主に以下の2つです。

 

メリット

  1. 見た目がカッチョエエ
  2. スピーカーから出る音が、全て車内に広がる

まず、アウターバッフルの見た目がカッチョエエです。  先に完成写真を載せてみます。

 

アウターバッフル完成図

 

どうですか!?

スピーカーが直接見える形で、オサレでしょ?

… まぁ、好みはあると思いますが、初めてアウターバッフル化したスピーカーを見た時、心奪われちゃったんですよねぇ。

(カッチョエエ…ッ!!)って。

 

次のメリットは、「音質が上がる」ということ。

 

本来スピーカーは、内装の中に取り付けられています。

これだと、スピーカーから出る音の一部は、ドア内装に阻まれてしまいます。

その阻まれてしまった音が、ドア内装を共振させて、音に悪影響を与えるんです。

 

アウターバッフルでがっちりとスピーカーをとりつければ、スピーカから出る音が内装に阻まれることなく、全て車内に広がります!

よって、音が良くなるんです!

 

カッチョよくて、音質も上がる!

ケロケロ
ケロケロ

まるでグリコ!

ウサピョン
ウサピョン

ひと粒で2度美味しい

 

 

作成開始!

さぁ! もう穴を開ける覚悟はできてるので、インナーバッフルと現物合わせをしながら、内装に穴を開けます。

… というわけで、愛車のジュークちゃんを… えいっ!

 

内装をぶち抜いたら、MDFで作成したアウターバッフルの土台を仮合わせ。

アウターバッフルは、ファイバーパテとポリパテで形を作ります。

パテとは…

厚塗り・薄塗りなど、用途に合わせて形を作れる。 時間が経つと硬化する。 その後ヤスリなどで削って、形成する

【DIY】車の内装をワンオフするなら、この2つのパテが絶対オススメ! カスタムは超楽しい!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 車の内装をカスタムしてみたい! でも・・・どんなパテを使っていいか分からない! 今回は、そんな疑問にお答えしましょう! 私が実際に使用しているパテを紹介し...

 

パテ盛りする範囲より、一回り大きくマスキングしときます。

 

マスキングを忘れずに

 

最初の形作りにオススメなのが… ファイバーパテ!

厚塗りができるので、最初の おおまか な形作りに最適です!

 

今回使用したのは、ロックペイントのファイバーパテです。

ケロケロ
ケロケロ

ガラスファイバーが入ってて、強度もバッチリ! オススメです!

 

 

ファイバーパテは、硬化させると… ものすごい強度になります。

なるべく想定の範囲に収めるようにしましょう。

見た目は汚いけど、こんな感じです。

 

ファイバーパテをモリモリ

 

もし、ファイバーパテの厚塗りが はみ出すなどして失敗した時は…

一度取り外して削りましょう。 かなり荒目のヤスリでも大丈夫です。 固いので。(私も、何回も失敗しました…)

 

ファイパーパテの形作りが終わったら、ポリパテを使って形を整えます。

ポリパテは薄塗りに適したパテで、伸びが良いです。 ヤスリでも削りやすく、加工に向いています。

 

ポリパテをモリモリ

 

 

手順としては、ファイバーパテで大まかな形をつくり、上からポリパテで成形していくイメージですね。

 

ポリパテでオススメなのは、「ポリラック」です。

自分なりに色々試してみたのですが、このポリラックは最高です…

塗りやすい、硬化すればサクサク削れると、加工が しやすいです。超オススメ!

ケロケロ
ケロケロ

ポリパテなら、これ一択!

 

 

 

次回に続く

長くなってしまったので、今回はここまで!

続きは次回です。

 

ここからは、ひたすらポリパテを「削っては盛って」の繰り返しで、形を作っていきます。

こう、だんだんと、形になっていくところが楽しいですよ!

次回で完成します!

 

アウターバッフル 連載記事はコチラ

 

人気の まとめ記事もどうぞ!

【DIY 中級編 まとめ】音にも見た目にこだわる! この 3つ が、俺のワンオフ!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 前回、「DIY初級編まとめ」として、スピーカー交換等の、記事を投稿しました。これらを行えば、かなり車内の音は変わってきたと思います。 今までは部品の交換などにとどま...

 

内装カスタム
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする
ケロケロ

クルマ・日曜大工・DIYなど… 30代の男心をコチョコチョするメディア「DIYでプチカスタム」を運営。 クルマ情報はカーナビ・オーディオの取り付け方、必要な道具のまとめ。内装のカスタムDIYなど。日曜大工では(主にツマからの発注で)棚や柵を作成して、道具の紹介もしてます。DIYって、楽しいよ。

ケロケロをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。






DIYでプチカスタム

コメント