ラゲッジにサブウーハーを埋め込み 完成! 音も良くなったよ! 【日産:ジューク】その6

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

初めて挑戦したリアラゲッジへのサブウーハー埋め込み。
ジュークへの搭載。

前回は既に搭載ずみですが、見た目がそのままなので、多少見栄えをよくすることと、イザという時に物が載せられるようにします。
前回の内容はこちらです。

長々と掲載してきましたが、今回で最終回です。

スポンサーリンク

天板の作成

通常のトランクっぽくするために、MDFをトランクの形にカットします。
型紙で切ったり引っ付けたりで、形を出しました。
キレイに揃いました。

DSC_0162

サブウーハーとアンプ部の切り抜き

天板ができたら、サブウーハーとアンプが出るように切り抜きます。
これで失敗したらアジャパーなので、慎重に。

DSC_0165

切り抜けました。
位置も問題なさそうです。

天板の仕上げ

天板は、ビニールレザーを貼り付けることにしました。
通常のトランクのカバーのように、フェルトみたいな生地にすればよかったかなと、後で思いました。

DSC_0172

できました!!!
何はともあれ完成です。

写真にはないですが、切り抜いた板をはめることで、荷物を置くことも可能です。
若干の実用性も残しております。

細かいところまで見ると、いかにも「頑張って作りました」感がありますが、初めて作ったにしては大満足です。
良い経験ができました。

個人的な評価

音質:5.0

これは確実に、劇的に変わりました。
前回も記載しましたが、低域の厚みがすごいです。
肌に伝わる豊かな低域、中高域も明瞭感が増しました。

見た目:4.0

多少の粗はありますが、思った以上に上手くできました。
アンプの穴を空けすぎたこと、天板の切り抜きもアンプとスピーカーに添わせるようにあければよかった、と後から思いました。
これは次に作成する場合の課題です。

耐久性:3.5

ウーハーBOXは、これでもかというビス止めと、継ぎ目にファイバーパテを盛りに盛ったので、頑丈にできていると思います。
しかし、天板がちょっと薄かったなぁ。
切り抜き部に蓋をしても、結局物はそんなに載せられない。ちょっと怖い。

総合評価:5.0

色々と、目につく部分はありましたが、本当に作って良かったと思えるので、満点です。
ドライブがまた、楽しくなりました!

ちなみに、作業で使用したパテの「パテ愛」を別記事にまとめておりますので、こちらもぜひご覧下さい!

ワンオフやってるかい? 最初は必ず失敗するけど、段々上手になるよ。 オススメのパテを紹介してるから、ぜひ参考にしてみてね。 土台用のファイバー、仕上げ用のポリラック。 これはホントに便利!

YouTubeへの掲載

DIYの内容は、YouTubeにも掲載していきます。
拙い動画ですが、こちらもよろしくお願い致します!

ジューク:リアラゲッジサブウーハーの連載記事

人気まとめ記事
素人だって、ワンオフはできるのさ! そりゃあ最初は失敗します。 でも、段々上手くなるよ! アウターバッフルもサブウーハーBOXも、ツイーターの埋め込みも。 DIYは楽しい!