『ケンウッドのドラレコ、機能比較』 3モデルの違いをまとめ! / DRV-830 / DRVW630 / DRV-630

シェアしてもらえると嬉しいです!

今や、多くのクルマに付いているドライブレコーダー。 特にタクシーやバス、営業車であれば、ほぼ全てに付いてると言っていいでしょう。

そこで今回の記事は、カーナビメーカーであるケンウッドがラインアップしているドラレコについてです。

ドライブレコーダー | ケンウッドHPはコチラ

’17-’18 に新しくラインアップされた、3モデルの機能の違いについてまとめました。

スタンダードなタイプから、スマホとwi-fiで繋がったり、SDカード2枚挿しできるモデルなんてのもあるよ!

まぁ、なんつっても、ドラレコ市場では人気の高いケンウッドですからね。

そこをまとめることで、アクセスが集まってウハウハだろうという姑息で短絡的なことを考えているわけではなく、読者の皆様に有益な情報をお届け出来るように頑張ります。 ウハウハ。

めっちゃ姑息で短絡的なこと考えてますやん

ドラレコを検討している人は、ぜひ読んでみてね!

それでは、本編スタート!

スポンサーリンク

ラインアップは3モデル!

’17-’18 新モデルとして、以下の3タイプがラインアップされてます。

ケンウッドのドライブレコーダー
  • DRV-830(長時間録画モデル)
  • DRV-W630(無線LAN対応モデル)
  • DRV-630(スタンダードモデル)

正確に言うと、これらのドラレコは単体で動作するタイプですが、その他にカーナビと連動して動作するモデルもあります。 この連動タイプについては、別記事にまとめてるのでコチラもぜひどうぞ!
イザという時に役に立つのがドライブレコーダー。 前方だけ撮るのは あたりまえ体操 ですが、 後方も記録できるドラレコがあるよ! それは、ケンウッドのカーナビ連動ドラレコ DRV-N530 / R530 です! 便利な機能もいっぱいあるよ!

さて、この「DRV-830 / W630 / 630」ですが、まずは3モデルの共通機能からまとめて、以降にそれぞれの特徴についてまとめます。

同じ機能でも、ちょっと仕様が違う場合もあるので、その辺もまとめるよ!

共通機能

では、3モデルの共通機能から!

高精細で映像を確認できる WQHD

ケンウッドのドラレコは、とにかく映像がキレイです。

万が一の状況で映像を記録しても、映像が粗くて確認できないようであれば、元も子もないですからね。

フルハイビジョンを超える1.8倍の高解像度「WQHD」で記録することができます。

画像出典:ドライブレコーダー | ケンウッド

もちろん、キレイに記録できるということは、その分容量を食う(記録時間が減る)ことにはなるんですけど、記録モードを下げることもできます。

例えば、WQHDからフルハイビジョンへ落とす… とかね。 まぁ、フルハイビジョンでも十分キレイですけど。

高画質と容量は、ケースバイケースですね。 使い方あってるかな…

Gセンサー・GPS搭載

衝撃を検知するGセンサー、録画した場所を測定するためのGPSが搭載されています。

後述の「PCで確認できるビューワーソフト」で、走行記録を確認できますよ。

逆光などの「白とび」や「黒つぶれ」を防ぐ HDR対応

例えば、突然目の前で懐中電灯を光らせると、眩しくて何も見えないですよね。

これは、レンズで映像を記録する場合も一緒で、明るさの変化が激しいトンネルの出入口などは、映像が上手く記録できない場合があります。

しかし!

それを、映像処理技術によって、影響を低減させるのが、「HDR」です。

画像出典:ドライブレコーダー | ケンウッド

より鮮明に映像を記録できる この技術は…

H (ハッタリ)

D (だ)

R (ろう)

ハッタリちゃうわ

ドライバーをサポートする運転支援

ドラレコの映像を解析して、ドライバーの「うっかり」を防いでくれる、運転支援機能があります。

これは、あくまでドライバーをサポートする機能なので、コレに頼った運転はやめましょう…

カメラの位置調整などの設定が必要です

では、以降に3つの運転支援機能について、挙げてみましょう。

1.前方衝突警告

前方のクルマとの距離が接近した場合に、画面表示と警告音でドライバーに注意を促します。

2.車線逸脱警告

およそ時速60km以上で走行中に車線を逸脱すると、画面表示と警告音でドライバーに注意を促します。

3.発進遅れ警告

前のクルマが発進したのに気付かなかった場合に、画面表示と警告音でドライバーに注意を促します。

LED信号機対応

もし、LED信号機に対応してないドラレコだと、信号のランプが上手く録画できてない可能性があります。

これは、LEDの点灯周期とドラレコの撮影周期が一致する可能性があるためです。 一致しちゃうと、まるで点灯してないように映るわけです。

最悪のタイミングだと、事故の時に信号の色が分からないということになります。

ケンウッドのドラレコは、「LED信号対応済」です。

地デジノイズ対策

ドラレコからでるノイズが、地デジの受信に影響を与える可能性があります。

私は前に失敗しました…

価格重視のドライブレコーダーは、ノイズが出ているかも! 私が付けたドラレコが正にそれでした。 地デジに影響しちゃうんですよねぇ・・・。 ドラレコを探すなら、ノイズ対策済を。 私も次はそれにしよっと。

ケンウッドのドラレコは、対策済です。

4つの録画モード

様々な状況に合わせた、4つの録画モードがあります。

1.常時録画

エンジンON / OFFに連動して録画します。

2.手動録画

任意のタイミングで録画ボタンを押すと記録されます。

常時録画とは違うフォルダに保存されるので、上書きされにくいです。

3.イベント記録

衝撃などの異常をGセンサーが検知した場合、その前後を緊急録画領域に保存します。

万が一にも事故が起きてしまった場合には、この映像が助けになりますね。

4.駐車録画(オプション)

駐車中に、当て逃げ・車上荒らしなどの衝撃を感知した場合に、記録を開始します。

この機能は使うには、オプションが必要です。

モデルによって、適合するオプションや仕様が異なるので、後述の DRV-830 / DRV-W630 / DRV-630 それぞれの特徴の項でまとめます。

専用ビューワーで、PCから確認

ドラレコ上だけでなく、ケンウッドのホームページからソフトをダウンロードして、自宅のPCで映像を確認できます。

ドライブレコーダー | ケンウッドHPはコチラ

記録映像がキレイなので、イザという時だけでなく、旅の思い出としても楽しめますね。

思い出は、とっても、重いで。

寒いで

モデルごとの特徴

3モデルの共通機能は先の通りですが、ここからは、以下のモデルごとに異なる機能についてまとめます。

モデルごとの特徴

DRV-630 (スタンダードモデル)の特徴


画像出典:DRV-630 | ケンウッド

記録モード

高精細のWQHDに対応していますが、録画時間との兼ね合いにより、記録モードを変更することもできます。

DRV-630の記録モードは、以下の2つです。

記録モード
  1. WQHD (2560 x 1440)
  2. Full HD (1920 x 1080)

運転支援

共通機能の、前方衝突警告 / 車線逸脱警告 / 発進遅れ警告 に加えて、以下の3つのサポート機能があります。

運転支援
  1. リフレッシュ通知(長時間運転した場合に警告)
  2. エコドライブ表示(Gセンサーによる急加速・急発進を検知)
  3. 情報表示モード(時計画面や速度計を表示)

「3.情報表示モード」は、走行中に映像を表示させたなくない場合に向いてます。

何も表示させたくない時には… 説明書を確認してみると、メニュー画面で設定ができるみたいですね。(デフォルトは常時ON)

ちなみに、うちのツマは怒るとスーパーモードになります。

愛と怒りと悲しみかよ

駐車時録画について

この機能を利用するためには、以下のオプション「CA-DR150」を準備した上で、ドラレコ本体で「駐車モード」をONにします。(デフォルトはOFF)

このモデルは、衝撃だけでなく動体検知でも駐車録画を開始することも可能です。

ミヤネ屋で取り上げられそうな、ご近所トラブルに悩む人には… 良い機能かも… しれませんね。

スタンダードで十分なら、DRV-630

以上、スタンダードモデル「DRV-630」の特徴でした。

特徴

とりあえずドラレコが欲しいという人なら、十分すぎる機能性でしょう。 オプションを追加されば、駐車録画もできるしね!

DRV-W630(無線LAN対応)の特徴


画像出典:DRV-W630 | ケンウッド

以下の機能は、DRV-630と同様です。

DRV-630と同じ機能

DRV-W630の大きな特徴は… コレ!

録画した映像を、スマホ経由でSNSへ 無線LAN対応

DRV-W630は無線LAN対応なので、ドラレコをWi-Fiでスマホへ転送できます。 …言い方あってるかな

… 多分

画像出典:DRV-W630 | ケンウッド

旅先で撮った映像を、ツイッター ・ フィエスブック ・ インスタ ・ ユーチューブ などのSNSへアップできます。

パーリーピーポーでウェイウェイしてるリア充はうpしてチョベリグみたいな。 …言い方あってるかな

全体的に怪しいけど、最後は明らかに違う

この機能を使うには、専用のスマホアプリ「DRV-Link」が必要です。

DRV-W630 DRV-Link | ケンウッドHPはコチラ

ドライブ映像をSNSへUPしたいなら、DRV-W630

以上、DRV-W630の特徴でした。

W630の特徴

この機種の大きな特徴は、なんと言っても スマホへのお手軽な転送です。

リア充はぜひどうぞ! リア充は! チッ!

舌打ちしない、妬まない、嫉まない。よしよし。

DRV-830 (長時間録画対応) の特徴


画像出典:DRV-830 | ケンウッド

4つの記録モード

DRV-830では、画質のレベルとして以下の4つの記録モードがあります。

記録モード
  1. WQHD(2560 x 1440)
  2. 3M(2304 x 1296)
  3. Full HD(1920 x 1080)
  4. HD(1280 x 720)

大容量 microSDXC 対応

最大128GBまでのmicroSDXCに対応してます。 すごいね。

最高画質のWQHDなら、約10時間記録できるみたいです。

画質を上げるほど容量を食うので、記録時間は減ってしまうわけですが、大容量のmicroSDXCを準備しとけば、高画質と長時間録画の両立ができます。

まぁ… 言うのはカンタンだけど… カード高いからなっ!

とにかく長時間録画したい… という人には便利な、機能、だよ、ね!

リレー録画対応、ダブルスロット!

microSDXC に対応しているのに加えて、カードスロットが2つあるんです!


画像出典:DRV-830 | ケンウッド

スロット1から2へのリレー録画も可能です(常時録画のみ)

最高画質のWQHDでも、microSDXC 128GBの2枚分で、なんと、約21時間の長時間録画が可能!

まぁ… 言うのはカンタンだけど… カード高いからなっ! しかも2枚!

と、とにかく… 長時間録画したい… という人には便利だよね、ね!

更に録画したいなら、低フレームレートで

それでも更に長時間録画したいというワガママボディの人には、低フレームレートの設定ができます。

ボディは関係ねぇよ

動画というのは、ざっくり言うと、静止画像を集めたパラパラマンガみたいなもんです。

静止画像が多いほど滑らかになり、少ないほどカクカクした動きになるんですね。

DRV-830では、この静止画像を少なくした「低フレームレート」に対応しています。

動画の滑らかさは若干失われてしまいますが、静止画の記録枚数が減った分、録画時間が増えるんです。

microSDXC(128GB)を2枚さして、画質とフレームレートを最も下げた状態の録画時間目安は… 309時間20分です。

まぁ、そこまでの時間は必要ないと思いますが、画質と記録時間のバランスを、より調節しやすいということですね。

おおよその記録時間目安は、ホームーページから確認できますよ。

DRV-830 | ケンウッドHPはコチラ

3型液晶! ドラレコでは大きめ!

ドラレコの液晶はどうしても小さいのですが、DRV-830では なるべく大きくして3型液晶になってます。

画像出典:DRV-830 | ケンウッド

走行映像の確認やメニュー設定なども、(小さい画面と比べれば)操作しやすくなってますね。

ワンタッチでマイク ON / OFF

この機能はね、すばらしいよ。

ほら、なんてーの?

ドライブしてたら、突然ソウルがウルトラすること、あるじゃない?

そんなシャウトがドラレコに音声記録されてて、事故する瞬間に再生されたとしたら…

恥ずかしいでしょうが!

でも大丈夫。

ドラレコのボタンをポチッと押せば、マイク機能をOFFにできます。

画像出典:DRV-830 | ケンウッド

まぁ、車内カラオケだけでなく、プライベートな会話も記録されてますからね。

ゲス不倫してる人は、気ぃつけなはれや!

するな、そもそも。

広視野角レンズで、記録範囲アップ

広視野角レンズが採用されているので、より広い範囲を録画することができます。

駐車時録画について

この機能を利用するためには、以下のオプション「CA-DR100」を準備した上で、ドラレコ本体で「駐車モード」をONにします。(デフォルトはOFF)

クルマへの衝撃を検知すると、駐車時録画が開始されます。

DRV-830には、動体検知はありません

長時間録画なら、DRV-830

以上、DRV-830の特徴でした。

830の特徴

とにかく長時間録画したいなら、このモデルですね!

今回のまとめ

というわけで今回は、ケンウッドのドライブレコーダー「DRV-630 / DRV-W630 / DRV-830」の特徴についてまとめました。

内容をカンタンにプレイバック!

ケンウッドのドラレコ ’17-’18新モデル

ケンウッドのドラレコは、とにかく画質がキレイです。

イザという時でも、旅の思い出としても、大きな役割を果たしてくれるでしょう。 ぜひチェックしてみてね。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ