ケンウッドの8インチ カーナビは、前後を録画できるドラレコと連動! 最上級モデルに迫る Mシリーズ / MDV-M805L

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

個人的に好きなカーナビメーカーの ケンウッドに、大画面8インチカーナビがラインアップされました。

それが、’17-’18 の新モデル「MDV-M805L」です。

最近では、アルパインやカロッツェリアから10インチ以上のモデルも出てるので、「8インチ」ではそれほど大きい部類には入りませんが… やっぱり一般的なカーナビに比べると、迫力があります!

また、最近ではニーズの高い、前後を録画できる連動ドラレコにも対応しています。

彩速ナビ TYPE-M MDV-M805L | ケンウッドHPはコチラ

というわけで今回は、このMDV-M805Lについてまとめてみました。

それでは本編スタート!

スポンサーリンク

必要な取付キットは2パターン

まずは、取付キットから!

大画面カーナビを取り付ける場合には、専用の取付キットが必要です。

通常は、カーナビメーカーから提供されていますが、このMDV-M805Lの場合は、従来の取付キットを用いる場合と、純正の9インチ用パネルを流用して取り付ける 2つのパターンがあります。

ケンウッドの専用取付キットを用いる場合

これは、ケンウッドが準備している取付キットを使う場合です。 適合車種であれば、専用取付キットを使ってMDV-M805Lを取付けできます。

車種別適合一覧 | ケンウッドHPはコチラ

純正9インチパネルを流用する場合

ディーラーオプションで、9インチのナビが取り付けられる車種の場合には、その9インチ用のパネルを流用して、MDV-M805L を取り付けすることができます。(別途、電源ハーネスなどは必要)

この場合だと、パネルは9インチでナビは8インチとなり、スキマが空いてしまうので、それを埋めるエスカッションを準備します。 これがホントのスキマスイッチですね。

違うわ

現状、このパターンはトヨタ車しか適合がありません。 以下の車種がラインアップされてます。

適合車種
  • アクア
  • アルファード
  • ヴェルファイア
  • ヴィッツ
  • エスティマ
  • オーリス
  • タンク / ルーミー
  • プリウス
  • C-HR

車種別適合一覧 | ケンウッドHPはコチラ

エンタメ機能の特徴!

カーナビゲーションって、ナビは言いつつも日常でメインで使うのはAV機能です。

DVDやTV、USBなどを再生するマルチメディアプレイヤーとしての役割が大きいんですよね。

MDV-M805L も、様々な機能でドライブを盛り上げてくれますよ!

ハイレゾ対応!

圧縮音源どころか、CDをも上回る情報量を保持しているのが、ハイレゾ音源です。

情報量が多いってことは… その分 音がイイってこと!

画像出典:MDV-M805L | ケンウッド

ハイレゾを楽しむなら、新たに音源を入手する必要がありますが、その価値はあるでしょう。 私も(この機種じゃないけど)聴いたことあるけど、豊かな高音域がスゴかったです。

高音域って、下手に鳴らすと耳に障るんですが、それが全然無かったなぁ。

Bluetooth でハイレゾ転送 LDAC

Bluetoothはワイヤレスで手軽に、音楽を楽しむには持ってこいなんですけど… どうしてもその分音質が劣化してしまいます。

しかし、最近では高音質に転送できる「AAC」に対応しているモノも増えてきました。 このMDV-M805Lも対応してます。

そして… さらに…!

Bluetoothでハイレゾを転送できる技術「LDAC」にも対応しています。

通常、ハイレゾ音源は、SDカードやUSBで車内に持ち込むことになりますが、スマホがあればワイヤレスで聴けることになるので、手軽さと高音質が両立してるんですよ! スゲー!

但し、これはスマホ側でもLDACに対応している必要があります。 直ぐに使える機能ではないですが、すっげぇ気になるのよ、コレ。

誰か… 使い心地… おせーて… だって、私のiPhone7、対応してないんだもんよ…

失われた音域を、予測して補完 K2テクノロジー

圧縮音源やCD音源は、データ化される上で「人間には聞こえない音域」をカットしているんです。

聞こえないとは言っても、音は色々な周波数帯域の音が混じりって 1つになっていますので、カットされることで音の雰囲気は損なわれます。

そこで、この失われた音域部分を予測して、デジタル記述で補ってあげるのが、ケンウッドの「K2テクノロジー」になります。

これにより、様々な音源が、「あたかも原音」のように楽しむことができるのです。

ハイレゾ音源がなくとも、手元の音源が、より原音に近い高音質で再生できるっつーわけですね!

これを、「音源補完計画」と呼びます。

パターン黒、パクリです!

車内でもより良い音を

タイムアライメント

クルマの中だと、スピーカーから等間隔の位置に座れません。

どうしても右寄りになってしまうので、右のスピーカーから出る音の方が、若干早く耳に到達してしまうのです。

そうなると、音の位置がボヤケてしまいます。

が!

これを修正してくれるのがタイムアライメントです!

画像出典:MDV-M805L | ケンウッド

自分が座る運転席から、スピーカーの位置までの距離を入力してやれば、ナビ側で考慮して 右側から出る音を遅らせてくれます。

そうすると、左右の音が同時に耳に到達するので、音像(ボーカルの位置など)がビターンとハマります!

タイムアライメントについては、別記事にまとめてるでコチラもぜひどうぞ!
こんにちは!ケロケロです(@kerokero_DIY) アナタのクルマのナビ、またはオーディオにイコライザーとタイムアライメントはつい...

イコライザー

車内では、シートに音が吸収されたり、窓ガラスに音が反射したり、タイヤからロードノイズが混じったりします。

こうなると、ある音域は強く、またある音域は弱く… と音場が乱れまくりマクリスティーなのです。

これをなるべくフラットにしてやるデジタル補正が、イコライザーになります。

画像出典:MDV-M805L | ケンウッド

イコライザーについては、別記事にまとめてるのでコチラもどうぞ!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) アナタのクルマのナビ、またはオーディオにイコラ...

対応メディアも充実!

たくさんあるよ! 対応メディア
  • CD(4倍速録音可) / DVD
  • ワンセグ / 12セグ
  • SD / USB
  • Bluetooth
  • iPhone / iPod

「ここです案内」で分かりやすい

目的地までのナビ中に、例えば、短い区間に交差点が連続するような場所があったとするじゃない。

『あと700m先、左方向です』

とか言われても、どの交差点か分かりにくいよね。

MDV-M805Lなら、「ここです案内」というカウントダウンする表示が出ます。 運転中なので、視覚的に分かりやすいのがイイね!

画像出典:MDV-M805L | ケンウッド

VICS WIDE で 道路の変化をゲット!

渋滞や気象情報などを表示できるVICS WIDEに対応しています。

渋滞を避けるようなルート検索はモチロンですが、例えばゲリラ豪雨などの気象情報を受信した場合には、それを避けるように考慮したドライブも可能です!

その他の便利機能!

前後を録画できる 連動ドラレコに対応!

前方を録画できる連動ドラレコ(DRV-N530)だけでなく、後方も録画できる連動ドラレコ(DRV-R530)に対応しています。

イザという時の映像だけでなく、旅の思い出として映像を残すのもイイですね!

このドラレコについては、別記事にまとめてますのでコチラもどうぞ!

イザという時に役に立つのがドライブレコーダー。 前方だけ撮るのは あたりまえ体操 ですが、 後方も記録できるドラレコがあるよ! それは、ケンウッドのカーナビ連動ドラレコ DRV-N530 / R530 です! 便利な機能もいっぱいあるよ!

ステアリングリモコン対応!

ステアリングリモコンが装備されている車種なら、それを流用して使うこともできます。

但し、その場合はオプション配線の「KNA-300EX」が必要です。

これを接続した後、カーナビで設定してやれば使用可能です。

適合車種については、ケンウッドのHPを参照してみてね!

今回のまとめ

というわけで今回は、ケンウッドの’17-’18 新モデルの8インチカーナビ 「MDV-M805L」についてまとめました。

では、内容をカンタンにプレイバック!

MDV-M805L まとめ

大画面カーナビなので、適合車種でなければ取付けできませんが、愛車が適合しているなら検討してみるのもいかがでしょう? 面白いナビですからね。

いいねぇ。 ケンウッドの音は、すっげぇ好みなんです。 私も付けてみたいわ…

え? 私の愛車ですか? ジュークだよっ!

適合無いし予算も無いわ
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ