『サイバーナビを手軽に!』 スタンダードから 1ランク上のモデルへ! AVIC-CW700II / CZ700II カロッツェリア

シェアしてもらえると嬉しいです!

サイバーナビといえば、カロッツェリアのフラッグシップモデルです。

そりゃあもう、最高級機種ですから、映像にしろ音質にしろ高クオリティでドライブを盛り上げてくれます。

[公式] サイバーナビ | カロッツェリア

ただ… … … たっけぇ! 値段が。

もちろん、コダワリをもって選ぶのは良いことなんです。 それだけの機能を有しているわけですから、値段もそれなりにするのは当然なんですけど…

たっけぇ! 値段が。

2回目

ねぇ? やっぱり予算もありますからね。

できれば サイバーナビ を使いたいので、多少マニアックな機能は削いで、もうちょっとお求めやすいグレードはないかしらん? というニーズもあるでしょう。

… 安心してください! ありますよ。

言わば、フラッグシップモデルのエントリーモデルですね。

なんか矛盾してる気もするけど

さぁ、その サイバーナビとは? それでは本編スタート!

スポンサーリンク

サイバーナビ! AVIC-CW700II / CZ700II

サイバーナビと言えば、知る人ぞ知るカロッツェリアのフラッグシップモデルです。 映像・音質のクオリティも高く、ドライブを盛り上げてくれます。

そのサイバーナビの中でも、グレードが分かれており、ニーズに合わせたチョイスが可能です。

サイバーナビの違いをザックリ
  • 大画面の車種専用モデル(適合による) / AVIC-CE901系
  • 8インチモデル(適合による) / AVIC-CL901系
  • 7インチノーマル or ワイドモデル / AVIC-CW901系
  • 機能を制限した7インチノーマル or ワイドモデル / AVIC-CW700系

ちなみにカロッツェリアのカーナビでは、「サイバーナビ」を最高級モデルとすると、その下のミドルクラスに「楽ナビ」というモデルがあります。

楽ナビ自体は、基本機能を抑えた使いやすいナビだけど、どうせならその上の「サイバーナビ」にしたいだよね〜。 でも、高すぎる… 機能を制限していいから、もうちょっとお買い得なナビないの!?

… っていう人にピッタリなのが、機能を制限した7インチノーマル or ワイドモデル、「AVIC-CW700II / CZ700II」になります。

AVIC-CW700II / CZ700II で制限されている機能

先の通り、「AVIC-CW700II / CZ700II」はサイバーナビでも機能が制限されたモデルになります。 ただ、その分は価格面ではオトク。

… そうなると、制限された機能は何なのさ? という話になりますが、これはメーカーHPでまとめられています。

[公式] サイバーナビ 主な機能比較表 | カロッツェリア

気になるところを拾ってみると…

制限された機能
  • 地図の無料更新(3年分)が付いてない
  • スマートコマンダー非対応
  • オートタイムアライメント / イコライザー 非対応
  • ハイレゾ非対応
  • HDMI入力 非対応
  • USB対応しているが配線はオプション

といった感じ。

逆に言えば、上のモデルにはこれらの機能は装備されてます(一部オプションは必要)

もし、自分がこだわっている部分が、制限された機能でないのであれば、「AVIC-CW700II / CZ700II」は狙い目ですね!

AVIC-CW700II / CZ700II の特徴

「機能が制限された…」 というと、イメージは良くないですが… いや、このナビ普通にスゴイですけん。

デザインがイカス

カーナビって、液晶画面がほとんどを占めてますから、デザインにはさほど違いがないんですけど… サイバーナビの「サイバー感」っていいよね!

説明が雑


画像出典:AVIC-CW700II / CZ700II カロッツェリア

ピアノブラックを基調に、ブルーイルミ(?)がアクセント。 一部シルバーメッキのボタンが際立っています。

これは… カーナビの… 宝石箱や〜

グルメリポーター風

音質へのコダワリ

ミドルクラスのカーナビが、音質が悪いとは言いません。

しかし、「コダワリ」の部分で言うと、どうしても下の位置になってしまいます。

AVIC-CW700II / CZ700II も、機能が制限されたモデルにはなりますが… そこはサイバーナビ! 音質もこだわってます!


画像出典:高音質テクノロジー サイバーナビ | カロッツェリア

音質へのコダワリ
  • オーディオへの電源供給の安定化
  • ノイズの抑制
  • 原音再生への取り組み
  • 高域がカットされた圧縮音源のデジタル補完
  • イコライザー・タイムアライメントでの音場調整
  • スピーカーの得意分野を活かす、ハイパス・ローパスフィルター

などなど。

コダワリがすごすぎて、分からない部分も多いですが、カーオーディオの老舗メーカーであるカロッツェリアのコダワリが詰まってます。

高音質テクノロジー サイバーナビ | カロッツェリア

多彩なメディアに対応!

ドライブを盛り上げてくれるために、音楽は欠かせません!

CW700II / CZ700II も、多彩なメディアに対応してます。

メディア対応
  • 地デジ 12セグ / ワンセグ対応
  • CD / DVD
  • SD(SDXC対応)
  • USB(オプション)
  • Bluetooth
  • iPod / iPhone(※)
  • AUX
※ iPod / iPhone は、適合情報を確認してください。 メーカーHPはコチラ

USB接続には対応していますが、配線はオプションになっています。 必要な場合は、以下の「CD-U120」を準備しときましょう。

純正ステアリングリモコンは、オプションで対応!

最近のカーナビは、ほぼステアリングリモコンに対応していますが、メーカーによってはオプションで対応している場合もあります。

パナソニックやクラリオンは、カーナビ自身でステアリングリモコンに対応していますが… … … カロッツェリアはオプションが必要です!

例えば、トヨタ系の一部だと以下の配線になります。

適合する配線は、車種・年式などによって異なるので、必ずメーカーHPを確認してください

純正バックカメラもオプションで対応!

純正バックカメラも使えます! これの変換配線は、データシステムなどが有名ですが、カロッツェリアは自前で変換配線を準備してます。

例えば、トヨタのナビレディパッケージだと、以下の配線になります。

これも車種・年式によって配線が異なるので、必ずメーカーHPを確認してください

サイズによって選べる2モデル

カーナビのサイズは、車種によって選べるサイズがことなります。200mm or 180mmいずれかになるので、形状に合わせたカーナビを選びましょう!

200mmワイドモデルは、AVIC-CW700II

トヨタ・ニッサン・ダイハツ・スズキなど、最近ではこのサイズが主流です。 オーディオが収まるコンソールの横幅が200mmの大きさになります。

これらのメーカーでも、年式が古い場合は180mmの場合があります

この200mmサイズの場合には、「AVIC-CW700II」を選びます。

なお、この「AVIC-CW700II」には、ギボシ接続できる汎用の電源ハーネスは同梱されてません!

車種に合わせたダイレクト接続ハーネスが必要になります。 例えば、トヨタ車であれば、以下の配線になります。

この配線も、車種・年式によって異なるので、メーカーHPを確認してください

180mm ノーマルモデルなら AVIC-CZ700II

従来の180mmサイズの場合は、「AVIC-CZ700II」をチョイス!

ちなみに、この180mmサイズである「AVIC-CZ700II」は、先に記載した200mmスペースのトヨタ・ニッサン・ダイハツなどに取り付けることもできます。

ただし、横にスペースが空いてしまうので、穴埋め用のブラケットが必要になるんです。

200mmコンソールの場合は、素直に「AVIC-CW700II」を選んだほうがイイですね!

今回のまとめ

今回は、サイバーナビの中でも「機能制限しつつもコダワリは制限しない」 CW700II / CZ700II についてまとめました!

では、カンタンに今回の内容をプレイバック!

CW700II / CZ700II まとめ

サイバーナビは好きだけど、そこまでの機能は… ちょっちゅね… という人にはドストライクのモデルだと思います。

途中が具志堅さんでした

お気に入りの愛車には、お気に入りのカーナビを取り付けて、ドライブをもっと楽しんじゃいましょう!

kero-icon
以上、ケロケロがお伝えしました!
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ