ETC2.0 って? DSRCとは何が違うの・・・? と思ったら衝撃の結末

シェアしてもらえると嬉しいです!

最近、「ETC2.0」というものを、小耳に挟みまして。 察するに、現状ETCシステムがバージョンアップしたような印象を受けますね。

これまでDSRCという言葉もあったんですが、これはITSスポットから渋滞情報なりをリアルタイムで受信できるとか、そういう機能だったと思います。

私が住んでいる田舎だと、そもそもITSスポットがほぼ無いので、「ふ〜ん、そういうのも有るのね」ぐらいにしか思ってなかったんですが、今度は「ETC2.0」という新名称。

なんか違うんかな?

スポンサーリンク

ETC2.0とは?

現状のETCは、私も利用しています。

頻繁に高速道路を利用するわけではないですが、やっぱり便利ですからね。 このように、ETCは通常、料金の支払いを簡素化してくれるナイスなヤツでした。

そして、今回の「ETC2.0」! なんと、この料金の支払い機能を維持するのは勿論のこと、ITスポットから事故情報や渋滞情報を受信して、リアルタイムにスムーズに、ドライバーへ案内してくれるのです。

・・・あれ? どっかで聞いたような機能。 それはDSRC兄さんの機能では?

看板を変えただけみたい

さて、皆さんはDSRCという言葉を知ってましたか?

私は周りに車に詳しい人が多いので、ぼんやりは知っていました。

クルマにさほど興味がない方では、今正にDSRCという言葉を知った方もいるかもしれません。

正に世間ではそんな状態だったようで、DSRC? なにそれDAI語? っていう状態で、殆ど普及が進まなかったみたいです。

なので、知名度の高い「ETC」の名を受け継いで「ETC2.0」という新名称で普及を目指すようです。 安直・・・。プレステ2みたいな感じになってきた。

ETCがITSスポット利用したら、DSRCと何が違うんだ・・・? と調べてたので、看板が変わっただけというのを知って、「一緒かい!」と衝撃でした。 返って紛らわしい。

田舎で高速道路を使わない人には、あんまり関係ない話ですねぇ。

ETC2.0を利用するには

ETC2.0を利用するには、現在のETC車載器は利用できません! これはETC2.0用の車載器を購入して、取り付け・セットアップを行う必要があります。

利用するにはETC車載器の買い替えが必要になりますが、国土交通省が普及を目指しているということは、今後優遇割引とかが発表されるかもしれないですね。

こちらのサイト様に詳しく記載されています。
ETC2.0(DSRC)とは?割引・車載器・再セットアップと助成金は?

カーナビ連動タイプ

ETC2.0の機能は、カーナビと連動させると便利です。 渋滞情報などが地図画面に表示されますので。

DSRC対応のカーナビであれば、そのメーカー専用のETC2.0車載器がリリースされています。

例えば、カロッツェリアやパナソニックだと…

単体モデルもあるよ

もし、カーナビが対応していないとなると、カーナビから買い換えるの?

カーナビから買い替えてたら、すごい金額になりそうですが、ETC2.0車載器の単体モデルもありますよ!

アンテナ内蔵のスピーカーで、ドライバーへ案内を行う発話型の車載器です。

今後の優遇割引に期待

普及を促進しているのであれば、車載器の買い替え需要を起こさないといけないので、優遇割引が提案されないかなぁと期待しております。

特に私のような「めったに高速道路を利用しない層」を刺激するために、「利用料金1000円」をまたやってくれんかなぁ。

実質、あの政策でETCものすごく売れたみたいですし。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ