カーナビ連動ドラレコの、メリット・デメリット

クルマ
ケロケロ
ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

運転中の万が一の事故や、あおり運転対策に役立ってくれるドライブレコーダー。


そんなドライブレコーダーですが、動作タイプには2種類あります。

  • スタンドアローン型 / カーナビのモデルに関係なく、単体で動作するタイプ
  • カーナビ連動型 / 特定のカーナビに適合して動作する専用タイプ


どちらのタイプにも、メリット・デメリットがありますが…

この記事では、カーナビ連動型ドラレコの特徴についてまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。


スポンサーリンク

カーナビ連動型ドラレコのデメリット

先にデメリットをまとめます。

  • 専用のカーナビでしか、動作しない
  • 値段がお高め


カーナビ連動型は、その名の通り カーナビと連動します。

つまり、「単体」または「適合していないカーナビとの組み合わせ」では動作しません。

基本的に、カーナビと連動ドラレコが同じメーカーであれば適合しますが、「上位モデルのカーナビしか適合しない」場合もあるので注意が必要です。


また、スタンドアローン型のドラレコと比べると、連動ドラレコは値段がお高めです。

コストを低く抑えたい… という場合であれば、スタンドアローン型にした方がイイですね。


カーナビ連動型のメリット

では、次にメリットをまとめてみます。

  • カーナビの液晶で、映像の確認・操作ができる
  • ドラレコに液晶がいらなくなるので、見た目がコンパクト


通常、車内でドラレコの映像を確認しようとすると、ドラレコの液晶で確認することになります。

だがしかし!


カーナビ連動型のドラレコであれば、カーナビの液晶で確認できます。

ドラレコの液晶に比べて、カーナビの大きい画面で映像の確認ができるのです。


また、カーナビの液晶で確認できるということで、ドラレコ本体に液晶が必要なく、見た目がコンパクトです。

視界の邪魔になりにくいです。


例えばこんな、組み合わせ。カーナビと連動ドラレコ

例えば…

ケロケロ
ケロケロ

コスパの高いカーナビに、連動の前後ドラレコ取り付けたいなぁ…

という状況なら…


まずカーナビは、パナソニックのCN-RE06WDがオススメです。

スタンダードモデルながら、地デジ12セグ、CD・DVD・Bluetoothなど、基本的な機能は全て搭載したコスパの高いモデルです。


CN-RE06WDに、連動型の前後ドラレコを取り付けるなら、CA-DR03TDが適合します。

前後の映像を、カーナビの画面で操作・確認ができます。


まとめ。カーナビで映像を確認したいなら、連動ドラレコ

…というわけで今回は、カーナビ連動ドラレコのメリット・デメリットについてまとめました。

一長一短ありますが、カーナビと連動させて快適に使いたいなら、カーナビ連動型ドラレコがオススメです。

ぜひ参考にしてみてください。

クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
DIYでプチカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました