【カウルをリペア】第二回 パテ埋めできたら表面をヤスリで研磨しよう

クルマ

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

前回、ヒビの裏側をファイバーパテで補強して、表面にパテ盛りしました。
このパテを盛りすぎてしまいましたが・・・

【カウルをリペア】第一回 DIYで出来る!傷をパテ埋めで補修しよう。
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) このブログで内装カスタムなどを掲載しておりますが、それを見込まれてバイクのカウルの補修を頼まれました。 バイクはすみません、知識が足りないのですがカウルで合っております...

今回はひたすら削って表面をトゥルトゥルにしていきます。

スポンサーリンク

ひたすら削る

削っていくには

やはり前回盛りすぎたのが仇になりました。
耐水ペーパーでひたすら削ります。

最初は600番辺りから、徐々に番手を上げていくと良いと思います。

また、平に削るために、以下のような研磨パッドを使ったほうが良いです。
似たようなものがあれば、これでなくとも良いと思います。

 

 

ひたすら削って

削り続けることで、表面が滑らかになってきました。

IMG_3106

斑になっているのは、傷部分やへこみの合った部分にパテが埋まり、そうでない部分のパテが削れたためです。

ヒビの酷かった部分も、この時点では滑らかになりました。

IMG_3107

妥協は許されない

クルマの内装ですが、仕上げにビニールレザーを使うことが多いので、パテのスアナは少々であれば、無視できます。

しかし、塗装仕上げの場合は小さいスアナも綺麗しておかないと、後で泣きをみてしまいます。

塗装前の下塗りとしてプラサフを吹きますが、この時に発見できることがよくあるので、次回その工程を行っていきたいと思います。

 

 

【カウルをリペア】 の連載記事

第一回 そして依頼アリ

【カウルをリペア】第一回 DIYで出来る!傷をパテ埋めで補修しよう。
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) このブログで内装カスタムなどを掲載しておりますが、それを見込まれてバイクのカウルの補修を頼まれました。 バイクはすみません、知識が足りないのですがカウルで合っております...

第二回 磨け磨けひたすら磨け!

このページです。

第三回 そして完成へ・・・

【カウルをリペア】第三回 傷を目立たなくさせる補修は無事完了
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 前回耐水ペーパーでひたすら削って、表面を滑らかにしていきました。 手で表面をなぞってみて、凸凹が感じられなければ・・・とりあえず良いかな。 塗装前の下準備 ...
クルマ
スポンサーリンク
ケロケロをフォローする






この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ケロケロ

クルマ・日曜大工・DIYなど… 30代の男心をコチョコチョするメディア「DIYでプチカスタム」を運営。 クルマ情報はカーナビ・オーディオの取り付け方、必要な道具のまとめ。内装のカスタムDIYなど。日曜大工では(主にツマからの発注で)棚や柵を作成して、道具の紹介もしてます。DIYって、楽しいよ。

ケロケロをフォローする
DIYでプチカスタム

コメント