【カウルをリペア】第一回 DIYで出来る!傷をパテ埋めで補修しよう。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

このブログで内装カスタムなどを掲載しておりますが、それを見込まれてバイクのカウルの補修を頼まれました。

バイクはすみません、知識が足りないのですがカウルで合っておりますでしょうか。
間違えてたらゴメンナサイ。

ちなみに、スズキのアヴェニスというバイクだそうです。

スポンサーリンク

目立たなくなれば良し

人様の、しかも外装の補修なんてとてもできません。

と、断ったのですが、目立たなくなれば良いからと押して押して押し倒されました。

まぁ、正直、私も良い経験になりそうなので、あくまで「目立たなくなれば」をゴールとして、リペア屋ケロケロ、初仕事を請け負いました!

補修箇所の確認

とりあえず、補修箇所の確認とそれ以外のマスキングを行いました。

IMG_3098

特にひどいのは、この部分と、

IMG_3099

この部分でした。

IMG_3100

裏側の補強

ヒビが入っている裏側を、ファイバーパテで補強しました。

IMG_3101

これやっとかないと、せっかく表面を綺麗に仕上げても、力が加わった時またヒビが入りそうなので。

とはいえ、ファイバーは正解か?

本来、このバンパー的素材はそれなりに柔軟性があるので、ファイバーだとガチガチに固めすぎなような気がします。

FRPとかの方が良いかもしれません。あんまり使ったことないんじゃけど。

やすりでざっと磨く

ヒビの部分のささくれや、多少湾曲したところもあるので、紙やすりで磨いて平にしておきます。

IMG_3104

パテ埋め開始

いよいよ本格的な補修です。
手元にあったポリパテで傷を埋めていきます。

IMG_3105

これはっきり言って失敗です。
盛りすぎました。 あとで削っていくのが大変になると思います。

今後の段取り

ここからは、ひたすらパテを盛っては削り盛っては削りの繰り返しです。

それで、表面を滑らかにしていきます。

というわけで続きは次回です。

【カウルをリペア】 の連載記事

第一回 そして依頼アリ

このページです。

第二回 磨け磨けひたすら磨け!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 前回、ヒビの裏側をファイバーパテで補強して、表面にパテ盛りしました。 こ...

第三回 そして完成へ・・・

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 前回耐水ペーパーでひたすら削って、表面を滑らかにしていきました。 ...
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

Facebook
この記事をお届けした
DIYでプチカスタムの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連コンテンツ