【何が必要?】スノーボードに行くならコレを持ってけ! 11選。 特にオマエだケツパッド!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

ウインタースポーツの定番と言えば、スキー・スノーボード!

私も、スノボ、大好きです!

スノボ歴はけっこう長いんですけどね、広島県・岡山県あたりだとシーズンもそんなに長くないし、何回も行けないので、あんまり上手くならないですね・・・。

さて、

スノーボードに行こうとすれば、色々と準備が必要ですよね?

何を持っていけば良いか分からない・・・、初めて行く人なんかは特に。

というわけで、私がボードに持っていく道具類を紹介します!

kero-icon
参考にしてもらえる情報が、きっとある!・・・かも

それではレッツ、スノーボード!

スポンサーリンク

絶対に必要なモノ

はい。それでは一個ずつ紹介します!

ケツパッド

声を大にしていいますが、

kero-icon
これは絶対に準備してください!

ちなみに、私、コレを勝手に「ケツパッド」って呼んでたんですけど、記事を書くに当たって正式名称を調べて見たら、「ケツパッド」だったんですよ!

・・・へぇ

さて、なぜコレが必要かというとですね・・・

kero-icon
コレがないと・・・、とにかく尻が痛い
・・・へぇ

初めてボードに行くと、まぁ間違いなく転びます。

その際に、尻もちをつくんですが、ゲレンデの状態によっては、

コレがまぁ痛い・・・

肘をぶつけた時に、場所によってはビーン!って響くじゃないですか?

アレと似たような感じで、尻をぶつけると脳天まで響く感じなんですよ・・・。

kero-icon
脳天直撃! せがた三四郎!
・・・なんか違わん?

初めて行った時にはケツパッドを装備してなかったので、ものすごく痛い思いをしたのですが、2回目でケツパッド装備してみたら・・・、

痛みが全然違う!

全く痛くないとは言いませんが、有ると無いとじゃ雲泥の差です。

というわけで、ケツパッドは絶対に準備してください。

ちなみに、Siriにオシリが痛いと聞いてみると・・・

手袋

とてもじゃないですが、素手じゃ無理です。

お手手がチンチンする。

ごんぎつねか

防水さえしっかりしてれば、何でも良いです。 スポーツ用品店でも購入できますね!

kero-icon
手袋を逆さに言ってみて?
その前に、
私が「仏像」って言ったら、「銅像」って言ってみて?・・・ぶつぞう?
kero-icon
ゴメンナサイ・・・
ぶつぞう?

ネックウォーマー

晴れていれば良いのですが、山の天候とツマのゴキゲンは変わりやすいです。

ちょっと吹雪いてきた時なんかは、コレがあるとないとじゃ大違い!

忘れずに持っていっときましょう。

フェイスマスク

ネックウォーマーだけでも良いっちゃ良いんですが、これも準備しときます。

スノボは好きでも寒いのは苦手なんだよ・・・。

素材は薄いんですけど、風が直接肌にあたることに比べれば、全然違う。 これで顔を覆っておきましょう。

日焼け防止にもなりますしね!

天気が良い日だと、日差しがすごいんですよ。

山の上だし、ゲレンデに太陽光が反射して、紫外線がすんごいです。

日焼けというより、雪焼けか・・・。

ゴーグル

天気の良い日は、眩しさから目を守るため。日焼けをふせぐため。

吹雪いている時には、視界を確保するため。

ゴーグルは大活躍してくれます。

私はデザインにコダワリは無いので、何でも良いんですが、なるべく曇らないモノが良いです。

そういう意味では「ダブルレンズ」がオススメです。

その名の通り、レンズがダブルになっていて、その間に空気の層があるため曇りにくいのです。 原理は知らん・・・。

初めて行った時には、買うのをケチって、昔に親父が使っていたシングルレンズのゴーグルを持って行ったんですね。

その時には何とも思わなかったんですが、その後ダブルレンズのゴーグルを使ってみたら、

曇らない!

比べてみたら、圧倒的に曇らなかったんです。

・・・とは言っても、全く曇らないというわけではありません。

すっ転んだ時などに、ゴーグルが外れるかズレるかして中に雪が入ってしまった場合には、やはり曇りますね。

そんな時には、休憩所のストーブの前に置いて、乾かせば大丈V!

kero-icon
どうでもいいんだけど、ゴーグル装着する時って、絶対、
「ジュワッ!」
って言っちゃうよなぁ
いや、言ったこと無い

帽子

雪山ってホント、寒いですから。

帽子も必要です。

ちなみにコレ・・・、ツマの手作りです。

すごいな、模様の部分とか。 人間、1つは取り柄が・・・

ぶつぞう?
kero-icon
ゴメンナサイ・・・

下着・靴下など

すごいぞヒートテック。

とにかく薄くて暖かいみたいなヤツは、雪山には持ってこいです。

後は、この上に厚手のトレーナーとかを着ておきましょう。

防寒の意味も有りますが、コケた時にクッションになりますから。 ちょっとしたプロテクター代わりです。

ウェア

スキー場でレンタルもできますが、何回か行くなら買っておいた方が良いです。

私はセールの時に買ったので、上下合わせて一万弱でした・・・。

ウェアのデザインは十人十色ですが、リフト券が外から見えるポケットみたいなのが付いてるのが便利ですよ!

リフトに乗る時に、係員さんに見せやすいので。

スノーボードウェア専門店もあるので、覗いてみて探してみるのも楽しいですよ!

スノーボードウェアの激安通販! | OC STYLE

ちなみに私は、猫山道後山によく出没しているので、このウェアにピンときたら

ぶっとばすぞう
kero-icon
(仮面ノリダーさんや・・・)

ジップロック

コレがね・・・、使えるんですよ。

ゲレンデの状態によっては、シャバシャバの時もあります。

そうすると・・・、染みこんでくるんですよね。

おかげで財布に入れてたお札がビチョビチョになりました・・・。

そうならないために、財布とスマホをジップロックに入れて持っておくんです。

絶対大丈夫とは言いませんが、ジップロックを使って以来、財布やスマホがビショビショになったことはありません。

安心! ジップロック!

コンタクトレンズ

裸眼の視力が良い人は必要ないですが、目が悪いならコンタクトレンズを準備しときましょう。

間違ってもメガネはやめましょう。 危ないです。

または、視力が悪いのに裸眼で滑るのもやめましょう。 人にぶつかってしまうかもしれません。

私は日常でも使うので、2週間の使い捨てですが、スノーボードやスキーの時だけであれば、一日使い捨てのワンデーでも良いかもしれませんね。

コンタクトレンズはインターネットでも購入できます。・・・が、眼科医での検診もお忘れなく。

「処方箋なし」コンタクトレンズ通販 | レンズクラス

タオル・着替えなど

タオルは、滑った後に雪まみれになった板の雪を払うなど、色々使えるので持っていった方がよいです。

後、やりがちなのが着替えを忘れること。

私は、下だけウェアを着て行くんですけどね、

滑り終わって、さぁ帰ろうと思ったら・・・

kero-icon
着替えがねぇ!

ビショビショのウェアのまま車に乗り込むわけには行きませんから、シートの上にタオルを敷いて帰りました。

タオルと着替え、忘れずに・・・。

今後必要になってくるモノ

はい。

以上が、ボードに行く上で必要なモノでしたが、以下はボードにハマってくると欲しくなるモノですね!

ボード、バインディング(ビンディング)

私の相棒・・・、いや相板か。

kero-icon
ちなみに、右京さんのモノマネで「やめなさーい!」ってやると、2歳の息子に大好評です
知らんがな

私の場合はもう、スノーボードにハマッてますので、自分の板を購入しておりますが、初めてボードに行くならレンタルがオススメです。

板も決して安くないですから・・・。 自分で購入するとなると、ブーツを固定するバインディングも必要ですし。

ターンができるようになってからでも良いです。

というのもですね・・・、

kero-icon
フルセット揃えてボード行って、結局直ぐやめた人も、まぁ、います。

もちろん、長い目でみるなら買ったほうがオトク! 自分の好きな板を探すのも楽しいですからね!

シーズンイン直前のセールを狙うのも、大いにアリです。

板の長さや形状など、色々な特性がありますので、店員さんに聞きながら選ぶと良いですね!

ただ、闇雲にいきなり板を買うのは・・・、

kero-icon
やめなさーい!
オモシローイ

ブーツ

これも板と同じ考え方ですが、最初はレンタルで良いとです。

その際は、ちょっとキツイぐらいのモノを選びましょう。

ゆるゆるは絶対ダメ!

中で足が動くとケガします。 危ないです。

履いた際には、カカトをトントンと地面に叩いてしっかり奥まで入れましょう。

スノーボードにハマったら、これも自分専用のブーツが欲しいですね!

スノーボードケース

スノーボードを入れるケースです。 車にキャリアが付いてる場合にはいらないですね。

このケースがあると、空いたスペースにブーツを入れれるので便利です。

ボードのサイズに合わせて選びましょう。

大きい分には良いですが、小さいと板が入らないですからね。

まとめ: 準備してると、遠足の前日みたいでワクワク!

いやもう、ホント、

前日に準備してるとワクワクが止まらないんですよね!

それでは、今回の内容をカンタンにまとめましょう。

まずは「絶対に準備したほうが良いモノ」です。

コレは持って行っとけ、イレブン
  1. 守れ、尻を! / ケツパッド
  2. ろくぶて! / 手袋
  3. You’re fired! / ネックウォーマー
  4. 目出し帽でも! / フェイスマスク
  5. ジュン、ジュワッ! / ゴーグル
  6. ぶつぞう防止! / 帽子
  7. ヒートチック / 下着・靴下など
  8. アヘアヘ / ウェア
  9. サランラップより / ジップロック
  10. アナタのおメガネに / コンタクトレンズ
  11. あーっとココで / タオル・着替えなど

次に、「スノボにハマると欲しくなるモノ」です。

ハマると欲しくなるぞう

最後に1つだけ・・・。

スノボにハマると、リフト券の出費もけっこう痛いですよね?

「スマリフ」なら、いつでもどこでもスマホでオトクにリフト券が購入できます! チケットレスだから、送料も掛からないし、リフト券も安く買えるんです。

対応しているスキー場でないとダメですけどね。

ちなみに広島だと、「スノーリゾート猫山」・「恐羅漢スノーパーク」で利用できます!

チケットレスだから、送料ナシ! | スマリフ

いやぁ、それにしても、こんな記事書いてると、ボード行きたくなりますなぁ。

個人的にオススメなのは、道後山高原スキー場です。

コミュ症スノーボーダーは、道後山へ行け! 6つのポイントでオススメする広島県のスキー場
スノーボードのイメージって、ウェイウェイしてない? でも知って下さい。 コミュ症ボーダーもいることを。 そんなボーダーは道後山高原スキー場へ行こう! のんびりゆったりスノーボードクルージングを楽しめるよ。 雪質もバッチグー!

我が家は私しかボードしないんですよ。 ツマもやってみればいいと思うんですけどね。

まぁ、

運動音痴だからなぁw

・・・ぶつぞう
kero-icon
ゴメンナサイ・・・