『機動武闘伝Gガンダム:レビュー』 必殺技に専用BGM!濃いシナリオにキャラクター! 王道の展開がとにかくアツい!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

機動武闘伝Gガンダム

これはなんつうかもう、すごいですね。

当時リアルタイムで、Vガンダムの流れから見た人はびっくらこいたんじゃなかろうか。

今までのガンダムの流れから大きく逸脱し、ノリも180度違う。

ガンダムというよりは、昔のロボットアニメや宇宙刑事ギャバンとかのヒーローモノのようなベタのノリ!

そして、あまりにも濃いキャラクター達。

今までのガンダムが好きだった人には、受けられないのかもしれない。

でも、

これは観て欲しい! ロボットアニメは好きだけど、ガンダムはちょっと・・・って人もぜひ観た方がいい!

ベタの展開、濃い必殺技、そんなのが好きな人も絶対観た方がいい!

というわけで、今回Gガンダムを視聴したので、その想いをぶつけてみまっす!

スポンサーリンク

アマゾンプライムビデオの、見放題で見れます!

アマゾンプライムって知ってますか?

プライム会員になると、プライム対象のビデオが無料で見放題なんです。

ガンダムシリーズも、映画版やOVAを覗いたTVシリーズがプライム対象になってます!

アマゾンプライム 公式サイトはコチラ

プライムビデオは、時期により対象が変わります。2016/12 現在は、ガンダムシリーズは見放題です!

アマゾンプライムは、ビデオ以外にも多くのサービスが利用できます。

別記事にもまとめてますので、コチラもぜひどうぞ!

kero-icon
プライム会員、ホントオススメですよ!

【amazon プライム 会員で】 7つの特典が、アナタの心の隙間をお埋めします[無料お試し期間あり]
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) amazon プライム・・・、ご存知ですか? ...

今回のGガンダムも、プライムビデオで視聴しました!

私とGガンダムとの出会い

元々、スーパーロボット大戦が好きだったんですね。

確か、新スーパーロボット大戦スーパーロボット大戦Fが初登場だったのではないでしょうか?

とにかく運動性能は高いし、攻撃力も高い。

切込隊長のダンバインと同様に、お気に入りのキャラクターでした。

kero-icon
ただ、原作は観たことがなかったのです

ガンダムシリーズが見放題だったので

そう、アマゾンプライムでガンダムシリーズが見放題だったのです。

これを機に、ファーストガンダムから見始めたのでした。

その内容は、別記事でもまとめてます!

ガンダム視聴レビュー・まとめ

で、その流れで、

Vガンダムを見終わった直後にGガンダムを見始めました。

スーパーロボット大戦で、何となくのストーリー・ノリは知っていたハズですが、

それでも言わざるを得ない。

kero-icon
何だコレは・・・

と。

コレまでのガンダムシリーズと異なる部分

ガンダムシリーズではありますけど、ストーリーはこれまでと一切つながりがありません。

主人公たちが登場する機体こそガンダムですが、ニュータイプも出てこないのです。

そもそもワタクシは、スーパロボット大戦で言うところの「スーパーロボット系」が好きなのです。

必殺技を叫んだり、機体との人馬一体感だったり、ピンチの時にここぞ!というタイミングで好転したり。

Gガンダムは、ハッキリ言ってこのスーパーロボット系に近いです。

それでは、これまでのガンダムシリーズとは異なる「激アツ」の部分について、語っていきましょう!

主人公は猪突猛進

ニュータイプはそもそも、当初は心を閉ざし気味なんですよね。

ジュドーはけっこうオープンなんですけど。

あと、主語か述語が欠けてるんです。

見える!
kero-icon
(何が!?)
そこっ!
kero-icon
(どこ!?)
いってしまえぇー!
kero-icon
(どちらまでー!?)

あと、ニュータイプは、超能力者という具体的な描写はないですが、心と心を通わせることができるのです。

もし、ツマと私がニュータイプだったら・・・こんなやりとりができるのかもしれない

・・・
kero-icon
・・・

(シャンシャンシャン・・・)※ニュータイプの効果音

・・・昨日の夜、私のクッキーを勝手に食べたね?
・・・ゴメンナサイ

しかし!

Gガンダム主人公のドモンは違います!

話もそこそこに、

ガンダムファイトーッ!
kero-icon
レディー・・・
ゴォーッ!

拳と拳で語り合うのです。

まぁ、今までのガンダムシリーズでもありましたけどね。

父さんにもぶたれたことがなかったり、これが若さだったり・・・。

師匠の存在

どのガンダムシリーズでも、ライバルは存在するのですが、師匠はいませんでした。

でも、Gガンダムにはいます。

それが、マスターアジア! 東方不敗!

物語の核となる人物であり、全ての存在感を飲み込んでしまう、強烈なキャラクターですね。 超級覇王電影弾はあまりにも衝撃的。

主人公ドモンは武闘家なのですが、その師匠が東方不敗なのです。 ドモンにとっては父とも呼べる存在でしょう。

kero-icon
答えろ、ドモォン!
流派、東方不敗は!
王者の風よ!
kero-icon
全新系裂!
天破侠乱!
kero-icon
見よ! 東方は、赤く燃えているー!
見よ! 東方は、赤く燃えているー!

これが、挨拶代わりなのです。 なんと濃い・・・

必殺技の存在

これまでのガンダムシリーズにも、敵を一撃で仕留められるような一撃必殺の武器はありました。

例えば、Zガンダムのハイメガランチャーだったり、ZZのハイメガキャノンだったり、Vガンダムの光の翼だったり

しかし、これは「必殺の技」とは呼べません。

なぜなら・・・

kero-icon
叫ばないから!

シャイニングガンダム:シャイニングフィンガー

必殺技もさることながら、それを繰り出す前の前口上も激アツです!

そして、技を繰り出す前に機体のフォルムがちょっと変わるんですよ。

あの「もう本気出す!」感もいい・・・

オレのこの手が光ってうなる!
オマエを倒せと輝き叫ぶっ!
砕け! ひっっさつ!
シャァーイニングーッ、フィンッガァーーー!!!
うぉー!

シャイニングガンダム(スーパーモード):シャイニングフィンガーソード

明鏡止水に目覚めることで、シャイニングガンダムがスーパーモードになります。

百歩譲って、機体が金ピカになるのはテクノロジーで説明できますが、搭乗者のドモンまで金ピカになります。

超サイヤ人でさえ、髪の毛だけなのに。

明鏡止水に目覚める前の、怒りで発動させたスーパーモードもカッチョいいですけどね!

ドモンの鬼気迫る感じがすごい。

オレのこの手が光ってうなる!
オマエを倒せと輝き叫ぶっ!
くらえ!
愛と、怒りと、かーなしみのー!
シャァーイニングーッ、フィンッガァーソォーーーッド!!!
メン、メン、メェーーーン!!
うぉー!

ゴッドガンダム:爆熱ゴッドフィンガー

シャイニングガンダムの魂が引き継がれた、ドモンの新しい愛機、「ゴッドガンダム」の必殺技です。

この必殺技を使えるのは、ゴッドガンダム・ノーベルガンダム・加藤鷹だけでしょう。

また、トドメの際に、背面のエネルギーを開放する「ヒートエンド」の一言もカッチョエエ。。。

キングオブハート!
オレのこの手が真っ赤に燃えるぅ!
勝利を掴めと、とどろき叫ぶっ!
ばぁーーーくねつ、ゴッド、フィンッガァーーー!!!
ヒィート、エンドッ!

ゴッドガンダム:石破天驚拳(石破天驚ゴッドフィンガー)

師匠である東方不敗から伝授された、流派東方不敗の最終奥義です。

両手にエネルギーを貯めこんで発射する様は、まるでカメハメ波のよう。

特に、東方不敗との最後の戦いで放った石破天驚ゴッドフィンガーは、最強に「激アツ」なのです。

必殺技を放つ前の前口上も、とにかく長い、長いからこそアツい!

流派っ!東方不敗の名の元に!
オレのこの手が真っ赤に燃えるぅ!
勝利を掴めと、とどろき叫ぶっ!
石破! 天驚、ゴーーッド、フィンガァー!
ヒィート、エンドッ!

必殺技専用BGMもアツい!

宇宙刑事シリーズ、好きなんですよね。

何が好きって、やっぱりトドメの必殺技でしょう。

その時に専用BGMが流れるんですよね。

ギャバンが「レーザー、ブレード!」と叫んだ時から、重厚な専用BGMが流れます。

これが非常にアツい!

kero-icon
(キタキター!)

もう興奮度MAXです。

これがGガンダムであるのです。 必殺技の前口上が始まる時から。・・・アツいです!

シャイニングガンダムの時と、ゴッドガンダムの時とで違います。どちらも良いのですが、ゴッドガンダムの方がアツいですね!

王道ストーリーと、濃いキャラクターたち

最初の方は、コミカルな展開も多いのですが、シュバルツから明鏡止水の教えを請う辺りから、ストーリーが少しずつ重くなってきます。

ストーリーにしても、アツい展開・王道が詰まってます!

今日の敵は明日の友

当初のストーリーの軸は、「ガンダムファイト優勝を目指す」ことです。

ガンダムファイトに優勝すれば、いわば世界の実験を握れるわけですが、ドモンは個人的な理由から必ず優勝せねばなりません。

対戦相手は全て敵なわけですが、拳を交えることで友情が芽生えるわけですね!

夕日差し込む河原で、ケンカをしてた二人が、

「オマエ・・・、中々やるな」

「ふっ、オマエこそな」

という王道的展開なのです。 アツいよね。

新型機はピンチに登場

これまでのガンダムシリーズだと、

「新型来たぞ」

「はーい」

ぐらいのノリなんですよ。

違う・・・。そうじゃない!

新型機はなぁ・・・、新型機はなぁ!

kero-icon
主人公がピンチの時に投入されるもんなんだよ!

・・・Gガンダムも正にその展開なのです。

デビルガンダムとマスターガンダムで、傷ついてくシャイニングガンダムとドモン。

(このままでは・・・)

大ピンチのその時・・・、新型機ゴッドガンダムが投入されるのです!

このじれったさやハラハラがたまらない。

そして・・・、乗り換えの時にもドラマが・・・

感情の無いロボットと心通う瞬間

戦闘中に機体を乗り換えるわけですから・・・、そりゃあもうスキだらけ!

これまで共に戦ってきたシャイニングガンダムから降りるドモンも、苦渋の決断でした。

そして、ゴッドガンダムに登場した時、敵からの攻撃が!

まだ動くことの出来ないゴッドガンダムとドモン、大ピンチ!

その時!

誰も乗っていない、動くはずのないシャイニングガンダムが、ゴッドガンダムの前に立ち、その身を挺してドモンを守ったのです。

(本当はレインが遠隔操作してたんですけど)

この、感情を通わせることが出来ないはずのロボットが、あたかも主人公を守るように動き出す展開・・・

kero-icon
ワタシ・・・、大好物なんです

なんかもう、震えます。

しかもですね、その後の展開もアツいのです。

引き継がれる魂

起動直後でうまく動けないゴッドガンダム。

それもそのはず、これまでの戦闘データなど、蓄積した情報が無いためです。

またしても、

(このままでは・・・)

な状態に陥るわけですが、そこへ近づいてきたのが(レインが遠隔操作している)シャイニングガンダム。

その身はボロボロです。

その時、シャイニングガンダムとゴッドガンダムが手を合わせます。

なんと!

その手を通じて、データ移行が行われるのです。

『ありがとうシャイニングガンダム! オマエの魂は、このゴッドガンダムと、オレの中で生き続ける!』

みたいなことを言うわけですよ。

kero-icon
正直泣いた・・・

命をかけて、主人公を先へ進ませる仲間たち

最初は敵だったが、拳を間違えることで、友となった仲間たち。

ドモンの宿敵、デビルガンダムと戦うため集まるわけですが、そこは敵の幹部たちが邪魔しにくるわけですね。

『ドモン、ここは俺達にまかせて先へいけ!』

お前たちを置いて行けるか! とドモンは食い下がるのですが、

『なに、あんなヤツはさっさと片付けて後からいくぜ!』

みたいなことを言って、なんとかドモンを先へ行かせるわけですね。

でも、これは強がりで、死を覚悟してドモンを先へ行かせたわけです。かつては敵だったのに!

kero-icon
いや・・・、もう、ダメだ。 アツすぎる

先へ進むドモンの後方で起きる大きな爆発。

とっさに脚を止めるドモン・・・。

しかし、ここで戻るわけには行かない。 先へ行かせてくれた仲間たちのために。

(みんな・・・、死ぬなよ!)

ドモンは先へ急ぐのです。

大切な人との別れ

ドモンの宿敵であったはずの兄。

実は、ドモンはニセの情報でだまされていたのです。

そう兄自身も必死に戦っていたのでした。

『ドモン、私も辛かったぞ!』

『兄さん、あんた兄さんだー!』

kero-icon
せっかく出会えたのに・・・

デビルガンダムを倒すため、ドモンは最後の一撃を放つのです。

キョウジ・シュバルツの最後の一言。

『ドモン、ありがとう』

kero-icon
いやもう、涙が止まらん・・・

そして、マスターアジアとの最後の戦いで、なんとか勝利を納めるドモン。

しかし、東方不敗の本当の悲しみに触れ、悲しい結末に涙を流すのです。

マスターアジアの言葉、

『おまえがガンダムファイターにならなければ・・・』

本懐を遂げることができなかった未練ともとれますが、子供同然のドモンと戦いたくなかったというリアルな言葉なのでしょう。

kero-icon
最後の怒涛の展開は、もう本当に涙なしでは見れません・・・

エンディングも・・・良かった

そうして、最後まで視聴しましたけど、ラストバトルも良かったわぁ。

ドモンの最後の必殺技も、もう色んな意味で激アツですわ。

エンディングも良かったです。

Zガンダムのような、心をズバッと切られる終わり方も良いのですが、Gガンダムはいかにも大円団って感じで良かったです。

従来のガンダムシリーズとは、大きく逸脱した展開ですが、スーパーロボット系やヒーロー物がスキな人には大好物な展開が満載です。

アマゾンプライムなら現状ガンダムシリーズが見放題対象なので、ガッツリ見るならプライムが絶対オトクです!

アマゾンプライム 公式サイトはコチラ

kero-icon
いやもうこれ、ほんと面白かった

またスパロボやりたくなったな・・・