【GIMPで画像編集】ぼかしで一眼レフっぽく!加工で写真が面白い。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

最近、GIMPの画像編集にハマっております。

というわけで今回は、一眼レフっぽいボカシに挑戦です!

あの遠近感・立体感を感じるボカシ。被写体の存在感を感じるボカシ。思春期の思い出ボカシ。

それでは、レッツGIMP!

スポンサーリンク

使用環境

私はOSにLinuxのUbuntuを利用しています。GIMPの動作は、Windows版とほぼ一緒です。

GIMP(Windows版)はこちら → GIMP – 窓の杜ライブラリ

Ubuntuならソフトウェアセンターからインストール!

適当な画像を準備

さて、GIMPに読み込んだるは、こちらの画像。

右が手前で左が奥。カエルよりウサギの方が大きいのでちょっと分かりにくいんですが・・・逆に配置すれば良かったな。

ichiga-1

ボカシ加工しよう!

レイヤーの複製

メニューバーから、

[レイヤー]ー[レイヤーの複製]

を選択します。すると・・・レイヤーがコピーできます。

ichigan-2

ボカシ加工

このコピーレイヤーに対して、ボカシ加工します。

[フィルター]ー[ぼかし]ー[ガウスぼかし]

ぼかす具合は、プレビュー画面を見ながらお好みで。今回は「21」にしました。

ichigan-3

すると、全体がボケた写真になります。

ichigan-4

アルファチャンネルの追加

コピーレイヤーが選択されている状態で、アルファチャンネルを追加します。

[レイヤー]ー[透明部分]ー[アルファチャンネルの追加]

ichigan-5

レイヤーマスクの追加

コピーレイヤーが選択されている状態で、レイヤーマスクを追加します。

[レイヤー]ー[レイヤーマスク]ー[レイヤーマスクの追加]

必ず、完全不透明(白)を選択してください。

ichigan-6

すると、コピーレイヤーの隣に白い四角が表示されます。

ichigan-7

ブレンドでグラデーション

ボカシにグラデーションをつけます。

これは、手前はボカシをゼロにして、奥に行くほどボカシが強くなるようにする設定です。

先程追加した、レイヤーマスクの白い四角をクリックして選択状態にしておきます。そして・・・

[ツール]ー[描画ツール]ー[ブレンド]

を選択したら、写真の手前から奥にドラッグをします。今回は、右が手前なので、左へグーッとドラッグして引っ張ります。

すると、右のボカシが弱まります。

ichigan-8

ボカシの調整

ここからは、微調整です。必要に応じてお好みで。

手前のカエルはボカシを消す

一番手前のカエルは、ボカシを除去しておきます。コピーレイヤーの画像を選択して、

[ツール]ー[描画ツール]ー[消しゴム]

を選択し、カエルのボカシを消します。

ichigan-9

カエルがくっきりしました。

ウサギのボカシはちょっと残す

真ん中のウサギは、微妙にボカシを残します。

消しゴムを選択している状態で、ツールオプションから

  • 不透明度 : 40(透明度40パーセント)
  • ブラシ : Hardness 075

として、ウサギの右半分のボカシを消します。

数値や消し方はお好みで。そうすれば・・・

出来上がり!

はい! これで完成です!

それでは、before / after してみましょう

BEFORE

ichiga-1

AFTER

ichigan-10

いかがでしょう?

劇的な違いはありませんが、奥側がふわっとボカシが効いてます!

風景ならもっと分かりやすかったかもしれない・・・。

GIMPを始め、画像編集ソフトは色々な遊びができるから、楽しいですね!

最後にUbuntuの応援

フリーソフトでこんなに遊べるGIMPは、面白い!

そしてLinuxも面白いですよ。Windowsからいきなり乗り換えは難しいですが、セカンドPCにLinuxで遊ぶのも楽しいですよ。

Officeと同等の機能を持ったソフトなど、充実しておりますしフリーです。

もし興味がれば、ぜひUbuntuに触ってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ