GIMPの画像切り抜き方法。使い方は簡単! 気合があればできます!

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

何か写真を撮った時に、一部分だけ使いたいな、と思うことはないですか?

「切り抜きたいけど、、特別な技術やソフトがいるんでしょ?」

私もそう思ってたんですが、そんなことはありません!

フリーソフトと気合があれば、画像の切り抜きは可能です!

それでは実際に切り抜いて行きましょう。

スポンサーリンク

使用するソフト

画像編集のフリーソフト「GIMP」を使用します。私はUbuntuを使用しているのですが、Windows版でも同様の動作です。

Windows版はこちら / GIMP – 窓の杜ライブラリ

Ubuntuの場合は、「ソフトウェアセンター」からインストールしちゃいましょう。

ちなみに、文字の縁取りも行ってます。

GIMPで文字の縁取りを。テキストを背景より強調加工する使い方。
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 画像に文字を挿入するのは、そんなに難しくないのです。 でも、背景の色...

使用する素材

自分のプロフィール画像のカエルを、切り抜いてみます。

IMG_4378

それでは実際に切り抜いていきましょう!

画像切り抜き

前景抽出選択で大雑把に

メニューバーより、[ツール]ー[選択ツール]ー[前景抽出選択]を選択します。

ドラッグしながら、画像の周りを大雑把に囲んでいきます。または、クリックしながら線で結んで行きます。

私は、ドラッグしながらだとズレそうなので、チョンチョンとクリックしながら、周りを囲んでいきました。

kirinuki-1

最後は、始点と終点を結んであげます。

すると、背景の部分が青色に区切られます。

kirinuki-2

切り抜く本体は少し丁寧に

続いては、切り抜く部分を認識させる処理です。

まだ大雑把でも良いのですが、さっきよりは丁寧に行うように心がけましょう。

切り抜く本体をドラッグしながら塗りつぶしていきます。途中でマウスから手を離してしまうと、処理が次に進んでしまうので、一気にやっちゃいましょう!

少々はみ出ても、微調整をしていくので大丈夫です。

kirinuki-3

ここまで出来たら、画像はこんな感じになってるはずです。

kirinuki-4

次から、境目の微調整を行っていきます。

画像を大きくして微調整

ここからの作業は、気合です。

まずは、微調整がしやすいように、画像を大きく表示させます。エディタ下部の表示パーセントを、400パーセントぐらいにしましょう。大きさはお好みで。

kirinuki-5

すると、境目の部分が大きく確認できますので、ここを調整していきます。

Screenshot from 2016-05-14 10:56:48

ツールオプションダイアログで、前景部分(切り抜く本体)と背景部分を切り替えながら、境目を調整していきます。

必要に応じて、境界をぼかすようにしましょう。私は、素人技術をごまかすために、ぼかしをチェックしときました。

Screenshot from 2016-05-14 10:54:55

後はひたすらこの作業の繰り返しです。

気合だ、気合だ、気合だーーーー!

境目の確定

本体と背景の境目調整が出来たら、Enterを押下します。境目の抜けはないですね?

それでは、ポチッとな!

Screenshot from 2016-05-14 11:18:38

え? 切り抜けてない?

はい。そうです。まだ「境目の選択」をしただけなので、切り抜きはできておりません。

切り抜く本体周りに点線が確認できるでしょうか?これは今、本体が選択されております。

不必要な部分は背景なので、選択範囲の反転を行いましょう。

選択範囲の反転

ツールバーから、

[選択]ー[選択範囲の反転]

をクリック!

Screenshot from 2016-05-14 11:18:57

はい。分かりにくいですね。

画像なので動きがないですが、実際には切り抜く本体周りと、背景外周の4辺が選択されており、点線がチカチカしています。

これで背景が選択されました。

背景の削除

さぁ、今までの苦労が報われる時がきます。Deleteボタンを押下しましょう。

ポチッとな。

Screenshot from 2016-05-14 11:41:34

やったー! 本体の切り抜きができました!

背景を透明に

さて、切り抜いた本体ですが、、、他の画像と合成したいですよね?

そもそも切り抜く目的って、その合成のためだと思うんです。

今のままだと、背景が「白色」なので合成することができません。なので、この背景を「透明」にしましょう!

ツールバーから、[レイヤー]ー[透明部分]ー[アルファチャンネルの追加]を選択します。

チャンネルダイアログを見てみると、「アルファ」が追加されてます。

Screenshot from 2016-05-14 11:46:00

この状態で、再度「Delete」をポチッとな!

Screenshot from 2016-05-14 11:24:12

はい! できました!

GIMPでは、透明部分をグレーチェックで表記してますので、背景が透明になってます。

手順はいくらかこなさないとダメですが、気合さえあればできます。後はこれをPNG形式で保存しときましょう。

使用例:合成してみました。

前に作った記事のアイキャッチですが、合成してみるとこんな感じです。

sunset-1331088_640-1

ちなみに記事はこちらです。

萎えるな、折れるな、モチベーション!奮い立たせるこの1曲【ザ・マイスター:B'z】
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 勢い込んで何かを始める時、人は必ず壁にぶち当たります。それは仕事だったり、...

境界をぼやかしているので、境目がフワフワしてますね。これはお好みで調整してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

私のPC環境は、Ubuntuと呼ばれるLinuxOSを使用しています。

WindowsXPの終了以降、Ubuntuに乗り換えていますが、このOSには、Windowsにはない楽しさがあります!

画像編集を始め、WordやExcelと同等のソフトも充実してます。しかもフリー。

興味があれば、ぜひUbuntuに触れてみて下さい。楽しいですよ!