それで個人情報やセキュリティは大丈夫なのか・・・未だにXPなんて

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。

先日、Windows XP に関する記事を掲載したのですが、企業でも未だにXPが利用されているようです。

個人で使うのなら各々の責任ですが、企業で使われているのは大丈夫なのかと思ってしまいます。

スポンサーリンク

個人情報やセキュリティは・・・

重大なセキュリティホールがあっても更新されない

マイクロソフトは2014年4月で、WindowsXPのサポートを終了しております。

現在は7, 8, 8.1の中で、Windows10が現状、「無償ダウンロード」を提供しています。

繋がっていれば危ないのでは・・・?

例え、「インターネットには繋がっていない」とか、「そのPCでは個人情報を扱っていない」としても社内ネットワークに繋がっているのならば、アクセスする経路があるわけです。

私は、趣味でPCを触るので、普通にインターネットをしているだけの方よりは知識があります。
しかし、核心に迫る知識は持ちあわせていません。

そういう中途半端な知識なので、怖い想像をしてしまうのです。

例えば、インターネット上から社内ネットワークに入り込んで、そのXPマシンになりすます。
そして、個人情報を保管しているサーバ等に社内ネットワークを通じて侵入してくることも・・・ないのかな。

経路上にフィルターとかドアに鍵を掛けてても、開けられる人はいるんだろうと思います。
物理的にLANケーブルが刺さってない、完全オフラインなら問題ないんでしょうが・・・仕事で使っててそれはないかなぁ。

高らかに宣言されても

個人情報の取り扱いの注意書きに、「この目的以外には使用しません」とか宣言されてますけど、本当に大丈夫か?と思ってしまいます。

個人利用なら良いと思うのですが

私もしばらく使っていました

但し、完全オフラインです。
XPの終了を機に、LinuxのUbuntuに乗り換えたのですが、慣れるまではしばらくは、XPをオフライン上で使用していました。
徐々にUbuntuに移行して、もう使用はしておりません。

もし壊れてしまったら

個人なら自分がガッカリするだけど済みますけど、業務上に必要なデータが消失、もしくは起動不可で取り出せないとなったらガッカリでは済みません。

ちなみに、UbuntuやLinuxMint等では、ライブ起動というものがありまして、Windowsが起動する前にディスク上のUbuntuを起動して、そのUbuntu上から必要なデータを取り出しておく、ということもできるそうです。
※ 電源も入らないような状態では無理です。

私はそんな状況になったことないので、やったことないんですが・・・

もう一つちなみに、Windows から Ubuntu へのデータ移行は、Windowsマシンのデータ保存用のHDDを、そのままUbuntuマシンへ追加しました。
ファイル形式が違うので、正攻法かは分かりませんが、一応問題なく使えています。

予算はあるのでしょうけど

そんなに突然サポート終了が発表されたわけではないので、早めに対応を行っておけば良かったはずです。

常に最新バージョンにするのは難しいでしょうが、少なくともメーカーがサポート終了したソフトで業務を継続していくのは、どこかで取り返しがつかなくなるような気がします。