それはラジオから、ふいにグッときた歌 【恋しくて:BEGIN】

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

普段ラジオは聞かないんですけど、作業中のラジオって、なんかこう耳を奪われてしまうんですよね。

いや、決して手を抜いて作業しているわけではないんですが、なんかこう聞き入ってしまうのです。

そんな時に、不意に流れてきた歌が・・・

スポンサーリンク

恋しくて

静かなゆったりとした曲調の中に、透明感と芯のある声でした。

なんか、すっごいグッとくる歌じゃなー、と心を奪われてしまいました。

流し聞きをしていたので、アーティスト名は分からず、聞こえたのは「恋しくて」というタイトル名。

忘れないように「恋しくて恋しくて恋しくて・・・」とブツブツ連呼。

BEGINの歌でした

あんまり聞いたことなかったんですが、後で調べてみたらBEGINでした。
しかも、ツマのiTunesに入っていました。

なーんか聞いたことあるような気がしたんよ。

ツマからは「え〜、今さら〜」とニヤニヤ・ドヤ顔で言われながらも、歌詞を見ながらじっくり聞いてみました。

最初のゆっくりした感じから、サビへの盛り上がり・その抑揚がいいですね。
こう、後悔と迷いの感じとかが、なんとなく心に来ます。

離れて気づく気持ち

歌詞と曲調からの私の勝手な想像なんですが、

—–
本当にお互いがお互いを想う二人だったのに、小さな気持ちのズレが少しずつ大きくなっていく。

素直な一言を伝えることができれば、受け入れてくれたのに。
最後まで伝えることはできなかった。
もう戻れない。どんなに後悔しても。

伝えられなかった。たった一言「好き」という言葉を。
—–

ってな感じでしょうか。
そんな情景を思い浮かべながら、聞いてるとすごい胸に刺さるんですよ。

イメージでは女性なんですが、この方はまだ後悔の中で立ち上がれないように思います。

でもいつか、この心に刺さった刺が、少しずつ小さくなっていくような時間や出会いが・・・きっとある。

発売当初は子供でした

Wikiで何時頃に発売してたのか調べてみたら1989年でした。
まだ運動場を走り回ってた頃ですなぁ。

歌を聴いてもさっぱり意味がわからんことでしょう。

そうそう、昔聴いてた歌を今になって聴くと、歌詞の意味やニュアンスが分かって新しい発見があるのも楽しいです。

例えば子供の頃、親が「天城越え」を良く聴いてたんですけど、大人になって聴いてみたら、冒頭のフレーズはゾクッとするわなぁ。

いや、それにしても「恋しくて」は良いですね。
SDに入れて、クルマの中で聴こう。

関連記事

【歌ってみたvol1】ジョイサウンドのうたスキに動画の投稿、簡単でした。ニコニコ動画にも。
こんにちは!ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 先日、「ひとりカラオケ」デビューしました。 前から一人...
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ