『TV を録画するなら?』 ブルーレイレコーダーを選ぶ 3つのポイント! 「DIGA DMR-BRW510」に決定

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

見たいテレビ番組が、同時間帯で被ってしまったら・・・、

レコーダーで録画しますよね?

さて今回は、そんなHDDレコーダーの話です。

義理実家から

「テレビ番組録画したいんだけど・・・何にしたら良いかな?」

と相談がありました。

家電には疎いなので、私に見立てて欲しいとのこと。

お父さんもお母さんも、機械が苦手なんよね
kero-icon
(ツマのメカオンチは遺伝だったのか・・・)

・・・よござんす。 見立てましょうとも。 普段からお世話になってますしね。

というわけで、色々調べてみたのです。

そして、私が選んだHDDレコーダーとは!?

いや、タイトルにガッツリ書いてありますがな

スポンサーリンク

まず確認しておくこと

「テレビの録画」が目的なら、まずはテレビを確認しましょう。

なぜなら、テレビに録画機能が付いているかもしれないから!

もし録画機能が付いているなら、外付けHDDを取り付ければ、それだけでもう録画ができるのです。

まさかなぁ、とは思いましたが、ツマのメカオンチから察するに、

kero-icon
(もしかしたら、録画機能付いてんじゃねぇのか・・・?)

と気になったので確認してみましたが、録画機能は付いてませんでした。

kero-icon
・・・良かった
(良かった、って言うのも失礼じゃないか・・・)

ちなみに、シングルチューナーはやめとけ、という話

話はそれますが、我が家のテレビは、

録画機能が付いてる、シングルチューナーのテレビなんですよ。

ここは蛇足なので、興味ない人はこのリンクからすっ飛ばしてください。

当時テレビを買う時に、録画のことは全然頭になかったんですね。

で、在庫処分とかで安かったんです。

店員さんと話もしてたんですが、「録画機能もついてる」とのことで、こりゃ便利! と思って買ったんです。

今にして思えば、店員さんが「でもシングルチューナーなんですよ」と色々説明してくれたのですが、私の耳はもう右から左。

「録画もできる」という部分だけを認識して、このテレビを買ったのです。

さて、当時は「野田ともうします。」というEテレの番組が大好きで、コレを録画しつつ別の番組を見ようとしていたのです。

で、録画の時間になったら・・・

チャンネルが・・・、

Eテレになるんですよ。 「野田ともうします。」が始まるんですよ!

kero-icon
そりゃそうだ! だって、シングルチューナーなんだから!

シングルチューナーは、その名の通り、チューナーが1つしかないんです。HDDレコーダーならシングルでも問題ないんですけどね。

テレビだと問題有りです。

つまり録画に使っている「野田ともうします。」がチューナーを使っているから、自動的にこのチャンネルに切り替わったのです。

この場合だと、録画用と別番組を見るために2チューナーが必要になりますね。

録画はオマケ・・・ぐらいに思っていたのですが、イザ使えないとなるとショック・・・。

というわけで、録画機能の付いたテレビを買うなら、

kero-icon
シングルチューナーはやめとけ!

という話でした。(今でもシングルチューナーあるのかな・・・)

レコーダーを選ぶ 3つのポイント

色々と細かい点はあるでしょうが、大きなポイントは以下の3つです。

1.チューナー数

番組の同時録画に影響します。

例えば、録画したい裏番組が1つであれば問題ないですが、同時間帯に録画番組が2つ以上あるのであれば、その分チューナーも必要になるのです。

チューナーに関しては、後から追加するようなことはできないので、慎重に選びましょう。

義理実家に確認したところ、裏番組を1つ録画できれば十分とのことなので、チューナー数は考慮しないことにしました。

2.録画用のHDD容量

どれだけ番組を録画できるかは、HDDの容量次第です。

容量が大きくなれば、当然レコーダーも割高になっていくので、ケースバイケースですね。

パナソニックのホームページによると、ベーシックモデルでは500GBが主流のようで、録画時間の目安は、およそ63時間です。

レコーダー ラインアップ | パナソニック公式サイトへ

ちなみに、HDDは追加できます。(機種の適合による)

容量が足りなくなったら、外付けHDDを接続すれば良いので、そこまで考慮しなくても良いです。

ただまぁ、外付けHDDの分、スペースはとりますよね。

あと、配線も増えるので、見た目が気になる人は考慮しといた方が良いかも・・・。

3.ブルーレイの有無

DVDは付いてて当たり前。

ブルーレイも、ほとんど対応してますが、値段重視のレコーダーだとブルーレイに対応していない場合もあります。

ブルーレイを再生したい場合には、ちゃんと確認しときましょう。

パナソニックのラインアップは、全て対応してます

ちなみに、ブルーレイを重視するなら、パナソニックはオススメです。

なんせカーナビでも対応してるぐらいですから、ブルーレイに力入れてます。

私が選んだブルーレイレコーダーは・・・

それは・・・、コチラ!

「DIGA DMR-BRW510」になります。

一世代古いモデルにはなりますが、機能として必要十分!

特徴をカンタンにまとめるとこんな感じです。

DMR-BRW510 の特徴
  • ブルーレイが見れる
  • 容量は500GB 多いとは言えないが、必要十分
  • 外付けUSBに対応しているので、足りない時は追加できる
  • 2チューナーなので、同時間帯の番組を2つ録画できる
  • 外からどこでもスマホで視聴(メディアアクセス)

ちなみに、後継機は「DMR-BRW520」になります。

上に挙げた特徴は一緒なので、これから購入する何らコッチですね!

詳しくは、メーカーホームページも確認してみてください

BRW520 | パナソニック公式サイトへ

早速、取り付け!

ではでは、恭しく開封。

ちなみに、右上のHDMIコードは別途購入したものです。

kero-icon
だって・・・、HDMIコードが同梱されてないんだもーん

同梱してくれててもいいのにな・・・。

必要な場合は、予め準備しときましょう。

それにしても、こういう電化製品を開封するのって・・・ワクワクしますな。

好奇心旺盛な2歳の息子が、私の前に陣取るわけだよ。

それにしても・・・、

我が家はレコーダーないので、マジマジと見たことないんですけど、薄いし小さいですね。

配線を繋いで・・・、

初期設定をして・・・、と。

ナビゲーション通りにやればいいから、カンタンですね。

でけたー!

取り付け・設定はカンタンですね。

本体もちっちゃいから場所とらないし。

いーなー、コレ。 我が家も欲しい。 シングルチューナーだからな・・・

それにしても、

なんで B-CASカード を正面に付けるかな・・・。

出し入れすることなんか、無いでしょう。

我が家のテレビも、すぐ手の届くところに B-CASカード があるんですけど、息子が勝手に抜くんですよ・・・。

そのくせ、

あれ〜? カードは〜?

という1人ボケをするので、B-CASカードは、もう見えない位置にしてくれ・・・。

今回のまとめ: 評判は上々です

義理実家でしばらく使っているみたいですが、大変好評でお礼の言葉を頂きました。

選んだ甲斐があったというものよのう・・・。

それでは今回の記事の内容を、カンタンにまとめてみましょう!

今回のまとめ

ブルーレイレコーダー・・・いいですね。

考えてみれば、最近、秘密のケンミンショー見てないんですよねぇ。

kero-icon
これをブルーレイレコーダーで録画しておけば、いつでも、はるみちゃんに・・・