ファッションセンスがダサいなら、選択すべき3つの対策。磨くな!委ねろ!パクれ!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

みなさん、ファッションセンスはお持ちですか?

私はありません。

きっと、ママンのおなかに忘れてきたんだと思います。妹は普通にセンスあるし。

この記事を読んでくれているアナタもきっと、そうなのでしょう。

分かります。えぇ、よく分かりますとも。

私も必死でした。

雑誌を読みあさり、自分のファッションセンスを磨きましたが、ことごとく打ちひしがれた過去があります。

何を隠そう尻隠そう。

私がダサいということに気づかせてくれたのは、ツマ(当時は彼女)だったのです。

「ダサい」は人に言われないと気づかない

ダサいセンスは、自分では気づきません。

普段着であれば、センスの有無に関わらず家の中で使用するものですから、それが公になることはありません。

最も恐ろしいのは、デートなど、当人が気合を入れて服をチョイスする時です。

気合を入れれば入れるほど、「ファッションセンス」からは逸脱した傾向に陥ります。

そしてそれに気づかないのです。

kero-icon
正にこれが、若かりし頃の私です

彼女(現ツマ)とのデート

気合い入りますよね!

当然。 そりゃあ良く見られたいですから、服装にも気合が入ります。

入れなきゃいいのに。

当時はビジュアル系全盛期。カッコイイと思った私もそれを、自分のファッションに取り入れます。

かなりネジ曲がった形で。

当時の私がデートに赴いた格好がこちら。

これが私のファッションセンスだ!
  • ビジネスシューズのような革靴
  • ビッグアメリカンショップで買った革パン
  • ゆめタウンで買ったワインレッドのテロテロ加工の襟が尖ったシャツ、を素肌に

あえて言いますが、当時私はこれが「イカす」と信じて疑いません。

そして、当時のツマの心境がこちら。

kero-icon
おまたせー!
usa-icon
(・・・コイツハ、ヤバイ)

そして告げられる言葉「ダサい」

当時はかなりオブラートに包んでくれましたが、はっきり言われました。

usa-icon
まぁダサい
kero-icon
oh・・・

はい。ここで初めて気づきました。

自分の格好が信念を持った服装であるならば、それを個性として突っ切れば良いです。

しかし、私は服に信念はありません。 無難が良いです。

ツマにコーディネイトしてもらう

それからと言うもの、服はツマに選んでもらうことにしました。

するとどうでしょう?直ぐに変化は訪れました。

友人: 『ケロケロ、最近センス良くなったなぁ 』

kero-icon
お、おう、まあね

・・・待てよ。良くなったってことは、前はダサいと思ってたんだな・・・。

センスは磨かれるのか?

そうして、彼女と結婚してツマになります。

その間ずっと服を見立ててもらってました。

私はその間、その着せられる服を自分なりに、学習しているつもりでした。

ケース1.夏ゆえに

お出かけ前は忙しいですよね。ツマはバタバタしてます。

usa-icon
ちょっと今忙しいけー、自分で服選んで着て
kero-icon
おー

ふっ。今までのオレと思うなよ。

もはやダサいのは昔の話。 オレは今、モーレツに熱血している!

さてと、

どれどれ・・・夏だからなぁ、涼し気な格好がいいだろうな。

奇をてらわず、無難ながらも遊び心・・・といったところでしょう!

ケロケロ 夏のオススメスタイル
  • 紺の短パン
  • 白いTシャツ
  • 麦わら帽子

よし!

kero-icon
着てきたよ!
usa-icon
・・・昆虫採集に行くみたい www
kero-icon
なんとー!

ケース2.リベンジ

誰が「ファーブル昆虫記」だ!

そうか! 白いTシャツが子供っぽいのか! ・・・だ。赤Tだ! 情熱の赤だ! はカッコイイ!(思い込み)

kero-icon
着てきたよ!
usa-icon
・・・海賊王になりたいの?
kero-icon
なんとー!
usa-icon
あ、ダサダサの実の能力者、ケロケロさんだ
kero-icon
そんな能力者がおるとですか・・・

センスは委ねよう

もちろん磨けば光る方もいるでしょう。

しかし、私には無理らしい。 服への信念も無いし。

ならもう人に任せた方が良いです。

ツマは服を選ぶのは楽しいらしく、喜々としてやってます。

usa-icon
(夫の服を買いに行こう、という事で私も服を見に行ける。けけっ)

なんてこと考えているかもしれないけど・・・ ※ 私の想像です

ツマは楽しい、私は助かる。 これ正に、ウィンウィン。

ファッションレンタルサービス:leeap

若かりし当時、こんなサービスがあったらどんなに良かったことでしょう。

[leeap]というファッションレンタルサービスがあります。あらまぁ画期的。

有料で、プロのスタイリストに服を選んでもらえます

そう、プロに!

kero-icon
選んでもらえるのも良いですが、プロのセンスを体感できるのも良いですね!

いい時代だなぁ。

付き合っている当時にこのサービスがあれば・・・。

現在の家庭内パワーバランスも少しは違ったかもしれない。 なんちて。

usa-icon
ほう

leeap 公式サイトはコチラ

今回のまとめ

  • 「ダサい」は自分じゃ気づかない(ことが多い)

大丈夫ですか? 間違ったビジュアル系になってませんか?

センスは磨く必要はないです。

任せちゃえばOK! 楽です。

もうダ・サイダーなんて呼ばせません。

取るべき行動は2つ!
  1. パートナーに選んでもらう!
  2. プロに選んでもらう! / [leeap]

もしくは、適当なショップでマネキンが着てるのを、そのままパクるというものありですね。あ、これ3つ目です。

kero-icon
でもそうなると、着回しができないんだよなぁ・・・

クリスマスやバレンタインデーにホワイトデー、デートの機会で、悪い意味のファッションモンスターになりませんように!

スポンサーリンク