滲み出る悪意。どんな言葉を並べても感じる、そこはかとない怖さ。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

ブログって楽しいです。

インターネットを見ていると、色んな情報が溢れています。

今まで、誰かのブログを読むってことほとんど無かったんですが、その楽しさを知ってからというもの、他の方のブログも良く拝見するんです。

色んな知識で視界を広げてくれる人、何気ない論点なのに自分とは全く違う考えを教えてくれる人、新しいことに挑戦しようと突っ走っている人、とか。

本当に色んな方がいて、色んな経験を語ってくれるのが面白い!

でも・・・

時々、目に入ってくる。ただただ、そこにある、悪意。

スポンサーリンク

感情を伝えるのが言葉

感情や意思を伝えるために、言葉や文字があるわけで。

特に言葉は感情が乗りやすいです。声色という言葉もあるぐらいですし。

文字は相手の表情も見えませんので、言葉より感情は伝わりにくいかもしれませんが、節々でその片鱗を感じます。

どんなに敬語を使っても

ちょっと私の話になっちゃうんですが、前職でとあるソフトウェアのサポート業務をしておりました。

運営中に何かトラブルが合った時に、メールでその解決に当たる仕事です。

やはり、トラブル時の対応ですから、相手方のメール内容はぶっきらぼうです。もちろん、敬語での文体ではあるんですが。

多くの方が、トラブル解決が最優先ですので、こちらの提案に迅速に対応してくれて、一緒に解決に向けて走ってくれます。

ただ・・・中には・・・

ぶつけられる悪意

直接言われたわけじゃないんですけど、節々にその感情が滲み出ているんです。

  • 早く解決しろよ
  • 使えないソフトに使えないサポートだな
  • その設定で解決するの?しなかったらどうするの?
  • あんた、責任とれるの?

とかですね。

トラブル解決には、原因の可能性を1つずつ潰していかなければならないので、何回か設定変更などを試してもらわないとダメなんです。

その結果によって、次にこれを試してほしいとか。

解決に向けて一緒に走ってくれる人に比べて、メールのやりとりがものすごく増えます。

結果、解決にも時間がかかってしまいます。

一緒に走ってくれる方はね、決して求めているわけじゃないんですが、

「ありがとう!助かった!」

って言ってくれることが、けっこうあります。これは本当に嬉しい。

感情がそうさせているのなら、まだ・・・

目の前にいる相手に、売り言葉に買い言葉なら、まだ分かります。

感情ある人間ですから、赴くままにぶつけてしまうことも。

私も・・・はい。やってしまいます。まぁ、犬も食いませんよ。夫婦げんかは。

上記のサポート業務の件も、トラブルでパニクった感情をぶつけられているとも考えられます。

淡々とした悪意

私はこれが、一番怖い。

ごくたまに目にするんです。

普通の文章です。感情に任せたような物言いはありません。

でも、そこにあるのは、「貶める」という意思。

自分が不利益を被っているわけではないのに、込められるその意思。

怖いもの見たさで読んでしまうんですが、ひとつも面白くない。

心に薄暗いものが、余韻に残ってしまいます。

まぁ、私の感じ方がオーバーなのかもしれません。ミジンコメンタルですから。

面白いブログは、表情を想像できる

面白いブログって、なんとなく相手の表情が 妄想 想像できるんです。

楽しくってニコニコしながら書いているのかなーとか、気合に満ち溢れたイキイキした顔で書いてんのかー、とか。

そう、相手を想像できるからこそ、面白いのかもしれませんね。

想像さえできない

悪意は・・・表情が想像できない。それが怖い。

じぶんの想像だから好きに出来るはずなのに。

  • 笑っているのか?
  • 眉間にシワを寄せて、口をつぐんでいるのか?
  • 目を見開いて、怒りをあらわにしているのか?
  • 表情なんてないのか?

最も恐ろしいのは悪意

悪意に過失はありません。

自分の意思を持って行う所業です。

「悪意」が、私の中でものすごく印象づけられているのは、この本のおかげ(?)なんです。

専ら、マンガはよく読みます。

その絵や、例えば映画など、具体的に目に映る画像に、恐怖を植え付けられることはあります。トイレに行けなくなったり、目をつぶってシャンプーできなくなったり。

でも・・・この東野圭吾の「悪意」は、震えました。

活字でこんなに怖かったことはありません。見た目の怖さじゃないんですよね・・・。

その内容、大切な人に見せられますか?

実はですね、私のブログ、熱狂的なファンがおるんですよ。

更新する度に感想をくれるんです。

・・・

ありがとう! ツマよ!

私も匿名アカウントという仮面をつけてますが、ツマは知っているので読んでくれてます。

一部のそういった書き込みを読んでて思うんですよ。

もし、これを書いているのが自分の家族・友人知人だとしたら、

なんか、悲しいなって。

人の振り見て我が振り直せ

でも、こういう負の感情は、とかく表に出やすいものです。

私も過去に、これで自己嫌悪に陥ったことがあります。あ、これ今度書こう。

その負の感情って、裏を返すと「憧れ」なんですよね。

気持ちを裏返すか、もしくはそのまま反骨心にして突っ走るかできれば、一番良いんですが。

「悪意」という落とし穴を掘って待っているところで、先を走る「憧れ」が、その落とし穴に落ちることはないでしょうから。

・・・

・・・ ・・・ なんか上手いこと言いたいんだな、ということだけは伝わってください。

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ