どうする? 赤ちゃんの抱き癖。 答えは『治す必要なし!』 サイレントベビーなんて悲しいから。

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

そこのパパ! イクメン、してますか? 私はしてますよ!(自称)イクメンです。

先日、友人と子育てトークをしてきました。

えぇ。ママだけじゃないですよ。

パパも子育てトークするんです。

はい。友人との今回のテーマは「抱き癖」です。それについて私が感じたことを書いてみます。

抱き癖とは?

一般的に抱き癖というと、赤ちゃんが泣いてしまった時に、必要以上に抱っこしてしまうことを言いますね。

(泣けば抱っこしてもらえるんだ。)

という癖がついてしまうというわけです。

甘えん坊になるとか、泣き虫になるとか。

そういった理由から、昔は「必要以上に抱っこしてはいけない」と言われていました。

抱きぐせはダメだと思ってた

私も友人も、子供ができるまでは、「抱き癖つけちゃダメだな」と認識してました。

正に上に書いたような理由です。甘えん坊とか泣き虫とか。

厳しく・・・とまでは言いませんが、いい大人のオッサンが抱っこばっかりしてたら、ちょっと過保護だろ、と。

kero-icon
まぁ、甘える担当はツマで、私らオットは厳格に対応しよう!

そう、厳格オヤジ協定が結ばれたのです。

早々の反故

はい。私です。

反故にしたのは。ごめんちゃい。

そりゃあ無理でしょう。こんなに可愛いんだから!

こっちから無理矢理抱っこはしませんが、両手を広げて「抱っこしてのポーズ」したら、高い高いして抱っこ!

ダッコ、ダッコw

先日なんか、「抱っこしてのポーズ」した時に、ちょっと意地悪して、私が体の向きを変えたんですよ。

そしたらすかさず私の正面にシュッと追随してきたんです。

ダッコー!

kero-icon
(こ・・・これはまるで、桜木花道のフンフンディフェンス!)

もしかしたら、抱き癖が転じて、恐ろしい才能を持ったディフェンスマシーンを育ててしまったのかもしれない。

そう、親バカは感じているのです。

協定を崩壊させる親バカ達

『あーあもう、親バカになってしもうたなぁ』

と言っていた友人にも子供が生まれて、立派なな親バカになりました。

うんうん。そうでしょう。そりゃそうなるよ。

こんなに可愛いんだから!

サイレントベビー

真面目な話をすると、いや、ふざけていたわけじゃないけど。

泣いている赤ちゃんを抱っこしないと、悪影響が出る場合があります。

それが、サイレントベビー

赤ちゃんが「泣いても意味がない」と、間違った認識を覚えてしまい、感情を表現しなくなるんですよ。

「笑わないし、泣かない」

赤ちゃんはまだ喋れないので、泣くことで自分を表現します。

でも、サイレントベビーは感情を表現しないので、そういった訴えをせず押し黙ってしまうのです。

一見すると、手の掛からない赤ちゃんとも思えますが・・・

kero-icon
泣いても意味がない
そう認識させてしまうなんて、こんなに悲しいことはないですよね。

抱き癖は悪くない!

甘えん坊に泣き虫も、抱きグセが原因でなるかも分からないのに。根拠のない迷信に近いです。

甘えん坊でも泣き虫でも、そうなる時はなるでしょう。でもそれは良いことじゃないかなぁ。

泣きたい時に泣いて、甘えたい時に甘えられるって、素晴らしいことです。

大人になるほど、段々それができなくなります。

むしろ私は大人になってもそうありたいと思います。

kero-icon
変な意地が邪魔して、色々吐き出せなくなるよりも

抱っこできるのも、今だけよ

今だけなんですよ。親に抱っこをせがんでくるのは。

そのうち口も聞かない、目も合わせないってなるもんね。・・・私もそうでしたから。ごめんちゃい。

ダッコー!

と、向こうからヨタヨタ走ってきて、胸に飛び込んでくるのも今だけ。

抱っこしなきゃ寝ないって、腕の中で寝てくれるのも今だけ。

だからいいじゃないか!ドンドン抱っこしよう! ドンと来い、抱き癖!

スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ
スポンサーリンク