日産:ノートEVを発表 レンジエクステンダーで航続距離が伸びテンダー

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

日産自動車より、今年の秋頃にノートのEVモデルが出るそうです。
マイナーチェンジのようで、電気自動車仕様が追加される、とのこと。

note_g04_b12_v02
[写真は現行ノート]

kero-icon
日産の主力小型車種と紹介されていましたが、マーチは大コケだからかなぁ。
スポンサーリンク

レンジエクステンダー搭載

電気自動車の不安要素として、最も言われるのが航続距離です。
次に充電するためのインフラ設備ですね。

ガス欠ならぬ電欠への恐怖が、イマイチ普及しない理由ではないでしょうか。
充電時間も長いし。

そこで注目されるのが、

レンジエクステンダー

です。これは発電用のエンジンになります。

現状のハイブリッドとは異なり、あくまで動力は電気によるモーター駆動で、レンジエクステンダーは発電によるバッテリーへの充電を行います。

これにより、航続距離がグッと伸びることになり、まさに電気自動車にはうってつけの技術になります。

kero-icon
今回、ノートにこの技術が搭載されるようです

台風の目になれるか?

レンジエクステンダー搭載のクルマは、国内では初と見られています。
電欠の不安から、電気自動車に二の足を踏んでいたユーザーには、大きな魅力となるでしょう!

特に今、日産の国内販売は元気がないので、このノートEVで流れが変わるかもしれません。

このクラスで言うと、アクアやフィットになりますが、どういう風にバチバチやり合うのか興味あります。

充電は結局必要になるでしょうが、航続距離が伸びれば遠出もできますし、レジャー用途も広がります。

ただ、これでEVが増えてくれば充電設備が不足するのは目に見えているので、会わせて設備の拡充が必要になるでしょう。

航続距離が伸びたから、ちょっと遠くへ遊びに行こう!
と思っても、充電待ちの行列ができてしまってはガッカリですからね。

EVへの興味

私自身は、EVへの興味はものすごく有ります。

その最たる部分は、

静粛性

です。
特に、EVであればハイブリッドのように突然ブルルーンってエンジンがかかることもないですし。

クルマでなるべく良い音聞きたい、ってことで当ブログでもDIYを試みていますので、静粛性は高めたいとは常々思っています。
エーモンの静音計画もやってみたい。

ロードノイズや風切音はありますが、エンジン音がなくなるだけでも随分違うのではないかと思います。
乗ったことないので、想像ですけどね・・・。

まとめ

電気自動車で一番怖いのが、やはり「電欠」なのですが、発電するレンジエクステンダーと電気自動車は最強タッグですね。

リーフに乗っている方に聞きましたが、モーターにはガソリンエンジンには無い「加速性」の魅力があるそうです。

静粛性も然ることながら、なんて気になる車・・・。

kero-icon
やっぱり気になるなぁ。レンジエクステンダー。