美味すぎ。青森名物、八戸せんべい汁! お土産で貰わなかったら、一生食べなかったかも。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

せんべい汁。

岡山の片田舎に住む中年には、その名前しか知りません。

なんとなく、せんべいが入った汁物かな、と。

スポンサーリンク

お土産を頂きました

IMG_4498

青森県八戸の郷土料理。南部煎餅を使用。

せんべい汁って、味噌汁・とん汁みたいなお椀物かと思ったら鍋なんですね。

せんべい汁(せんべいじる)は、青森県八戸市周辺の郷土料理で、同料理専用の南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは鍋料理。

出典:wikipedia せんべい汁

せんべい汁の始まり

~汁物に、柔らかい麦せんべい・蕎麦せんべいをちぎって入れた~
江戸時代後期の文化文政期に、江戸の食文化が五穀中心の主食に変化する影響を受けて、南部八戸地方では独自の「麦・蕎麦食文化」を醸成しました。
その中で誕生したのが、半熟焼きの麦せんべいや蕎麦せんべいで、現在の「南部せんべい」の直接の始まりです。いわゆる「てんぽせんべい」「餅せんべい」のようなものでした。麦せんべいや蕎麦せんべいは、主食や間食としてそのまま食べるだけでなく、野菜やウグイ・キジ・山鳥・蟹・ウサギなど、季節の具材を入れた汁物に、ちぎって入れる食べ方もしました。これが「せんべい汁」の始まりです。

出典:八戸せんべい汁.com

そもそも、南部せんべい文化が発祥した地域なんですね。

大好きなせんべい・・・これ、鍋に入れたら美味いんじゃね?というのがせんべい汁の始まりです。

秋田にはきりたんぽもありますね。東北は米どころのイメージがありますが、そこから生まれているんでしょうね。

どうしてもせんべいって、固くてパリッとしたイメージなんです。

汁に入れることで、どのような食感になるのか楽しみです!

ツマに作ってもらいました

早速作ってもらいました。

で・・・、鍋の写真を撮ろうと思って覗いてみたんでけど。。。

ざわざわ・・・ ざわざわ・・・・

圧倒的存在感っ・・・!

せんべいが出汁を吸って、せんべい、せんべい、圧倒的煎餅っ・・・!

「えー・・・。ちょっと待って。器に盛るから。」

ツマから鍋の撮影許可が下りず、圧倒的撤退っ・・・!

撮影許可が下りました

ツマが必死に器に盛ってくれました。テレビで言えばヤラセに近いです。

IMG_4499

はい。失敗しました。後から気づきました。せんべいはどこだ!

せんべい汁なのに、せんべいがメインになっていないという・・・圧倒的失態っ・・・!

上に乗ってる、白いやつがせんべいです。

魅惑の食感、せんべい

早速食べてみんですが・・・美味い!

せんべい自体は、すいとんのような素朴な味なんですが、出汁を吸っていることで、噛む度に出汁がじわーっとでてきます。素朴と出汁のハーモニー。

特徴的だったのは、その食感!

柔らかくなってフニャフニャなんかなぁ、なんて思ってたんですけど、しっかり噛みごたえがあります。でも固いわけじゃないんですよ。

なんともこう、モチとも違うモニュモニュとした感じで「噛んでるな」という歯ざわりも味わえます。

私が味王なら、間違いなく「美味いぞー!」という雄叫びと共に、目・口からレーザーを出しつつ、巨大化するレベルです。

また、せんべいは見た目以上にボリュームがあるので、直ぐお腹一杯になります。

昔の人も、不作などで厳しかった時に、かさ増しの意味でせんべいを入れていたのかもしれませんね。

お腹にも家計にもやさしい。。。

お家でもお気軽に

青森・・・は、ちょっと気軽に行ける距離ではないんですが、お取寄せなら気軽に楽しめます!

お土産で貰うことなかったら・・・一生口にしなかったかもなぁ。

「せんべい汁」、美味しいですよ! ぜひお試しあれ!