子供は元気玉! その溢れるエネルギーを大人にちょっとお裾分けしてくれてる

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

おじいさん・おばあさんが「子供を見てると、元気になるね」という声はよく聞きます。

私だって、楽しそうに遊ぶ子供を見ると、心がほっこりします。

例えばオーラとか、スピリチュアルな事は全然分からないんですけど・・・、子育てしてて思うのは、子供はお裾分けをくれてるんだなぁって感じるわけです。

スポンサーリンク

甥っ子の力

両親の初孫は、妹の子、私から見たら甥っ子になります。

生まれたばかりの小さい子をマジマジと見たのは、私は初めてだったんですよ。

手足をチョコチョコ動かして、あくびして。

可愛いなぁ

なんて思ってんですが・・・、両親のリアクションは今までみたことないものでした。

ザ・骨抜き

いやー、骨抜きって、こういうことを言うんですね。良くわかりました。

デレデレのメロメロ。

甥っ子ちゃーん、おじいちゃんですよー、おばあちゃんですよー。

そのリアクションにびっくりしました。

見たことない顔

例えば、自分が両親と話する時とか、そんなにキャッキャ話することはないですよ。必要最低限の内容を話すというか。

だから、両親が目を「への字」にして甥っ子をあやす姿を見て、

(こんな顔するんだなぁ。)

なんて、驚きでした。

でもなんか、顔がイキイキしてます。

みんなニコニコ

妹に姪っ子が生まれて、私達にも子供が生まれました。

子供らの仕草ややりとりを見てると、大人はみーんなニコニコしてるんですね。本当に。

これって別に親族だからというわけでもないんですよ。

友達の子供でもそうですし、初めて会う子供たちでもそうです。以前も助けてくれた子がいました。

【手を差し伸べる優しさ】 それができる子供。できない大人。子供に教えてもらう、色んな気持ち。
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 先日とある古民家カフェで、まったりしていた時のこと。 ...

このニコニコしてるのって、例えば吉本新喜劇見て笑うのとは違うんですよね。人の「笑い」という感情に訴えているのが、コントだったり漫才だったりしますが、子供の仕草はそういう意味で「面白い」とは異なります。

微笑ましい

好ましくて,思わず微笑したくなる。ほおえましい。 「 - ・い光景」

weblio辞書

子供にとって見れば、笑わせようとしている意図はありません。

でもその、たどたどしくも一生懸命走る姿や、お饅頭でも入ってんのかというホッペタをキュッと上げて、ニコーって笑う顔。

それを見た大人は、心の中にじんわりと温かいものをもらって、えも言わず微笑んでしまうんです。

元気のおすそ分け

子供は元気の塊、言わば元気玉。Sparkingです。

子供って成長するための、生命のチカラに満ちあふれているじゃないですか。

その体からパーッと出ているパワーをちょっとだけもらっているように感じます。だからこそ、子供を見てると元気が出るし、ニコッて微笑んでしまう。

ドラゴンボールの元気玉は、ちょっとずつ元気を集めたものですが、それとは逆に「元気のおすそ分け」を貰っているように思うんですね。

今日も元気もらいました

子育ては、そりゃあキレイ事ばっかりじゃありませんけどね。物を投げるわギャーギャーうるさいわ。

イライラするし、声を荒げたくなる時もあります。

でも、抱っこすると、涙をためた目でニヤーッって笑うし、風船を投げてやれば、すごい興奮して喜ぶし。

私の勢いだけのパーフェクトヒューマンでも、一生懸命真似してるし。

だから今日も私は元気です。

「いってきまーす」

「いってらっしゃーい。ほら、いってらっしゃいは?」

「いーっしゃい(いってらっしゃい)」