『オーリスにプチ大画面』 7.7インチのカーナビを取り付けた話

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

トヨタ・ヴィッツと同じコンパクトカーでも、よりスポーティなスタイルの、オーリス。

シャア専用もありますね。1回でいいから現物を見てみたい・・・。

さて、今回は、このオーリスへカーナビを取り付けた話です。

取り付けたカーナビはちょっと特殊。

液晶サイズが7.7インチという、「プチ大画面」なクラリオンのMAX667Wです。

クラリオン 公式サイトはコチラ

それではいってみましょう。

レッツ取り付け!

スポンサーリンク

パネルの取り外し

オーリスのパネルは、一見するとオーディオ周りがポコッと取れそうなんですけど、パネルの重なりの関係上、まず右下のカバーのようなモノを外します。

上のシルバーのメッキ調の部分が、オーディオパネルの一部になるのですが、これが重なっているので、先に右下を外さないとダメなんです。

kero-icon
先に、無理矢理オーディオパネルを外してると、壊れるかもしれないので注意です

右下を外せば、オーディオパネルが外れます。 あらスッキリ。

ちなみに、パネルやピラーを外すときには、以下のようなリムーバーが、めちゃんこ便利です。

私が愛用しているのは、このタイプ!

忘れちゃいけない、取付キット

オーリスに限らず、社外カーナビゲーションを取り付ける場合には、その車種に合わせた取付キットが必要です!

カーパーツで有名なエーモンだと、「Y2451」になります。

トヨタ用の電源ハーネスと、ラジオ変換ハーネス、車速・リバース・パーキング配線ようのオプションカプラなど、取付に必要な一式が揃ってます。

取付キットは、車種・年式・型式によって異なりますので、必ず適合表を確認しときましょう

エーモン 公式サイトはコチラ

専用配線もあるんです

カーナビメーカーによっては、車種に合わせた専用配線もあります。

専用配線の何が良いって・・・、

kero-icon
ダイレクトにカプラをパチッとはめるだけ!

万が一のミスもないし、取付もスッゲェカンタンなんです。

今回、取付を行うMAX676Wのメーカーであるクラリオンでも、専用配線があります。

この専用配線だと、ステアリングリモコンのカプラもついてますので、配線加工も無しです。

今回はコレを使いましたけど・・・、ホント便利でカンタン。

動作確認OK! 取付完了!

配線を終えて、動作確認ができれば取付完了!

現在のカーナビゲーションは、通常ノーマルモデルだろうがワイドモデルだろうが、液晶サイズは7インチです。

このカーナビゲーションが、なんで7.7インチという特殊なサイズを実現できているかというと、ワイドモデル分、横に液晶を広げているためです。

このナビの良いところは、BIGX等の大画面ナビの適合に無い車種でも、200mmワイドコンソール車であれば、ほぼ全ての車で「プチ大画面」を実現できるとこですね。

kero-icon
MAX676Wについては、別記事にもまとめてますのでコチラもどうぞ!

【MAX676W:2016モデル】気軽な7.7インチのカーナビ。MAX776Wと違う4つのポイント:クラリオン
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) クラリオン独自の個性的なカーナビゲーションが、7.7インチのスーパーワ...

というわけで、今回も無事終了。

それにしても、この7.7インチのナビ。 着眼点はすごい面白いと思うんですけど、全然人気無いですね・・・。

クラリオンの売り方が下手なのか、市販ナビにやる気がないのか、ADDZEST(アゼスト)ブランドを無くしたからなのか。

いや・・・、私が思うに、

kero-icon
坊やだからさ

ちなみに、別記事で、オーリスへのオススメカーナビをまとめてますので、コチラもぜひどうぞ!

『オーリスにオススメのカーナビは?』 シチュエーション別に 3 パターンで紹介しよう!
ヴィッツよりもスポーティな、トヨタのオーリス。この記事では、シチュエーション別にオススメのカーナビゲーションを紹介してるよ。それじゃいくよー! カウントー、ダウン!(違う)