【ゴリラ : 機種ごとに比較まとめ】アナタにオススメのポータブルカーナビを機能別に! [パナソニック]

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

ポータブルカーナビで有名なブランドと言えば、パナソニックのゴリラですね!

今回は、2016−2017モデルとなる「CN-G1000VD」・「CN-G700D」・「CN-G500D」についてです。

それぞれの機種の違いなど、気になった点をまとめてますので、検討している人はぜひ参考にしてみてね!

ちなみに、私が気になった部分でまとめてますので、その他に気になる機能がある場合には、メーカーホームページも確認してみてください。

パナソニック公式サイトはコチラ

それでは、レッツ、ブタゴリラ!

スポンサーリンク

共通機能

それではまず、3機種の共通機能を見ていきましょう。

ワンセグチューナー搭載で、テレビが見れる

golira-1
出典:パナソニック ゴリラ

ワンセグチューナーが搭載されているのでテレビを楽しめます。

ワンセグなので、12セグには画質が劣りますが、広い受信感度で手軽に視聴できますね!

画面はハメコミ映像ですから、(体感的に)もうちょっとにじんだような画質になるはず・・・。

「るるぶDATA」で観光スポットを検索!

golira-2
出典:パナソニック ゴリラ

約100冊分になる、全国約37000件が収録されています。

観光スポットを手軽に検索!

Gジャイロ搭載で、自車位置をより分かりやすく

カーナビには、大きく分けると、クルマ内装の中に取り付けられる「インダッシュナビ」と、このゴリラのような「ポータブルナビ(オンダッシュ)」があります。

どちらもGPSを利用して、自車位置を合わせるのですが、インダッシュナビは車速センサーを配線することで、自車位置の精度を高めています。

ポータブルナビでは車速センサーを配線できないのですが、ゴリラでは高精度のGジャイロを搭載しています。

golira-3
出典:パナソニック ゴリラ

ジャイロ自体はインダッシュナビでも搭載していますが、ポータブルナビでも高精度のジャイロを搭載していることで、GPSを受信できない場合でも、自社位置をより正確に補正できるのです。

多数のGPS受信に対応

高精度ジャイロはもちろん頼りになるのですが、やはり自車位置確認に大きな役割を果たすのがGPSです。

ゴリラでは、それに加えて「みちびき」「グロナス衛星」にも対応しており、自車位置測位率がアップしてます。

golira-4
出典:パナソニック ゴリラ

音楽・動画も再生できる

golira-5
出典:パナソニック ゴリラ

SDカードを利用して、音楽(mp3 / wma)や動画(mp4)を楽しむことができます。

再生ファイルの詳細については、メーカーホームページを確認してみてください。

パナソニック公式サイトはコチラ

kero-icon
私も経験あるんですけど・・・、まれに再生できない時がありましたから。
エンコーダーが悪いのか、カードが悪かったのか・・・

パーキングブレーキをチョメチョメできる

ゴリラでは、車速感応方式で、走行中はテレビが映らないようなっています。

え? パーキングブレーキだぁ?

おっと・・・、オマエさんの言いたいことは分かるぜ・・・。 でも、ココではそれ以上言わないのがルールさ。

じゃあ、オレから1つだけアドバイスだ。

オプション品で「パーキング接続判定にできるケーブル:CA-PMBX1D」があるぜ!

ま、オレに言えるのはここまでさ。・・・頑張るんだな!

usa-icon
なぜ突然ハードボイルドキャラに・・・

12V / 24V 対応

一般的な12V車だけでなく、24V車にも対応してます。

大型トラックや、キャンピングカーなどでも利用できますね!

機種ごとに機能を比較してみよう!

はい。 以上が共通機能でした。

じゃあ、機種ごとに機能を比較してみよう〜。

スタンダードモデルである「CN-G500D」から順に、ハイグレードの「CN-G1000VD」まで揃ってるよ〜。

それじゃいくよ〜。 カウント〜 ダウン!

usa-icon
なぜ突然カウントダウンティービィーキャラに・・・

CN-G500D : 手軽な5インチポータブルナビゲーション

上記の共通機能を抑えた、スタンダードなポータブルナビゲーションです。

ワンセグでテレビも見れますし、手軽な使い方ができますね!

CN-G500Dのまとめ
  • ベーシックモデルながら、基本機能充実
  • 液晶サイズは5インチ

CN-G700D : 液晶サイズが7インチ! 大画面で地図も見やすく

カンタンに言うとG500Dの大画面サイズになりますが、具体的に言うと、「統計渋滞情報探索」機能が追加されています。

液晶サイズは7インチです。

画面が大きいのはモチロン良いことではあるのですが、その分運転時の視界に影響するので、愛車のダッシュボード形状などにも注意が必要です。

CN-G500Dのまとめ
  • 統計渋滞情報探索機能が追加
  • 液晶サイズは7インチ

CN-G1000VD : VICSWIDEにも対応したハイグレードモデル

ハイグレードモデルということで、CN-G700Dに比べると、多くの機能が追加されています。

それでは主要な部分を一つ一つ拾っていきましょう!

無料地図更新

SDカードを利用して、インターネットから無料の地図更新が行えます。

ナビはそうそう買い換えるものじゃないので、長く使う分には便利ですね!

詳細は、メーカーホームページで確認してみてください。

(ZENRINの地図を利用しているので、そちらから更新するみたいです)

パナソニック公式サイトはコチラ

VICSWIDE対応

VICSは今までもありましたが、新しい情報技術としてVICSWIDEというのがあります。

カンタンに言うと、

  • よりリアルタイムな渋滞情報の取得
  • 大雨などの災害情報の取得

といった情報をナビ画面で表示し、ルート検索などに反映されます。

golira-6
出典:パナソニック ゴリラ

バックカメラ接続対応

最近のクルマでは、メーカーオプションでバックカメラ装着されている場合も多いですね!

CN-G1000VDでは、バックカメラ入力に対応しています。

但し!

バックカメラ入力用の配線がオプションとして必要です。

ちなみに、このオプション「CA-PBCX2D」ではパーキングブレーキ配線もあるので、先程ハードボイルドキャラが説明した「CA-PMBX1D」は必要なくなります。

そして、バックカメラが必要です。 パナソニックであれば、「CY-RC90KD」になります。

ちなみに、ゴリラの説明書を確認すると、以下の注意書きがありました。

※リヤビューカメラ(CY-RC90KD)以外は動作保証できません

バックカメラ入力は専用カプラではなく、一般的なRCA入力なので、他メーカーのバックカメラでも接続はできますが・・・、まぁ・・・、そういうことです。

OBD2アダプター対応

OBD2とは、カンタンに言うと、「車両情報を取得できる便利アダプタ」です。

運転席下周りを覗いてみると、台形型のカプラがありますが・・・、それです。

kero-icon
色んな情報を表示できるので、見た目にもカッチョエエです。
Bluetoothを利用して表示できるみたいですね。

golira-7
出典:パナソニック ゴリラ

以下のオプション「CA-CS10D」が必要になります。

車種ごとに適合確認が必要になるので、必ず事前に確認をしてください。

パナソニック公式サイトはコチラ

CN-G1000Dの総評

G700Dと比べて、機能が格段にアップしてます。

バックカメラやOBD2など、便利な使い方をしたいなら、このCN-G1000Dですね!

CN-G1000Dのまとめ
  • 液晶は7インチ
  • 地図無料更新つき
  • VISCWIDE対応
  • バックカメラ接続対応(OP必要)
  • OBD2対応(OP必要)

今回のまとめ

スタンダードからハイグレードまで、用途によって選べるパナソニックゴリラ!

ポータブルナビゲーションなので、持ち運んだりといった手軽な使い方もできます。

機種ごとにカンタンにまとめてみると、こんな感じです。

まとめゴリラ
  • スタンダードでも機能充実、5インチ液晶 / CN-G500D
  • 画面が大きいと地図も見やすい、7インチ液晶 / CN-G700D
  • さらに便利に使える高機能ハイグレードモデル / CN-G1000VD

ぜひ参考にしてみてください!

kero-icon
ちなみに、コレ以外にも、キテレツ大百科とのコラボレーションモデル、
ブタゴリラが!

・・・

kero-icon
あったら面白いんですけどね。
八百屋検索機能、「らっしゃいルート」が標準機能で搭載、とか。
なんつって!

usa-icon
(なんつって・・・)