ヴォクシーに、カーナビ・バックカメラ・リアモニター取付! カロッツェリア一式で!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

トヨタのミニバン3兄弟、ノア・ヴォクシー・エスクァイア。

今回はヴォクシーに、カーナビなどの取付です。

トヨタ公式サイトはコチラ

カーナビの他にも、バックカメラ・フリップダウンモニターも取り付けてます。

全てカロッツェリアなのですが、アルパインのフリップダウンモニターに比べてちょっと怖いんですよね・・。

それでは、レッツ取り付け!

バックカメラ取り付け

昔と比べたら、バックカメラも随分カンタンに取り付けできるようになりました。

img_5502

というのも、車種に合わせた専用取付キットがあるからなんですね。

半埋め込みで取り付けもキレイですわ・・・。

取り付けたバックカメラとキットはコチラ。

バックカメラ : ND-BC8II

カメラ端子変換 : RD-C200

今回は、カーナビがサイバーナビになるので、変換ハーネスが必要です。

というのも、サイバーナビのバックカメラ入力が専用端子のためです。

kero-icon
結局変換させるのに、なぜわざわざ専用端子になっているのか意味が分からぬ・・・

バックカメラ接続用、取付キット : KK-Y201BC

ヴォクシー(ノアとエスクァイアも)専用の取付キットと、純正配線を人用した変換ハーネスが同梱されたキットです。

純正配線が利用できるので、配線を引き回さなくてイイんです!

kero-icon
この恩恵はデカイですよ!

適合については、カロッツェリアのホームページを確認してみて下さい。 まだ対応車種は少ないけど。

カロッツェリア公式サイトはコチラ

フリップダウンモニターの取り付け

これが一番神経を使う作業です。

なぜかと言えば、

kero-icon
天井をカットするから・・・

特にカロッツェリアは神経使うんです。

アルパインのモニターは、ネジ止めが真ん中にあるので、(もちろん慎重にはやりますが)カットした穴が多少のズレ程度なら、モニターに隠れるので問題ないんです。

ところがどっこい、カロッツェリアのモニターは、ネジを止めるイチが両端なんです。

端の方なんで、もしちょっとでもズレたら・・・なんてことを考えると恐怖なんです。

オー怖い

天井のカット

まずは、取付キットに入っている型紙の角の部分をカット。

img_5493

一番最初にやった時は、天井に型紙を固定して、その上から切り取り部に合わせてカットしていたんですが・・・、

kero-icon
すっげぇやりにくいんです

私なりのテクニックなのですが、カットする角の部分だけを予め切り抜いておくんです。

その状態で、天井へマスキングテープと画鋲で固定します。 画鋲は、切り抜く部分に刺して固定しましょう。

じゃないと、画鋲の跡が残るかもしれないので。 切り抜く部分ならモーマンタイ!

跡は、切り抜いた部分に濃い目の鉛筆でマーキングします。

img_5494

分かりにくいですが、起点となる角の部分にマーキングしてます。

そしたら、後は定規を使って線を繋げれば・・・、

img_5495

はい! 天井にトレースできました!

後はこの線に沿って・・・、天井をカット・・・、寿命が縮む・・・。

img_5496

kero-icon
はぁ・・・、寿命縮んだ・・・

モニターの取付

配線を行った後、モニターを取り付ければ、ミッションコンプリート。

img_5498

あぁよかった!

カーナビ取り付け後の確認でも、ちゃんと映像が映ってますね!

今回取り付けたモニターとキットはコチラ。

モニター : TVM-FW1020−S

上位機種にはルームランプ連動のモニターがありますが、このモニターには付いてません。

kero-icon
まぁ・・・、リアモニターなんで、映れば十分だと思います

取付キット : KK-Y108FD

ヴォクシー(ノア・エスクァイア)専用の取付キットです。

これまた純正配線を流用してくれるので、配線を引き回す必要がなく、すごい楽でした。

取付キットは、車種・年式によって異なるので、必ず確認してみてくださいね。

カロッツェリア公式サイトはコチラ

カーナビ取付

パネルの取り外し

オーディオ周りのパネルが外れればオッケー!

のように見えるんですが、周りのハザードやらエアコンダクトやらが付いたパネルもとらないとダメです。

img_5497

パネルの取り外し手順や、車速・リバース線の位置などは、アルパインの取り付け情報が参考になります。

kero-icon
アルパイン、ありがたや

アルパイン公式サイトはコチラ

また、パネル外しには、KTCのリムーバーが便利です。 ピラーを外す時など、私はこの形状が一番使いやすいですよ!

動作確認OK! 取付完了!

配線をして、動作確認ができれば取り付け完了です。

img_5499

トヨタなので、ワイドモデルがスッキリ収まってキレイですね!

フラッグシップモデルのサイバーナビなので、見た目もかっちょよいです。

今回取り付けたカーナビと、取付キットはコチラ

カーナビ : AVIC-CW900

カロッツェリアのフラッグシップモデルになる、「サイバーナビ」

今回のサイバーナビには、「マルチドライブアシストユニット」を搭載したグレードがありますが、コチラは非搭載のモデルです。

とはいえ、映像・音ともに最高峰のクオリティで車内を包んでくれます。

kero-icon
これぞサイバーナビですわ・・・

取付キット : RD-Y101DK

今回のAVIC-CW900を含め、カロッツェリアのワイドモデルのナビには電源ハーネスが同梱されていません。

なので、専用の取付キットを準備する必要があります。

今回のヴォクシーだと、トヨタ車用の「RD-Y101DK」が必要になります。

ダイレクト電源ハーネスから、専用ラジオハーネス、ステアリングリモコン変換ハーネスも付属しているのでパチっとはめるだけのカンタン取付!

便利です!

kero-icon
まぁ・・・、ヴォクシーだと、ステアリングリモコンがボリュームアップ・ダウンしか使えないんですけどね・・・

今回のまとめ

というわけで、今回も無事取付終了しました。

それにしても、ヴォクシー・・・、かっちょよいですね。 切れ長の鋭い目つきにワイルドさを感じます。

kero-icon
俺、父、俺

kero-icon
もし、ヴォクシーも検討中なら、現愛車の査定価格を調べておくのもアリです! 下取りと比べることもできますからね。
ネット上からカンタン入力、無料で査定依頼できます!

ガリバー 公式サイトはコチラ

中も広いし、ファミリーカーには持って来い! 今回のようにフリップダウンモニターも付ければ、遠出でも子供が退屈しませんね。

それにしても・・・、

kero-icon
カロッツェリアのフリップダウンモニターも、ネジ止めを真ん中にしてくれたらいいのにな・・・

スポンサーリンク