ムーブ【ダイハツ】のナビはダッシュにチョコン カーナビ取付! バックカメラは注意してね

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

今回はMOVE:DAIHATSUにカーナビを取付けました。

ちょっと内装が変わっていますね。

ナビ取付け部分が半分ダッシュから飛び出ているような。

こういった2DINナビやデッキは、内装に埋め込まれるように設置されるのに、このようにチョコンした設計は珍しいと思います。

スポンサーリンク

パネルの取り外し

まずは、オーディオ部のパネルを引っ張って外します。

これだけでいけそうな気もしますが、今度はダッシュに半分出てる部分を上に持ち上げるように外します。

特にネジ止めされているわけでもなく、そんなに固くないので、割と簡単に外れると思います。

パネル外しに関しては、アルパインの製品取付け情報が詳しいです。

ピラー外しならKTCのリムーバーが便利です。 色々な形のものがありますが、これが一番使いやすいです!

色んな形のリムーバーがありますが、これが一番使いやすいです!

車速等の配線について

ダイハツ車は、5Pのオプションカプラに車速・リバース・パーキングの配線がきています。

奥にテープで止まっていることが多いです。

位置としましては、差込口をコチラに向けて、ツメを上にした状態で、
真ん中 : 車速
向かって右 : リバース
向かって左 : パーキング
と、なります。

上記に掲載したアルパインのホームページでも確認できるかと思います。
念の為検電器などで確認して下さい。

ちなみに、今回のクルマにステアリングリモコンはついていませんでしたが、配線の位置はイクリプスのステアリングリモコン情報が詳しいです。

もし、該当車種がない場合でも、同じカーメーカーの内容であれば、一緒の場合が多いです。

バックカメラについて

今回、バックカメラはないのですが、ご参考までに。
最近、ダイハツ車に限ったことがではないですが、予めバックカメラが取り付けされたグレードがあるかと思います。

もし、バックカメラを検討されているなら、この予め取付けされたグレードにした方が良いと思います。

なぜなら、例えば後から、やっぱりバックカメラをつけようと思っても、難しい可能性が大だからです。
純正バックカメラでも、データシステムなどの変換ハーネスを使えば、入力がRCAになるので、市販ナビでも利用できます。

最近のダイハツ車は、リアドアが一体物の樹脂パネルになっています。
この場合、市販のバックカメラを加工して取付けするのがかなり難しいようです。

もちろん、プロショップ等であれば取付けできるかと思いますので、一概に無理というわけではないと思いますが、一筋縄では行かないと思います。

この辺りの内容は、キャスト:ダイハツ カーナビゲーション取付にも記載しておりますので、もしよろしければご参照下さい。

取付け完了、動作確認OK!

配線も全て終えて、ナビを取付けました。

move

GPSやTV受信、車速などの動作確認もOKで無事終了!

取付けたカーナビはClarionのNX614Wです。
今現在では、型が変わってNX615Wになっています。

ワイドタイプのナビなので、ダイハツ車にはキレイの収まりますね。
ピアノブラック調で、サイドのボタン配置も素敵です。

(2016 / 05 追記)

2016新モデルとして、クラリオンよりMAX776WとMAX676Wがリリースされております!

こちらの記事も、ぜひどうぞ!

7.7インチ画面! MAX776Wならフルデジタルサウンドも! / MAX676Wもあるよ!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) クラリオンから、2016モデルの新ナビゲーションが発表されました。 ...