プリウスαに NX615W とバックカメラをプラスα

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

今回はトヨタのプリウスアルファに、カーナビゲーションとバックカメラを取り付けました。

新型プリウスも既に発売されておりますが、ラゲッジの大きいプリウスアルファの方が使い勝手が良い場合もありますね。

スポンサーリンク

パネルの取り外し

パネルを取り外していきます!

IMG_4011

  1. グローブボックス上のボックスを外す
  2. 右のシフト部分のパネルを浮かす(※)
  3. エアコンダクト部分を外す
  4. オーディオ部分のパネルを外す

※ この部分はカプラを外すのが怖いので、浮かせてキズがつかいないようにタオルをぐるぐる巻にしました。

配線について

今回取り付けしたのは、クラリオンのNX615Wになるのですが、クラリオンにはダイレクトの接続ケーブルがあります。

電源ハーネスだけでなく、ステアリングリモコン、車速類のオプションカプラ等のコネクタも用意されているので、簡単に接続できます。

バックカメラ

最近の車種には、元からバックカメラが付いているグレードがありますが(プリウスアルファにそのグレードがあるのかわかりませんが)、今回は同じクラリオンのバックカメラを取り付けました。

クラリオンは、バックカメラ入力が専用カプラになっております。

純正のカバーが付いているところへ、半埋め込みのような形で、上手いことつけることができました。

IMG_4013

ナビ取り付け完了

配線を全て終え、動作確認ができれば取り付け完了です。

IMG_4012

ワイドモデルが収まって綺麗に取付できますね。

個人の見解ですが、クラリオンのワイドモデルってフラットなボタン配置がオシャレなんです。
私、センスないですけどね。

NX615W : clarion

(2016 / 05 追記)

現在2016新モデルとして、クラリオンからMAX776WとMAX676Wがリリースされています!

こちらの記事も参照してみて下さい!

7.7インチ画面! MAX776Wならフルデジタルサウンドも! / MAX676Wもあるよ!
7.7インチという特殊な液晶サイズのカーナビゲーションがMAX776W / 676Wです。 776Wならフルデジタルサウンドにも対応! ただのカーナビじゃないぜ!

(追記:ここまで)

他のメーカーに比べると、ちょっとマイナーな気がするのですが、純正採用も多く、使い勝手の良いナビです。
地デジ・DVD・Bluetooth・SD・USB(オプション)など、基本機能も抑えられています。

但し、一点だけ注意が必要です。

もし、後からリアモニターを追加しようかなと思っている場合には・・・

絶対にこのナビは選択しないでください。

なぜなら、VTR出力がないからです。
オプションで後から追加というわけではなく、VTR出力の設定自体がありません。

VTR出力ぐらいあっても良いと思うのですが、ちょっと不親切な気がします。
とはいえ、その予定がなければ問題なく、便利に使えるナビゲーションです。

今回も無事取付を終えることが出来ました。
それにしても、プリウスのシフトは独特ですね。
「シフト入れた感」があんまりない・・・。