【DIYに一歩前進】サブウーハーは肌に伝わる音! これがないと音に厚みが出ないよ

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

皆さんはサブウーハーにどんなイメージをお持ちですか?

ウルサイだとか、騒音とか迷惑とか・・・悪いイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。。。

しかし、それは悲しき誤解なんです!あれは調整がダメなんです。

クルマで良い音を楽しむには、サブウーハーは必須です。私の経験からも、これは断言します。サブウーハーがないと音がスカスカで臨場感が足りません。調整もちゃんとしてやれば、音が調和して豊かな音の厚みを感じることができますよ!

スポンサーリンク

サブウーハーって?

音には高い音や低い音までありますが、スピーカーにはそれぞれ得意とする音域があります。

  • 高域 ・・・ ツイーター
  • 中域 ・・・ スコーカー
  • 低域 ・・・ ウーハー
  • 超低域 ・・・ サブウーハー

通常、クルマのスピーカーは、スコーカーとウーハーを一緒にして、中低域を担当するウーハーとしてドアの下部に取り付けされています。

ツイーターとウーハーの2WAYが一般的ですね。高級スピーカーだと、スコーカーもあります。

さて、サブウーハーですが、最も低い音域を担当するスピーカーになります。フロントスピーカーに比べると、どうしても口径が大きくなり、その分ボックスも大きくなってしまうので、トランクスペースに搭載されますね。最近では、省スペース化を考えて、シート下に設置できるウーハーも増えています。

特に、カロッツェリアの「TS-WH1000A」は、これ本当にサブウーハーか?と疑いたくなるぐらい薄いです。

超低域は、音というより振動

サブウーハーが担当する超低域ですが、音は低くなるについて、振動に近くなっていきます。

なんか不思議じゃないですか?サブウーハーは振動を発生させているんです。この振動が音の厚みを決めるキモなんですよ!

例えば、和太鼓の演奏を聴いた時、「ドーン!」という音と共に、肌にビリビリと太鼓を叩いた衝撃が伝わって来ますよね。そのビリビリが超低域でサブウーハーが担当する部分になります。もしサブウーハーがなかったら・・・、ドーンという音のみで、そこで太鼓を叩いたという臨場感を感じることはできません。音がスカスカになってしまうんです。

ツイーター、ウーハーは耳からそのメロディを感じます。サブウーハーは肌で臨場感を聴くのです!

その他にも追加するメリットが

クルマで走っていると、タイヤ付近から「ゴーッ」と音がします。これはロードノイズと呼ばれるものです。実はこの音が超低域付近の高さと同じで、スピーカーから出てる音を打ち消したり、マスキングしたりするんです。

そこで、サブウーハーを追加して、この部分の音を補強してやります。ロードノイズには負けません。ちなみにロードノイズを減らすこんなアイテムもありますよ。

私も付けてます!

もちろん私もサブウーハーつけてます!取付に関しては、こちらの記事もぜひ読んでみて下さいね!

こちらは過去に取り付けた38cmのサブウーハーです。
http://sirout-diy.com/car/interior-custom/11/

こちらは、現在使用しているサブウーハーです。carrozzeriaの「TS-W2020」です。

【サブウーハーBOX ワンオフ 計画】 第一話 新しい相棒との出会い DIYはやめられない
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 先日、ジュークのリアラゲッジサブウーハーとの別...

ローパスフィルターを設定しましょう

サブウーハーを取り付けたら、絶対にローバスフィルターを設定しましょう!先に述べた通り、スピーカーにはそれぞれ得意分野があり、サブウーハーが得意なのは、超低域です。なので、高い音を入力してしまうと音が濁ってしまい、耳に障ります。

音には指向性というものがありまして、簡単に言うと音が鳴っている位置が分かることを言います。高い音ほど指向性が出てきて、低くなるほど指向性はなくなります。

サブウーハーの超低域に指向性はありません。なので、サブウーハーは実質トランクやシート下等、どこに置いても支障はないのです。指向性が出てくる高い音を入力してしまうと、音が濁るわ、後ろのトランクからボーカルの声がしてくるわ、良いことは一切ありません。80hz辺りでカットして、随時調整して行きましょう!

タイムアライメントがあると便利

サブウーハーの超低域は、高域に比べて、耳に到達するまでの時間が遅いです。なので位相という音の波形を逆にするような調整が必要になるのですが、これはタイムアライメントがあると便利です。

現在私が使用しているナビは、KENWOODのMDV-737DTという、ちょっと古いナビなのですが、イコライザーやタイムアライメントなど遊べる機能が一杯の超オススメナビです。
現行だと、MDV-Z904Wになります。我が家の財務省への予算案が通れば、今直ぐにでも欲しいんです・・・このナビ。

MDV-Z904Wについては、コチラの記事もぜひどうぞ!
http://sirout-diy.com/car/4544/

さて、タイムアライメントですが、これはスピーカーの距離に応じて音の出力時間を調整してくれるんです。例えば運転席にいると、右スピーカーは近くて左スピーカーは遠いですね。この場合、右スピーカーをちょっと遅らせて、同じタイミングで音が耳に届くように調整してくれるんです。

サブウーハーの距離も調整できるので、タイムアライメントがあればバッチリ調整ができます!

イコライザーやタイムアライメントの調整は、色々出てくるので、また別項で記載します!

存在を感じないほど溶け込む

ちゃんと調整してやれば、サブウーハーがうるさいと感じることは一切ありません。うるさいと感じるのはイコール調整が出来ていないということなので。

フロントスピーカーと音がちゃんと繋がると、サブウーハーが後ろにあるとは思えず、目の前で臨場感を奏でてくれますよ!

最近は車内スペースを優先させて、トランクスペースが厳しい車種も多いので、まずはシート下に入るサブウーハーを検討してみてはいかがでしょうか?口径が小さめなので、大きいサブウーハーに比べると、より深い低域には不利ですが、最初の一歩としてどうでしょう。

※ シート下に入る薄い設計ですが、車種によってはエアコンダクトがあったり、エネチャージのバッテリーがあったり、取り付けが厳しい場合も有ります。事前に取り付けできるか確認しておいた方が良いです。

音に厚みを

もしまだサブウーハーを使用していないなら、ぜひ検討してみて下さい!聴き慣れたお気に入りの曲が、グッと厚みを持って耳に、肌に音を届けてくれますよ。私の感覚なんですけどね、耳と肌に音を感じると、鼓膜で音を聴くというよりは、脳で音楽を聴くって感じなんですよ。これがたまらなく良いです。

クルマの中は、音楽を楽しむには最悪の環境なんですが、だからこそ音を少しでも良くしたいんですよね。私もまだまだ、あれこれ試していきます!