通勤や街乗りに使える 『ヴィッツ』 のカーナビには、Bluetooth も USB も使えるこれがオススメ!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

ハイブリッドもラインアップされて、走りも燃費もグレードアップしたトヨタのヴィッツ! アクアとの住み分けはどうすんだ?

トヨタ 公式サイトはコチラ

普段の街乗りに使ったり、通勤の足にしたり、時にはドライブで遠出をしたりと、便利に使えるコンパクトカーですね!

今回は、そんなヴィッツへの、オススメカーナビに関する内容です! ぜひ読んでってね。

それではレッツラゴー!

スポンサーリンク

オールマイティで、コストパフォーマンスの高いナビ

街乗りや通勤だと、ハッキリ言って「カーナビの機能」ってあんまり使わないですよね。

CD / SD / USB を使って音楽を聴くような「AV機能」がメインだと思います。

そうなると、多機能マルチメディアプレイヤーとして、コスパの高いこのナビはオススメでっす!

ヴィッツは、ワイドコンソール車なので、紹介しているカーナビは全てワイドモデルです。 ノーマルモデルのカーナビも取り付けできますが、それだとあんまり意味が無いですからね…

MDV-L504W :ケンウッド

スダンダードなグレードながら、メディア対応が豊富です。

  • 地デジ12セグ / ワンセグ
  • CD(録音可) / DVD
  • iPod / iPhone 対応
  • Bluetooth対応
  • SD / USB 音楽・動画再生
iPod / iPhone などの外部機器との連動は、適合によっては利用不可の場合もあるので、事前にホームページで確認しておいた方が良いです

ケンウッド 公式サイトはコチラ

テレビは光沢パネルでキレイ

テレビは12セグに対応しているので、キレイな映像を楽しむことができます。 特に「MDV-L504W」は、スマートフォンのような光沢パネルを使っているので、色合いが美しいですね。

ただ、直射日光が当たる場合などに反射してしまうので、その場合は見えにくいです。 影になる場所や夜であれば問題なく視聴できます。

屋外でスマートフォンの映像が見えにくくなるのと一緒ですね。 ただ、映像はホントにメリハリがあるので、非光沢パネルと比べれば、美しさは一目瞭然です。

CDは録音できます

CD録音が可能であるのも嬉しいですね。 機種によっては録音できないモノもありますが、「MDV-L504W」は4倍速録音ができます。

ツタヤなどのレンタルショップでCDを借りれば、そのままクルマで録音できます。

Bluetoothで、電話も音楽も!

スマートフォンも Bluetooth に対応していれば、カーナビゲーションとペアリングすることで、ワイヤレスでの「電話」・「音楽再生」が楽しめます!

電話が掛かってきた場合には、クルマのスピーカーから相手の声が聴こえて、付属のマイクで話をすることになります。

運転中に仕事の電話が掛かってきても、ハンズフリーで話をすることができますね!

音楽もワイヤレスで手軽に楽しめるのも便利! 私が取り付けているカーナビもBluetoothが付いてます。 使ってみるとホント、便利ですよ! 詳しくはコチラの記事もどうぞ!

『車で聴けるの!?』 神ってるAmazonミュージックが、Bluetooth付きのカーナビで楽しめる件
君はアマゾンプライム会員になっているか? プライム特典のアマゾンミュージックは最高だぞ! そして、車で聴くこともできるんだ! アマゾンミュージック、特にプライムラジオのワクワク感は、たまりません。さぁ君も、アマゾンミュージックを車で楽しんじゃおう!

SD / USB で、自宅のファイルを持ち込める!

自宅のパソコンに入っている音楽や動画も、SDカードやUSBでカーナビへ接続すれば、クルマの中でも楽しめるんです。 よほどマニアックなファイル形式でない限り、再生できます。

メーカーや機種によっては、USBがオプションの場合もありますが、「MDV-L504W」ならUSBが最初から付いてます!

もちろん、ナビも使えます!

メディア機能は充実してますが、もちろんカーナビ機能も使えます!

交差点直前まで、分かりやすく案内してくれる「ここです案内」や、突然見舞われる災害情報などを受信してくれる「FM-VICS」にも対応してます。

普段はマルチメディアプレイヤーとして大活躍してくれて、行楽シーズンのドライブではカーナビゲーションに助けてもらえる!

そんな「使えるカーナビゲーション」が、MDV-L504Wですね。

MDV-L504W については、別記事にもまとめてますのでコチラもぜひ!
迷ったら、このカーナビはいかが? 機能充実の高コスパ! 『MDV-L504W / L504 / L404W / L404』ケンウッド
カーナビゲーションを検討中ですか? なら、ケンウッドのLシリーズはどうでしょう? コンセプト「彩速」の名の下に、見た目や使いやすさを備えた「彩り」とサクサク動く「速さ」を備えてます。 多彩なメディアにも対応しており、ドライブを盛り上げてくれますね!

ワンセグモデルなら、もっとオトクに! MDV-L404W

上の「MDV-L504W」でも十分にコスパは高いですが、それよりももっとお得なのが、「MDV-L404W」になります。

もちろんお得なのは理由があって、その分機能が制限されてるんです。

大きく違うのは、ココですね

  • テレビがワンセグ
  • Bluetooth 非対応
  • モニターが非光沢

ケンウッド 公式サイトはコチラ

テレビ見ないし、Bluetoothも別に必要ないのであれば、この「MDV-L404W」がオススメですね!

以下は、ナビレディセットの内容です。 該当グレードでない場合には、コチラから「今回のまとめコーナー」へ飛んで行けます。

ナビレディセットでも、大丈夫! このナビで使えます

ヴィッツのメーカーオプションとして「ナビレディセット」がありますが、これに装備されている バックカメラ は、変換ハーネスを使えば社外カーナビゲーションでも使えるんです。

今回紹介しているケンウッドのナビゲーション以外でも、パナソニック・カロッツェリア・クラリオンなど、別のメーカー製でも使えるんです。

メーカーによっては、更にオプションが必要になる場合があります

もちろん ステアリングリモコン も使えるようになりますよ!

まずはバックカメラについて見ていきましょう

バックカメラには :RCA003T

ナビレディセットの場合、オーディオ裏にバックカメラ用の専用カプラが配線されています。

ディーラーオプションナビであれば、そのままパチッと接続できますが、社外カーナビゲーションでは、そのまま利用できません。

そこで変換ハーネスが必要になるわけですね。 データシステムの「RCA003T」が利用できます。

変換ハーネスは、車種・年式・型式によって異なるので、適合表も確認しときましょう
データシステム 公式サイトはコチラ

この変換ハーネスを使えば、専用カプラだったバックカメラの配線を、一般的なRCAに変換してくれます。 パナソニックであればバックカメラ入力がRCAなので、このまま使えます。

しかし、ケンウッドはバックカメラ入力が専用カプラなので、もう一つ変換がいるんです。

これはちょっと、メンドクサイところですね…。 以下の「CA-C100」を利用します。

ステアリングリモコンも使えます! KNA-300EX

ステアリングリモコンが使えるかどうか、カーナビゲーション自身がステアリングリモコンに対応しているかどうかです。

MDV-L504W / L404W は、どちらもステアリングリモコンに対応しており、以下のオプション「KNA-300EX」を接続すれば使用できます!

接続には中継コネクタを使用しますが、ヴィッツ側の配線が細いため、接触不良になる可能性が考えられます。 配線する際にはハンダ付けするか、細い配線用のコネクタを利用するなどの対処が必要です。 DIYで取付を行う場合には、十分注意してください

今回のまとめ

はい。 というわけで、普段の足に便利なヴィッツへのオススメカーナビゲーションでした。

では今回の内容をカンタンにプレイバックしてみましょう!

今回のまとめ!

MDV-L504W / L404W も便利に使えるカーナビです! AV機能は充実してますから、街乗りや通勤でも手軽にドライブを楽しくしてくれます。

カーナビを検討中なら、その1つに加えてみるのもいかがでしょう?

もしカーナビだけじゃなくて、ヴィッツ自身も検討中なら、現愛車の査定価格を知っておくのも
アリですね。 下取り価格と比べることもできます。 Goo-netなら、ネットからカンタン入力・無料で査定依頼をできます。

Goo-net 公式サイトはコチラ

音楽などのメディア機能は、ドライブを大いに盛り上げてくれます! お気に入りのクルマとカーナビで、移動時間をもっと楽しくしちゃいましょう!