【薄型サブウーハーをメーカー比較】アナタの愛車のシート下から、音に厚みが出るんです

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

ズンドコうるさい

と、悪い印象を持たれがちのサブウーハー。

あれは調整ができてない、もしくは単にズンドコさせたいという人たちのやりたかです。

本来、サブウーハーは音への厚みや臨場感を加えてくれる、欠かせない存在なんです。

kero-icon
サブウーハーについては、コチラの記事もぜひどうぞ!

【DIYに一歩前進】サブウーハーは肌に伝わる音! これがないと音に厚みが出ないよ
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 皆さんはサブウーハーにどんなイメージをお持ちですか? ウルサイだとか...

今回は、メーカーごとにラインアップされている「薄型サブウーハー」についてまとめました。

最後に私のオススメも載せてるので、ぜひ読んでみてね!

それではレッツ、サブウーハー!

音も大事だけど、室内空間も大事

サブウーハーは、低音域を担当するスピーカーになるのですが、その特性上スピーカー口径が大きくなります。

口径が大きくなるということは、その分スピーカーBOXも大きくなるということです。

ホームオーディオでは、然程大きさを気にする必要はないですが、カーオーディオとなると、スペースが限られます。

kero-icon
トランクスペースをサブウーハーが占拠したら、荷物が載らないですからね・・・

そこで、車用のパワードサブウーハーでは、低域再生のパフォーマンスの犠牲を食い止めつつ、スペースユーティリティを考慮した

薄型パワードサブウーハー

が、各メーカーからラインアップされてます。

まずは、スペースを犠牲にしない選び方

コダワリ出せばキリがないですが、最初は「小さい・薄い」という選び方も良いです。

カーオーディオはあくまで、クルマの中。

kero-icon
ドライブを楽しみたいのに、人や荷物を載せるスペースに支障がでては、本末転倒

じゃあ付けなくてもイイじゃん、ってなるかもしれないんですけど・・・。

取り付けてみると、やっぱりその恩恵はデカイです。 愛車の音が変わるのは楽しいから!

まずはシート下に入るようなサブウーハーで、ドライブと音楽を楽しみましょう!

寸法には注意!

シート下に入るようなコンパクト設計・・・、とは言いつつも、全てのクルマに入るわけではありません。

例えば、

  • スズキ車のエネチャージだと、助手席側のシート下にはバッテリーあり
  • ミニバンによっては、エアコン吹出し口あり
  • ホンダ車は、ガソリンタンクがセンターにあるため、スペースが無い場合あり

などの状況が考えられます。

kero-icon
シート下に入るスペースがあるか、事前に確認!

各メーカーの薄型サブウーハー

それでは、各メーカーごとのラインアップを見て行きましょう。

中には、「え? これサブウーハーなの?」ってのもあります。

アルパイン:SWE-1080

apine-woofer

瞬間最大入力 160W
再生周波数帯域 30Hz ~ 160Hz
外形寸法 W340 × H78 × D230mm
重量 5.0kg

アルパイン公式サイトはコチラ

アルパインのコンパクト パワードサブウーハーになりますが、12月発売で詳細情報がまだありません。

よく、スピーカーで「瞬間最大入力 ○W」っていうのがありますが、アレは音の良し悪しを言っているわけではありません。

一瞬なら、ボリュームがメッチャ上がっても壊れないよ! っていうのを数値で表しているんですね。

なので、W(ワット数)が大きければ、音が良いってわけでもないのです。

詳細については、また追記していきます。

カロッツェリアは、3タイプ

カロッツェリアでは、先程のアルパインと同じタイプのものと、

「え? これサブウーハーなの?」

というモノもあります。

手軽な低域をプラス:TS-WX120A

carrozzeria-woofer

スピーカー構成 20 cm × 13 cm 平面アルミニウム振動板サブウーファー(アンプ内蔵)
最大出力 150 W
再生周波数帯域 30 Hz ~ 160 Hz
出力音圧レベル(車室内音圧) 98 dB
ローパスフィルター 50 Hz~125 Hz (-12 dB/oct.)
最大消費電流 7 A
コード長 スピーカーコード5 m、電源コード5 m、リモコン 6 m
外形寸法 280 mm (W) × 70 mm (H) × 200 mm (D)
質量 3.6 kg(付属品含む)

カロッツェリア公式サイトはコチラ

全高70cmなのでシート下に限らず、ミニバンのウォークスルーにも設置できます。

手元で操作できるワイヤードリモコンで、ローパスフィルターなどの調整も可能です。

また、入力にはRCA入力はもちろん、「スピーカー入力」も装備されています。

最近のナビは拡張性が限られている場合がありますし、純正ディーラーオプションでも取付できます(加工は必要)。

kero-icon
初めてのサブウーハーにどんとこい!

これ・・・サブウーハー? HVT方式:TS-WH1000A

carrozzeria-woofer2

スピーカー構成 21 cm × 8 cm 2面角型両面駆動HVTユニットサブウーファー(アンプ内蔵)
最大出力 200 W
再生周波数帯域 20 Hz~200 Hz
出力音圧レベル(車室内音圧) 89 dB
ローパスフィルター 50 Hz~125 Hz (-12 dB/oct.)
最大消費電流 14 A
コード長 スピーカーコード 5 m、電源コード 6 m、リモコン 6 m
外形寸法 360 mm (W) × 45 mm (H) × 270 mm (D)
質量 5.28 kg(付属品含む)

カロッツェリア公式サイトはコチラ

kero-icon
ナニコレ・・・

って、思いません?

サブウーハーです!

一昔前の地デジチューナーのような・・・、いや、もうちょっと大きいか。

これは、カロッツェリアの技術「HVT方式」で、この大きさが実現できているんです。

carrozzeria-woofer3

しかもこれ、より深い低域である「20hz」まで再生!

この機種も、スピーカーインプットが装備されており、ワイヤードリモコンで操作できます。

kero-icon
それにしても・・・、見た目に高級感があるから、シート下に入れとくの勿体無いなぁ
usa-icon
それだと、この記事が本末転倒に・・・

HVT方式のスタンダードモデル:TS-WH500A

carrozzeria-woofer4

スピーカー構成 18 cm × 10 cm 2面角形両面駆動HVTユニットサブウーファー(アンプ内蔵)
最大出力 150 W
再生周波数帯域 20 Hz ~ 200 Hz
出力音圧レベル(車室内音圧) 98 dB
ローパスフィルター 50 Hz~125 Hz (-12 dB/oct.)
最大消費電流 7 A
コード長 スピーカーコード5 m、電源コード5 m、リモコン 6 m
外形寸法 340 mm (W) × 60 mm (H) × 250 mm (D)
質量 4.5 kg

カロッツェリア公式サイトはコチラ

こちらは、先ほどのWH1000Aの、言わばスタンダードモデルになります。

同様にHVT方式が採用されており、これまた小型。

WH1000Aと比べると、小さくはなっていますが厚みがあります。

kero-icon
いや、十分小さいんですけどね・・・

こちらもワイヤードリモコン、スピーカーインプットあります!

クラリオン:SRV250

clarion-woofer4

スピーカー形式 17cm密閉型・パワードサブウーファー
使用ユニット 17cmAMI-PPコーン・ウーファー
定格出力 74W(37W+37W)
最大出力 150W(75W+75W)
再生周波数帯域 30Hz~200Hz
カットオフ周波数 50Hz~120Hz可変(75Hz/100Hzクリック固定)
※リモコン非接続時: 120Hzに固定
入力感度 RCA入力60mV~4V SP入力2V~5V
電源電圧 DC14.4V
接地方式 マイナス接地
消費電流 7.0A
外形寸法 本体 275(W) × 70(H) × 195(D)mm
リモコン 32(W)×24.5(H)×111(D)mm(ケーブル:2m)
質 量 本体 2.5 kg
リモコン 90 g ※リモコン延長ケーブル(4m)同梱

クラリオン公式サイトはコチラ

コチラも、ワイヤードリモコン、スピーカーインプットに対応してます。

ホームページ上では「高級感あるフォルム」となってますが、他メーカーに比べるとちょっと安っぽいかな・・・と。

ただ、その分価格帯としてはオトクです。

kero-icon
まぁ、シート下に入ってたら見えないですから
usa-icon
(さっきと言っていることが逆だ)

ケンウッド:KSC-SW11

kenwood-woofer4

最大出力 150W
再生周波数特性(システム) 35Hz〜150Hz
定格入力レベル 50mV/22kΩ(ライン入力)
カットオフ周波数 50〜125Hz
電源電圧 DC14.4V(動作範囲11V?16V)
最大消費電流 8.5A
出力音圧レベル 110dB(車内測定時)
外形寸法 280W×70H×190Dmm
質量 2.8kg
電源コード長 5m
GNDコード長 1.5m

ケンウッド公式サイトはコチラ

コチラもワイヤードリモコン、スピーカーインプットに対応しているので、幅広い取付に対応してます。

高さ7cmのコンパクト設計なので、同様にシート下に収めることができますね!

違いが分かりにくいよね・・・

サブウーハーに限ったことじゃないんですけど、スピーカーはホームページ上の情報だけじゃ分かりにくいんですよね・・・。

例えばカーナビで「Bluetooth機能付き」っていうなら直ぐ分かるんですけど。

音の好みは十人十色で、感じ方も変わってきます。

例えば、

  • スピード感がある、という人もいれば、厚みが足りない人も
  • 厚みがある、という人もいれば、音がたわんでる(スピード感が足りない)

とか。

・・・

じゃあ、どうやって選ぶか・・・、と言われれば、

kero-icon
好みです!
usa-icon
・・・

いや・・・、ごめんなさい。

これじゃ身も蓋もないですがな。

私のオススメは・・・コレ!

まぁ、そんな好みがありつつも、この中で私が選ぶなら・・・、コレですね!

見た目からは全く想像が出来ないんですけど、ちゃんとサブウーハーなんです。

実際に取り付けたクルマで聞いたこと有るんですけど、ちゃんと音への厚みがあるし、肌に伝わります!

kero-icon
すごいね! HVT方式!

シート下に隠せるスペース性もさることながら、見た目もオシャレですしね。

「見せる取り付け」も出来ます。

ただ、お値段がちょっと・・・、高め・・・。

そういう意味では、「TS-WH500A」も気になるところ。

この機種は実際に聴いたことはないですが、WH1000Aの鳴りっぷりを聴く限り、低域を存分に聴かせてくれそうです!

今回のまとめ

それでは、カンタンに今回のまとめ!

サブウーハー、まとめ

サブウーハーを追加すると、音がグッと力強くなります!

kero-icon
ぜひ追加してみてね!

スポンサーリンク