カーナビゲーション5メーカー の大画面事情 やっぱり大きい方がいいよね?大は小を兼ねる。

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

ドライブを盛り上げてくれるマルチメディアプレイヤーとして、活躍してくれるのが、カーナビゲーション。

ナビ機能よりも、CDやDVDといったAV機能を使うことが多いですね。

そのカーナビゲーションを選ぶ大きな要因の1つが、画面の大きさです。

この大画面のニーズが大きいのか、各社がこぞって大画面を実現させるよう取り組んでいます。

ちなみに、私の愛車はジュークですが、通常だと8インチ以上のナビは取付できません。。。通常はね。

それでは、各カーナビメーカーが、大画面に対してどのような製品をリリースしているか、見て行きましょう。

(2016/04 時点の情報です)

スポンサーリンク

先見の明 : アルパイン

最初に大画面を販売しだしたのは、確かアルパインです。

人気のミニバンクラスから始まった大画面BIGXというブランドは、現在ではミニバンに収まらず、コンパクトカーや軽自動車にまで、そのラインナップを増やしております。

また、BIGXプレミアムというブランドは、パネルにボタンを配置するこだわりようで、これはもはやメーカーオプションです。

bigx11-1
出典:アルパイン アルファード専用【EX11V-AL-B】

後付感を一切感じない、この一体感。ラインナップの豊富さもありますが、大画面市場で他メーカーの追随を許さないアルパインの強みです。

そして、2016の新型BIGXには、アルファード / ヴェルファイアに、画面サイズが脅威の11インチ!

あ、カーアロマも同梱されてます。

詳しくは、こちらの記事もどうぞ!

【ヴェルファイア / アルファードに11インチ!】カーナビ BIGX!バックカメラも、リアモニターも、ETCもアルパインでオススメ!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) トヨタの超最高級ミニバンと言えば・・・、アルフ...

総評

車種専用であるがゆえに、適合していないと取り付けできません。

当たり前と言えばそうなのですが、パネルから特別に作られている専用設計なので、通常のカーナビゲーションのように、どれでも装着できるというわけではないのです。

例えば、車乗り換えの際に、次の車に移行するということもできません。

あと、価格が高いです。でもこれはパネルからの専用設計なので、当然と言えば当然。

しかしながら、大画面と言えばアルパインのBIGXというイメージが強いです。先見の明があったんですね。

フリップダウンモニターだと、アルパイン一択ですしね。(カロッツェリアも出してますけど。。。)

クルマとの一体感は群を抜いてます!

老舗の追随 : カロッツェリア

追記:2016/05現在

カロッツェリアが車種専用の大画面に攻勢をかけてきました!

サイバーナビが10インチに! ラインナップは6車種! 専用モデルで大画面カーナビゲーション市場に打って出る!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) カロッツェリア(パイオニア)から、カーナビゲーションの2016年モデル新製...
2016サイバーナビ。音も映像も最高峰、「8インチ」に:AVIC-CL900-M / CL900(carrozzeria)
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) サイバーナビ、それはカロッツェリアのフラッグシップモデルのブランド。 ...

(追記ここまで)

だいぶ出遅れ感がありますが、カロッツェリアも8インチをラインナップしております。

アルパインが車種専用設計の8インチナビを提供しているのに対して、

カロッツェリアは、8インチのナビに対して、適合車種に取り付けるためのキットもラインナップしているようなイメージです。若干汎用性があります。

サイバーナビと楽ナビブランドに、8インチがリリースされています。

楽ナビの新モデルについては、コチラの記事もぜひどうぞ!
http://sirout-diy.com/car/4792/

総評

カロッツェリアもパネルから車種専用の取付キットを準備してますが、一体感ではアルパインに劣ります。

しかしながら、ナビと取付キットを別にしているため、そういう意味では汎用性があるので、車を乗り換えても、適合車種であれば、移行も恐らくできます。私はやったことありませんけど。

価格も、アルパインに比べれば、お求めやすいですね!

ラインナップもアルパインには負けますが、新型シエンタに8インチナビをリリースしているのは、現在までカロッツェリアだけです!

【シエンタ:トヨタ】に8インチのカーナビなら、カロッツェリア! 専用取り付けキットで大画面に!
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) トヨタの使えるコンパクトミニバン、シエンタ。 ...

様子見か? : ケンウッド

2016 / 10 追記

ケンウッドは新モデルから8インチがなくなりました。

更に出遅れて、ケンウッドも8インチのナビゲーションを出していますが、ミドルクラスのXシリーズのみで、ラインナップも少ないです。

考え方はカロッツェリアと一緒で、8インチのナビに対して、適合車種ごとに取付キットを準備しています。

総評

個人的に、ケンウッドのカーナビゲーションが一番好きなんですけど、大画面にはあまり力を入れていないように見えます。もしくは様子見なのか。

ラインナップが少ないので、選択肢の幅も狭くなってしまいます。

ケンウッドのナビ機能を推す以外であれば、大画面の選択肢には入ってこない気がしますね。

ちなみに、スズキのディーラーオプションには、ケンウッドの8インチナビがあります。

しかし、取付キットの適合車種に、スズキの項目はありません。・・・大人の事情かな。

発想が面白い : クラリオン

ブランド認知が低いような気がしますが、純正採用も多いメーカーです。

このクラリオンは、思いつきそうで思いつかなかった発想で、大画面(?)を実現してます。

max776w-1

トヨタ・ダイハツ・日産にあるような200mmワイドコンソール内で大画面を実現するため、サイドに液晶を引き伸ばしてます。

7.7インチというサイズは、他メーカーにはありません。

総評

どうしても、横長感は否めないのですが、7インチよりは大きさを感じます。そういった意味では個性的。

ちなみに適合車種で言えば、アルパインよりも多いです。

それは、200mmワイドコンソールであれば、全ての車種に取り付けできるからです。ジュークにも取り付けできます。

フラグシップモデルなので、機能も充実してます。これは面白いナビですね。

市場の反応が気になる : パナソニック

2016 / 6 に発売予定のパナソニック「CN-F1D」

これは、ワイドコンソールだろうがノーマルコンソールだろうが、多くの車種に取り付けができる9インチのナビです!

しかしながら、その実態は・・・後付感が満載で・・・。

パナソニックが唯一ですが、ブルーレイの再生ができます。

これは大画面こそ有利です。大きな画面でも精細な映像を楽しむことができます!

総評

これは・・・どうなんだろう。 大体、新型が出ると(どんなのかな〜?)ってワクワクするんですけど、このナビにはそれが無かったんですよね。

新型ナビ! CN-F1D【パナソニック】これはデジャヴか? 昔のオンダッシュナビのよう
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) 以前から、パナソニックが新しいカーナビ出すよーって告知が、ホームページでさ...

私は正直、ずっこけるイメージしかありません。そこまでして大画面が必要だろうかと。

でも、発売してみればヒット作になるかもしれないし。動向が気になりますね!

まとめ

一体感を優先するなら、アルパインの右に出るものはありませんね。(追記2016/05:カロッツェリアも車種専用リリースしてます!

サイバーナビが10インチに! ラインナップは6車種! 専用モデルで大画面カーナビゲーション市場に打って出る!
こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY) カロッツェリア(パイオニア)から、カーナビゲーションの2016年モデル新製...

大画面の適合がなければ、クラリオンが面白いですね!

パナソニックは、色んな意味で気になるなぁ。

イクリプスもあるんですけど・・・なぜか惹かれない・・・イクリプス。