そんな音は、調整してやる! ・・・これがイコライザーか。 車の中をより良くするオススメの本も紹介!

シェアしてもらえると嬉しいです!

kero-icon
こんにちは! ケロケロです。
(@kerokero_DIY)

アナタのクルマのナビ、またはオーディオにイコライザーとタイムアライメントはついていますか?

ナビやオーディオによって色々な機能はありますが、「イコライザー」と「タイムアライメント」は必ず調整しましょう!

これらの調整を行うことで、音の艶や定位が劇的に変わります。

この記事では、音の周波数帯域の強弱を調整する「イコライザー」について記載します。

スポンサーリンク

だからこそより良い音を

はっきり言って、音楽を楽しむにはクルマの中は最悪の環境です。

  • 運転席または助手席に座るので、左右のスピーカーから等間隔の位置で聴けない
  • 窓ガラスで音が反射して、シートに音が吸収される。音場が乱れる
  • 走行中のロードノイズ、風切音などの雑音

だからこそ、私はクルマの中で「より良い音質を目指したい!」

ドライブも好きですからね。

のどかな山の麓をのんびり運転しながら、お気に入りの音楽を楽しむ。

kero-icon
その音をより良くしたいというのは、当然の欲求ですよ!

クルマの中は乱れすぎ

車の中は、以下の2つや他にもありますが、色々な要因で音場が乱れまくっています。

  • 窓ガラスで音が反射して、シートに音が吸収される。音場が乱れる
  • 走行中のロードノイズ、風切音などの雑音

ある周波数は強くなり、その逆も然り。

イコライザーは、周波数の強弱を調整できる機能です。

強くなったところは弱くして、弱くなったところは強くして、周波数帯域をなるべくフラットに近づけることを目的としています。

正解はアナタだけが知っている

調整方法に正解はありません。

クルマの車種によっても、ヘッドユニットによっても、スピーカーによっても異なってきます。

もし、周りに詳しい人がいれば、最初はその人の調整を参考にさせてもらうのが良いですね。

それをベースに自分好みに調整していくと、聴き方が変わってくると思います。

中にはイコライザーで味付けしすぎるのは邪道という人もいますが、私はそうは思いません。

音の好みは人それぞれ。自分の耳が一番聴き心地が良い音を目指しましょう!

まぁ、・・・いわゆるドンシャリは、嫌いですけどね。

ドンシャリとは、低音と高音ばかりやたらに強調され、中音が充実していない音を指す俗語である。 低音がドンドン響き高音がシャリシャリ聞こえることに由来する。 オーディオ評論家やオーディオマニアの間で用いられることが多い。

出典:ドンシャリ – Wikipedia

調整はどうしよう?

kero-icon
自分の好きに調整と言われても、何からどうしたら・・・

という悩みは私もそうでした。

まずは、指標のようなものが必要ですが、なるべくフラットにすることから始めると良いでしょう。

・・・と私も思ったんですけどね、自分の耳で、どの周波数帯が強くて弱いかなんて訳ワカメ。

そんな時に、こんなiPhoneアプリを見つけました!

ETANI RTA

ETANI RTA
無料
posted with アプリーチ

IMG_4175

これで視覚的に、どの周波数帯が強いか弱いかが確認できます。

言い忘れました。測定用の音が必要です。

全ての周波数帯域の音を「ザーッ」出力してくれるピンクノイズというものがあります。検索してみれば、WEB上でも色々とあるのですが、こちらの本がオススメ!

チューニングの内容や、テスト用のCDも付いてます。ハイパスやローパス、クロスオーバーなどの説明もあるので、分かりやすいです。

ピンクノイズを再生して、ETANI RTAアプリを耳元で測定してやれば、グラフの凸凹が分かります。後はこの凸凹がフラットになるようにイコライザーで調整しておきましょう。

なお、調整中はエンジンやエアコンはかけず、純粋にオーディオの音のみで計測した方が良いです。なんとなくフラットに出来たら、後は自分好みに音を味付けしてください。

めんどくさ・・・と思わるかもしれませんが、音が変わっていく様が何とも楽しいですよ!

kero-icon
私なんかこの作業自体が楽しくて仕方がないです

私の調整方法

それでは、私の調整方法を紹介しましょう!

技術的な話ではなく、調整の楽しみ方です。

ある程度自分好みの音に近づいたら、実際にドライブしてみます。

これは車通りの少なくなる夜中が良いです。私は田舎に住んでいるので、民家の少ない(無いと言ってもいい)山道を走ります。

走っていると、タイヤから出るロードノイズがウルサイんですね、まずはこれに対抗する辺りから調整を始めます。

kero-icon
私は、80hz周辺を持ち上げるところから確認しました

クルマを停めて調整、走る、停める、調整の繰り返しです。

ドライブを楽しみつつ、音の違いも実感できるという、楽しい時間です。

ビビっと来ることがある

調整を繰り返していると、「これだ!」という設定に巡りあえます。音の厚みや明るさが最初とは打って変わって耳に届くんですよ!

こんな楽器の音もあったのか!と、何かにかき消されていた音も聴こえるようになり、聴き慣れていた曲の印象が、ガラリと変わります。

ちなみに、私の設定はこんな感じで。

IMG_4169

イコライザーの設定は、予めシーンに合わせたものもあります。ジャズ・ロックなど。まずはそれを設定してみて、自分なりにカスタマイズしてみるのも良いですね!

楽しみ方は人それぞれ。興味がある人は、ぜひこの本を読んでみてください!

kero-icon
音が変われば、ドライブも音楽も、もっともっと楽しくなりますよ!
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

お気軽にフォローしてね!

関連コンテンツ