【どっちがオススメ?】スピーカー選び : セパレートとコアキシャル

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

クルマの音質アップしたいなぁ、って時は!
まずは、音の出口であるスピーカー交換を、行ってみてはいかがでしょう?

もし、純正スピーカーから交換すれば、印象はガラリと変わります!(特別なグレードは除きます)

でも、クルマのスピーカーは、足元の位置にあるという特性から、

  • コアキシャルスピーカー
  • セパレートスピーカー

という種類に分かれています。

さてさて・・・

本当に変わる?

音の好みは人それぞれですが、純正スピーカーからの交換なら、違いは良く分かります。

純正スピーカーって、コストカットの影響をもろに受けてます。
内装をバラして見てみると分かるのですが、・・・ペラッペラの紙みたいなもんです。

スタンダードモデルのスピーカーでも、ツイーターが追加されるので、交換してみると全然違いますよ。
音に明るさが出ます。

指向性の特徴

それぞれの特徴を記載する前に、まず「指向性」というものを知っておいた方が良いです。

まぁ、偉そうに言うほど私も詳細は説明できないのですが、要するに

「高い音域(高域)ほど、音の位置が分かりやすい」

と言えます。

逆に言うと、低い音は、その位置が分かりにくいです。
なので、サブウーハーは、どこにおいても支障はありません。
(但し、位相を考慮したフロントとの繋がりは考慮する必要あり)

例えば、人に呼びかけられると、その方向を見ますよね?
あれも指向性によるものです。

コアキシャルとセパレートの大きな違いは、高域を担当するツイーターの位置にあります。

コアキシャルスピーカーって?

有名ブランド、カロッツェリアのスタンダードモデルで言うと「TS-F1730(17cm)」になります。

ウーハーとツイーターが一体になったモデルになります。
ツイーターは足元に存在することになります。

メリット

  • セパレートに比べて、価格が安い
  • セパレートに比べて、取り付けが行い易い

取り付けは、ドアパネルは外す必要がありますが、(車種適合によりますが)ワンタッチのコネクタもついておりますので、特に配線処理を行う必要はありません。

手軽な音質アップが見込めます!

デメリット

  • 定位が下がりがち

定位とは、音が存在している位置になります。

指向性について上述したように、高域であるほど音の位置が分かりやすいです。
コアキシャルのツイーター位置は足元です。

つまり、高域を担当するツイーターが足元にあることで、音に明るさは出ますが、足元に定位が来ることになります。

例えば、地デジでニュースキャスターが喋っている時や、ライブDVDでのボーカルの歌声が、なんとなくナビ画面よりも下の位置で、声が聞こえるようなイメージになります。

セパレートスピーカーって?

カロッツェリアのスタンダードモデルで言うと「TS-F1730S」になります。

ウーハーとツイーターが別体になっており、通常ツイーターはダッシュボードの上に設置します。

メリット

  • ツイーターが耳元に近いので、定位が上がりやすい

セパレートの一番大きい魅力は、定位が耳元の高さに近いことです。
コアキシャルのデメリットが、そのままセパレートのメリットになります。

映像の高さに、音の定位が合わさりますよ。
特に、タイムアライメントで調整できれば、ボーカル映像の位置に音がピタッとハマります。

タイムアライメントとは

クルマで音楽を聴く場合、運転席または助手席に座るため、左右のスピーカーまでの距離が等間隔ではありません。

このため左右の耳に入ってくる音の到達時間に、若干のズレが発生します。
それを調整してくれるのが、タイムアライメントです。

私のクルマに取り付けしているのが、「MDV-737DT」という昔のケンウッドのナビですが、この機能がついてます。

調整してみると、音がピタッとハマって輪郭がはっきり分かるようになりました。

もし、タイムアライメント機能が付いているのに、利用していない場合はぜひ使ってみて下さい。
本当にオススメです。

デメリット

  • コアキシャルに比べて、値段が高い
  • コアキシャルに比べて、取り付けが面倒

今度は、コアキシャルのメリットがセパレートのデメリットになります。

取り付けに関しては、ウーハーとツイーターがネットワークで分岐されているため、通常ナビ・オーディオ裏で配線を取って、ツイーターがあるダッシュボード上まで、配線を這わせてやる必要が有ります。

結局、一長一短あります

メリット・デメリットにある通り、どちらも一長一短あります。
何を優先させるかで、変わってきますね。

どちらも音の明るさはアップします。

  • 取付性を重視するなら、コアキシャルスピーカー
  • 音の定位を重視するなら、セパレートスピーカー

音の好みはそれぞれですが、自分が好きな音が一番良い音です!

ぜひぜひ、楽しいカーミュージックライフを!

スポンサーリンク