ヴォクシー専用の一体感! 10インチナビならアルパイン! 【EX10V-VO】

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

大画面の専用ナビと言えば・・・アルパインですね。

カロッツェリアやケンウッド、イクリプスもラインナップはありますが、やはりアルパインが一歩進んでいます。

10インチという大画面、WXGAの高画質、しかもメーカーオプションのような一体感。
ジュークも適合あるんなら、私も付けてみたい・・・あぁ憧れ。

圧倒的な迫力 : EX10V-VO

アルパインのBIGXプレミアムシリーズがすごいのは、なんと言っても、その一体感。

パネルからボタン配置に至るまでが、独自に作られており、後付感が全くありません。

その見た目はまるで、メーカーオプションのよう。

適合車種

ヴォクシー(80系):H26/1~現在、ZRR80G・85G
ヴォクシーZS(80系):H26/1~現在、ZRR80W・85W
ヴォクシー ハイブリッド(80系):H26/2~現在、ZWR80G
ヴォクシー ハイブリッドZS(80系):H28/1~現在、ZWR80W
ヴォクシー特別仕様車ZS“煌”(80系):H26/11~現在、ZRR80W・85W

出典:EX10V-VO

ハイブリッドから煌まで対応しております。
様々なグレードはありますが、内装は殆ど一緒ですね。

様々な特徴

サウンドチューニング

イコライザーやタイムアライメントで、設定ができます。

アルパインだとそれぞれ、「パラメトリックEQ」「タイムコレクション」と表記されています。

あんまり意識したことがなかったのですが、メーカーによって呼び方が違うみたいですね。

イコライザの恩恵

クルマの中は、風切音やらロードノイズやら雑音が多いので、イコライザーで自分の好みに調整してやると音に鮮やかさが出ます。

特にロードノイズにかき消されがちな、低域を補強してやると、音に厚みが出てきます。

タイムアライメントの恩恵

運転席で聞くことが多いと思うのですが、どうしても右のスピーカーが近いので、音が耳に到達する時間が左右でずれてしまいます。

これを調整してくれるのが、タイムアライメント(タイムコレクション)です。

これを設定してやると、今までナビからメーター前付近で、ぼやけていたボーカルがナビ付近にピタット張り付きます。

ライブDVDとか映像を見てみると、ボーカルの声がちゃんとボーカルの口から出ていると分かります。

※ 私はセパレートツイーターも取り付けているので、その恩恵もあります。

豊富なメディア対応

  • HDMI
  • iPhone / iPod
  • ウォークマン
  • Bluetoothオーディオ
  • CD / DVD
  • SD / USB

などなど。

※ 一部、接続ケーブルが必要です。

HDMI入力があるといことは、スマホつないでYoutube見れそうですね!

iPhoneだと機種によって違うんでしょうが、「Lightning – Digital AVアダプタ」で変換してやる必要があります。

Androidであれば、HDMI出力付であれば、行けそうですね。
詳しい適合は、アルパインのホームページに記載されています。

人気のミニバン ヴォクシーだから

やっぱり10インチだと、存在感がありますね。

アルパインというブランドを裏切らず、映像・音の質も良いです。

フリップダウンモニターや、専用バックカメラもありますし、アルパインの車種専用は豊富です。

私も、ナビはケンウッドなんですが、バックカメラはジューク専用のバックカメラを利用して、スッキリ綺麗に取り付けできております。

車種専用だと、やっぱりアルパインが強いですね。

2016 / 11 追記

なんと11インチのBIGXもラインアップされてます!

コチラにまとめてますので、ぜひ読んでみてね!

【11インチの大画面!】ノア・ヴォクシー・エスクァイアにカーナビ、BIGX! オールアルパインでリアモニターもバックカメラも
こんにちは! ケロケロです。 (@kerokero_DIY) 兄弟車ながら、独特の個性のトヨタミニバン3...

追記ここまで

スポンサーリンク