ハイブリッドクロスオーバー「C-HR」を公開 センシュアルデザインのTNGA

シェアしてもらえると嬉しいです!

こんにちは! ケロケロです。(@kerokero_DIY)

トヨタより、コンパクトクロースオーバーでハイブリッドシステム搭載の「C-HR」が公開されております。

【ジュネーブモーターショー16】で公開されており、国内は年内発売だそうです。
トヨタ C-HR 市販車を公開、日本発売は年内

写真見ましたけど、かっこ良いですなぁ。

C-HRコンセプトの市販版

トヨタは2014年秋、パリモーターショー14に、『C-HRコンセプト』(3ドア)を出品。2015年秋、フランクフルトモーターショー15では、C-HRコンセプトが5ドアに進化した。今回、ジュネーブモーターショー16で初公開されたC-HRは、C-HRコンセプトの市販版。

ちょっとだけ、車高が高くなったというか、丸みが強くなったような気がします。ほんとにちょっとだけ。
写真だからそう見えるのかもしれないのですが。

なんとなく、コンセプトは尖っていましたが、丸みを帯びて親しみが出たような感じです。
昔はやんちゃでしたみたいな。

デザイン好き

正直、新型プリウスを初めて見た時は「お?、え?」と思ったのですが、このC-HRは一目見てカッコイイです!
今はガッツリSUVではないクロスオーバーSUVが人気(と私は思ってます)ですが、これは人気出そう。

クルマを買い換えるタイミングでこのクルマを見たら、かなり心が揺れますね。

クルマのデザインのココが似てるなぁと言い出すとキリがないなのですが、私的に穿った見方をすると、フロントにヴェゼル感、リアにジューク感を感じます。

特に私ジュークに乗っておりますので、リアテールはジュークのリアテールを180度回転させたみたい、と思ってしまいました。ゴメンナサイ。

せ・・・せんしゅ・・・ある?

デザインは、「センシュアル スピード-クロス」がコンセプト。

なんじゃそれ、と思って意味を調べてみたら「官能的」という意味でした。

官能的・・・

ちなみに官能的という意味は

[形動]性的感覚をそそるさま。肉感的。「―な描写」

goo辞書より

ちなみに肉感的という意味は

[形動]性欲をそそるさま。「―な姿態」

goo辞書より

・・・すごいデザインだ。

他社メーカーで比較すると

コンパクトクロスオーバーとのことで、私が思うに他社メーカーで言うところの以下かなと。

  • ニッサン : ジューク
  • ホンダ  : ヴェゼル
  • マツダ  : CX-3
  • スズキ  : イグニス

やはりハイブリッドを搭載しているところが大きいと思います。
「ハイブリッド」という冠が付いているかどうかで、魅力も随分変わってきます。

ヴェゼルもハイブリッドありますが、やはりトヨタの方が冠が大きい・・・。

まだ内装の写真が無いみたいなんですけど、内装のデザインも気になるところです。

TNGA

C-HRは、トヨタが推進する「もっといいクルマづくり」の思想のもと、「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アークテクチャ」を取り入れ、優れた環境性能、高い操縦安定性、快適な乗り心地に加え、ドライバーの意のままにクルマが応答する「我が意の走り」を目指し、開発。
最大熱効率40%を実現したエンジンをはじめ、よりコンパクトに、そして軽量化した最新のハイブリッドシステムを搭載し、優れた低燃費を実現。

CMでも良くながれておりました、「TNGA:トヨタ・ニュー・グローバル・アークテクチャ」になります。

また、プリクラッシュセーフティ、レーダークルーズコントロールなど、先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス P」も採用されています。

やはりハイブリッドによる低燃費という謳い文句は強いです。
そしてクルマのデザイン。

これはもう、センシュアルなTNGAですよ!

ところで読み方は・・・?

「C-HR」とありますが、これはシーエイチアールで良いのでしょうか・・・。

シーハー?
チャー?

なんか呼びにくいんですよね。
これもまた、浸透してくれば慣れてくるのかも。

それはさておき、デザインはやっぱりかっこ良いし好きです。
センシュアルな感覚は良く分かりませんけど。。。

新型プリウスとはデザインの質が全く異なってますが、ぱっと見プリウスαにも近いかなと思ったけど、画像見比べてみたらそうでもなかった。。。

スポンサーリンク